FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

神はいない、なんて言っているうちは、神はいる


>どれだけたくさんの人が死んでも、
>僕たちは、自分たちの正しさのほうが大切だ。
>僕たちは、ノアの末裔だから。

そう考える僕は、救いがたい自己中になるけれど、
何を言うにしても、僕は、ひとまずは、
それを認めなきゃ仕方がないのかもしれない。

誰もがそうである、なんてことは言わない。
だから、自己中、ってのは、
僕の、という所有格に掛かる接頭辞みたいなもので、

こんな自己中は、僕一人でたくさんだ。



    

    永遠なんて素気ないね ほんの仮初めが好いね
    愈々(いよいよ)宴も酣(たけなわ)、本番です

    ―― 長く短い祭/椎名林檎、長岡亮介
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2015、EMI Records Japan



>海の水がなくなることはない。
>海の水がなくなれば、誰もそれを海とは呼ばないから。
海、なんて言っているうちは、海はある。

神、なんて言っているうちは、神はいる。
だから、神はいない、なんて、
言っているうちは、神はいる。

ここで、ベルグソンを思い出して、
加えて、マルクス・ガブリエルの講義と、
脈絡もなく、竹取物語が思い浮かぶ。

そして、仏教の「空」に続く。



    190606b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年06月07日 00:02 |
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんにちは!!^^

「幽霊はいない、なんて言っているうちは、幽霊はいる」について妄想すると、知識(?)的にはいないと思うのに心霊写真は絶対見ない(=目を閉じる)ように振る舞っています。

神とか儒教に限らないと思いますがこれらが無くても、やりたい放題やっているつもりでもいろいろ縛られている感じはあります。まづ食えないと困るし。

「いる」については例えば、私の妻が私と同じように(?)存在しているのか証明できません。幽霊や神と私の妻は明らかに私の中での存在感は異なりますが、異なります。(ごまかし表現)m(__;m
  1. 2019/06/07(金) 12:36:09 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>「幽霊はいない、なんて言っているうちは、幽霊はいる」について妄想すると、知識(?)的にはいないと思うのに心霊写真は絶対見ない(=目を閉じる)ように振る舞っています。
めっちゃいてますやん、それw。

>神とか儒教に限らないと思いますがこれらが無くても、やりたい放題やっているつもりでもいろいろ縛られている感じはあります。まづ食えないと困るし。
道徳、慣習、宗教、文化、
拘束力はないのに、拘束されます。

>「いる」については例えば、私の妻が私と同じように(?)存在しているのか証明できません。
デカルトかw。

がたおさん、このブログって厭きない?
何年も、ず~っと、
こんな浮世離れしたこと書いてんだよw。
  1. 2019/06/07(金) 13:23:21 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1907-d4f7fb61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)