FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

そう思わなきゃ、やってられない (*^ω^*) 8/x


>僕たちは、自己組織化する人づきあいロボット、
>勉強ロボットであるが、
>自己組織化したいロボットである。
>自己組織化を自己目的化にして、
>行動が、本来の目的にすり代わる。



    

    I've got to admit it's getting better (better)
    A little better all the time (It can't get no worse)

    ―― Getting Better/MonaLisa Twins
    ―― Paul McCartney (Lennon-McCartney) 作詞作曲、1967、Parlophone



他人を大切にする人は、
自分の思うままに、他人を尊重する。
そうでない人は、何のために他人とつき合うのかが、
明確でなければ他人とつき合おうとしないし、
さらには、役に立たない他人を蔑視する。

知識を大切にする人は、
自分の思うままに、知識を尊重する。
そうでない人は、何のために知識を得るのかが、
明確でなければ知識を得ようとしないし、
さらには、役に立たない知識を蔑視する。

考えることを大切にする人は、
自分の思うままに、思考を尊重する。
そうでない人は、何のために考えるのかが、
明確でなければ考えようとしないし、
さらには、役に立たない思考を蔑視する。

考えること、には、優しさや、かっこよさや、
正直さを代入してもいい。
何のために、という目的がなければ、
優しくなれない、とするなら、
優しさは、損得勘定の取引きになる。

何のために、という目的が、
自分の思うまま、という自由を阻害する。



    

    I do a road hog, Well you can penetrate, any place you go
    Yes you can penetrate, any place you go

    ―― Dig A Pony/St. Vincent (Annie Erin Clark)
    ―― John Lennon (Lennon-McCartney) 作詞作曲、1970、Apple Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年07月16日 00:01 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

何のために〜って、普通に考えれば、他人がいるから付き合う。本があるから読む。勉強する〜ってことになりますよね。まあ損得勘定の人もいますが〜。
承認欲求、他人から認められたいという欲求は、人間にとって本質的なものですから、余程のことがないと引きこもったりはしない。
引きこもっても、今は便利で、ネットなんてあるから、ネットの中で自己をある程度偽って有名人になれば、承認要求は満たされますよね。
登戸の事件を起こした犯人は、ちょっと今の時代では変わり者だ。
パソコンもスマホも持ってなかったというんだから。
それはともかく、考えることに関しては、哲学なんてやるのは変わり者ですよね。
答えのない問いに挑む。だいたい皆考えるのは、どうしたら正答に辿り着けるかで、認識とは何か?存在とは何か?幸福とは何か?他者とは何か?なんて哲学の問いは、普通の人にとってはどうでもいい。
では、哲学すると他者と向き合わずに引きこもるかというとそれも違って、カントの思考の三原則
1自分自身で考える
2他人の立場になって考える
3首尾一貫して考える
の、2と3があるから、常に他者を取り込みつつ、しかし、矛盾なくというのが哲学と思うから、哲学も常に他者世界に開かれていると。
それがなんで、哲学が世間と乖離したものに見えるかはまた別問題。

  1. 2019/07/16(火) 01:40:04 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

登戸の事件のまとめを少し検索して眺めた程度の知識で
何も書けないですが
人との繋がり方、って学校や家庭だけでは学び切れない
社会に出る必要があるけれど、最初にそこでうまくいかない
経験をした人は、なかなか乗り越え難いものだと
改めて思いました。(自分の経験から)

また、ネットのブログやツイッター等でもいいから
少しでも自分の考えを発信できるほうが
(フォロワー数やその他のリアクションにあまりにも
過敏な人には当てはまらないこともあるかもしれないけれど)
内容がたとえ偏っていてもリアル社会でのつながりが
希薄な時期を乗り越え易いかなとも思いました。
(自分の経験から)

ネットやセーフティネットがかえって
引きこもりをうみやすくしているとも
いう見方もあるかもしれないので、
はっきりとこうだ、とは言い切れないです
すみません。

すべての環境やその変化に即応できるほど
適応力がない時は、たとえば生活保護とか
ネットに頼ることも一時的には仕方ないと思う。
手段が目的になっちゃうと、
引きこもりをつづけるための理由探しみたいに
なる可能性もあるでしょうから、
そこは舵取りが難しいだろなぁ、と思いました。

哲学は・・・毎日毎日考えるものなのかなぁ、と思います。
決算書の貸借対照表見て、昨年度と比べたり
来年度について考えることがあると思うけど、
必要なものだけど、毎日毎日は貸借対照表は
更新しないし、おっかけないから折に触れてで
いいのかな、と思います。

折に触れて1~3の作業をしたらいいのかなぁ、
でまた実践(実生活)を営む。

とある掲示板の「常連」さん達を見てて思いました。
  1. 2019/07/16(火) 08:24:48 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>何のために〜って、普通に考えれば、他人がいるから付き合う。本があるから読む。勉強する〜ってことになりますよね。まあ損得勘定の人もいますが〜。
他人がいるから、本があるから、
そんな与えられた環境によって、理由は作り出される。
ってことは、望ましくない環境に、自分を置き続けることの危険性が分かるよね。

与えられた環境ではなく、自分で環境を求めるときに、
損得が価値判断の基準になる、ってことで、
得にもならない他人とはつき合わない、得にもならない本は読まない。
機会費用を考えると、得にならない行為を選択するのは、損なわけです。

>承認欲求、他人から認められたいという欲求は、人間にとって本質的なものですから、余程のことがないと引きこもったりはしない。
うん、長期間は耐えられない。

>引きこもっても、今は便利で、ネットなんてあるから、ネットの中で自己をある程度偽って有名人になれば、承認要求は満たされますよね。
外に出る方法を探してネットをしているのではなく、
ネットが内にこもる方法になるんだな。

>登戸の事件を起こした犯人は、ちょっと今の時代では変わり者だ。
たしかに。

>それはともかく、考えることに関しては、哲学なんてやるのは変わり者ですよね。
たしかに。

>認識とは何か?存在とは何か?幸福とは何か?他者とは何か?
途方に暮れるw。

>1自分自身で考える
>2他人の立場になって考える
>3首尾一貫して考える
機会費用を考えると、そんな行為は、損なわけです。
そんなことに時間が消費されるのは、無益で、非効率と判断される。

>それがなんで、哲学が世間と乖離したものに見えるかはまた別問題。
世間では、損得が価値判断の基準になる、ってことでしょう。
またしても。
  1. 2019/07/16(火) 13:14:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>人との繋がり方、って学校や家庭だけでは学び切れない
>社会に出る必要があるけれど、最初にそこでうまくいかない
>経験をした人は、なかなか乗り越え難いものだと
>改めて思いました。(自分の経験から)
御意っ。

>また、ネットのブログやツイッター等でもいいから
>少しでも自分の考えを発信できるほうが
>(フォロワー数やその他のリアクションにあまりにも
>過敏な人には当てはまらないこともあるかもしれないけれど)
>内容がたとえ偏っていてもリアル社会でのつながりが
>希薄な時期を乗り越え易いかなとも思いました。
>(自分の経験から)
御意っ。

>ネットやセーフテヒネットがかえって
>引きこもりをうみやすくしているとも
>いう見方もあるかもしれないので、
>はっきりとこうだ、とは言い切れないです
>すみません。
御意っ。

何が正しいのか、ってのは、
当事者には、どうでもよくて、
ぶっちゃけ、なんでその状況から抜け出せたかの理由は分からなくてもよくて、
脱出できればいいわけです。

>生きることは、分かる、分からない、ではない。
>~である/~ではない、では述べられない。
>生きることは、~をする/~をしない、が述語になる。
ブログでもツイッターでも、
使えるツールはなんでも使って、
脱出できればいいわけです。

>哲学は・・・毎日毎日考えるものなのかなぁ、と思います。
毎日毎日、考えるのですが、
何年経っても、延々と同じ思考がループしているなら、
まったく無駄ですよね。
自分の視点を固定させているだけです。
  1. 2019/07/16(火) 13:19:07 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんにちは!!^^

>考えること、には、優しさや、かっこよさや、
>正直さを代入してもいい。
僕はしゃべることを代入しちょっとだけ妄想しました。しゃべる目的を考えてからしゃべるのは疲れさうと思いました。(それでも上司には敬語を使つてます。)私が喋ると妻は「なんか言ったか?」などということが少なくありません。

>何のために、という目的が、
>自分の思うまま、という自由を阻害する。
目的だけぢやなく自分の周りに有るゴミの量や作業効率の悪さや睡眠時間なども阻害の一要因ではあるかもと思いました。m(__;m
  1. 2019/07/16(火) 17:02:22 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>僕はしゃべることを代入しちょっとだけ妄想しました。
うん、やってみる。
    しゃべることを大切にする人は、
    自分の思うままに、しゃべることを尊重する。
なんだか、他人を困らせる人なのかもしれないw。

    そうでない人は、何のためにしゃべるのかが、
    明確でなければしゃべろうとしないし、
    さらには、役に立たないおしゃべりを蔑視する。
こっちのほうが、まだまともな気がする。
どっちもどっちだけどw。

>しゃべる目的を考えてからしゃべるのは疲れさうと思いました。
目的はともかく、内容は考えたほうがいいかも。

>>何のために、という目的が、
>>自分の思うまま、という自由を阻害する。
>目的だけぢやなく自分の周りに有るゴミの量や作業効率の悪さや睡眠時間なども阻害の一要因ではあるかもと思いました。
そりゃそうだ。
深夜の3時から、何のためか分からない他人とつき合おうとするのも、
40度の発熱をがまんして、何のためか分からない知識を得ようとするのも、
どこかにスマホを置き忘れたときに、何のためか分からない思考を巡らせるのも、
べつに今やらなくても、と思います。
  1. 2019/07/16(火) 18:18:24 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん こんにちは
お返事ありがとうございます

>>哲学は・・・毎日毎日考えるものなのかなぁ、と思います。
>毎日毎日、考えるのですが、
>何年経っても、延々と同じ思考がループしているなら、
>まったく無駄ですよね。
>自分の視点を固定させているだけです。

ほんとに。

迷いの中にいるとき、って非効率です。
でも抜けたときは、その停滞した時間を取り返すべく
ダッシュでその膠着してたところから脱出して
見えた方向へ走っていきたいと思います。

人によっては迷った年数は問題じゃないかもしれないけど、
私は迷った年数が長いほど、抜けたら必死で取り戻したい
ほうなので。

>脱出できればいい
御意っw

  1. 2019/07/16(火) 20:01:40 |
  2. URL |
  3. ランタナ #bAcQnUEc
  4. [ 編集 ]

損得勘定、と言われると、
そうなのかもしれないなぁ。

あなたがあの人に優しくしたのは、
あなたの気分がよくなるからですか?
はいそうです、みたいな。
しんどいなぁ。逃げ場がないなぁ。
  1. 2019/07/16(火) 23:11:36 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

ランタナさん、こんにちは。

>迷いの中にいるとき、って非効率です。
そりゃそうだ。
迷って効率が上がるのなら、
みんな積極的に迷いに行くぞ♪w
迷ってるときは、思考までだめになってるから、迷うんだなぁ、
これがまた。

>でも抜けたときは、その停滞した時間を取り返すべく
>ダッシュでその膠着してたところから脱出して
>見えた方向へ走っていきたいと思います。
うまく回り始めると、
少々疲れても、悪い気分ではないんだなぁ、
これがまた。
  1. 2019/07/17(水) 23:56:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #udixneOs
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>あなたがあの人に優しくしたのは、
>あなたの気分がよくなるからですか?
って問いにしても、
優しさが発生しなければ起きない問いです。
まず、優しさが生まれた、と思いますよ。
収まりがよくないときに、
余計なことを考えてしまうだけでw。
  1. 2019/07/18(木) 00:30:35 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1940-c7303e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)