FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

恋愛論的クルマ考 4/x


>僕は、このクルマの顔が好きではなくて、
>この顔を見るたびに嫌いになって、
>今では、すっかり大嫌いになっているけれど、

好きではない、って関心のなさから始まったのに、
嫌う、って関心にジャンプして、
大嫌い、って、強い関心に至っている。

嫌いなら、見なきゃいいのに、
嫌い、と言いながら、目を逸らせない。
好きなものを見ているほうが穏やかでいられるのに。

嫌いなものごとは、実は、自分と似ている、とか、
実は、自分のだめな部分を見つけている、とか、
実は、嫉妬しているから認めたくない、とか、

そんな自己啓発本に書かれているようなことは、
どれもよく似ていて、どれもだめで使えなくて、
成功者への嫉妬を煽る役にしか立たないと思っている。

そうではなくて、そんな聞き飽きた説明ではなくて、
僕には、早く嫌いに持って行きたい気分がある。
嫌いたいから、嫌いになったような。



    190907e.jpg

僕は、このクルマの顔が好きではないけれど、
オラオラの、ヤンキー的な美意識の人たちには、
このいかつい顔が支持されていて、

僕はヤンキー的な価値観が苦手だから、
ヤンキー的な趣味を平然と誇示されたら、
僕の価値観を否定されているような気になってしまう。

もちろん、誰かの価値観が、直ちに、
僕の価値観を否定するとは限らない。
他人の価値観は、僕の価値観の補集合ではない。

好き嫌いも、好きでなければ、嫌いというわけではなく、
嫌いでなければ、好きというわけではない。
好きは嫌いの、嫌いは好きの補集合ではない。

好きと嫌いは、対称とは限らないし、
好きが増えれば、嫌いが減るわけではなく、
好きと嫌いが拮抗するわけでもない。

好き嫌いは、数直線上の序列ではないし、
好き嫌いは、偏差の正規分布でもない。
だから、好き嫌いは二分できないはずである。

それらを知っていながら、僕が、大嫌いに振れたのは、
極論に持って行くことで、早く落ち着きたい、
好きか嫌いかの極端な二分に落とし込んで、

早く片づけてしまいたい、ってことか。



    

    今までどんなに知りたくても 知ることのできなかったことを
    一つ一つあきらめずに 僕は君と知っていく

    ―― 桃/槇原敬之
    ―― 槇原敬之 作詞作曲、2001、Warner Music Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年09月14日 00:02 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

このクルマの顔は、大嫌いだけど、他の部分はどうなの?という疑問が浮かびますよね。
全体としてみれば、良いクルマかもしれない。だから支持を集めているんでしょう。
それを顔だけとって判断するのは、群盲評象の愚か。
総じて、何々が嫌い。誰々が大嫌い。という人は、ある一部だけを見て、そのものの、その人の全体と見誤り、評価しているような傾向にあるような。
嫌いなんだから、そのもの、その人を別の側面から見て評価するのは難しいかもしれないけれど、もっとじっくり考えれば評価も変わるかもしれない。
逆に言えば、青梗菜さんの好むミニだって、群盲評象で、あれこれ考えれば大したことないかもしれない←失礼、失礼。
秋の夜長に、というかなんというか、車を通して考える人生論、盛り上がってきました。
  1. 2019/09/14(土) 00:50:53 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>このクルマの顔は、大嫌いだけど、他の部分はどうなの?という疑問が浮かびますよね。
クルマを人に置き換えてみると、
この人にもそれなりにいいところがあるんだ、って見直したり、
やっぱり無理だ、って評価を戻したり、
何度も繰り返さなきゃならない人が、嫌いな人だと思うのです。
最初に、好きではない、って思ったときに無関係でいられたら、
嫌いにも、大嫌いにもならずに済んだのかもしれない。

>総じて、何々が嫌い。誰々が大嫌い。という人は、ある一部だけを見て、そのものの、その人の全体と見誤り、評価しているような傾向にあるような。
はい、そう思います。
人でも、ものごとでも、好きも嫌いも、いろんな側面を併せ持つ。
そして、嫌いな側面も受け容れられることで、僕の度量が試される。

>逆に言えば、青梗菜さんの好むミニだって、群盲評象で、あれこれ考えれば大したことないかもしれない←失礼、失礼。
いやいや、okiさん、ミニは大したことないどころか、
ほめるところなんて何もないですw。
ですが、それも含めて、すべて好きです♪w

だから僕が嫌いなアルファードの顔面も、
ほめられたものではないのを分かっていて、大好きな人がいるんだと思う。

>全体としてみれば、良いクルマかもしれない。だから支持を集めているんでしょう。
高級車ですからね。
初代ラパンが20台くらい買えるのではないかな♪

僕が何を言っても、負け犬の遠吠え、っぽいな♪w
でも、圧倒的に負けているから何でも言える。
逆に、アルファードの側から、初代ラパンの悪口を言うなら、
金持ちが貧乏人を馬鹿にする構図にはまってしまうもの。
  1. 2019/09/14(土) 10:41:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

まさかアルフアードの顔だと恋人気分に成れないからでは?理由:貴殿がかわいい顔の車がすきだから(?)私にとっての車は無くてはならない大事な機械といふ感じかも。顔ぢやないよ心だよと云つても人は相手によって態度が変わるといふ認識だしどんな心が好きなのかも人によつてちがふしなんて妄想しました。m(__;m
  1. 2019/09/14(土) 22:49:39 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>まさかアルフアードの顔だと恋人気分に成れないからでは?理由:貴殿がかわいい顔の車がすきだから(?)
あ!w

そもそも、でしたね!w
そもそも、恋愛論的、なわけだから、
かわいい女子を連想させないクルマとは、
恋愛にならないわけです。
いかつい顔面が忌避されるのも、
すでに前提に立っているわけでした。
そりゃそうだ♪w
  1. 2019/09/14(土) 23:42:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1977-c417f937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)