FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 25/25


>ここで述べられているのは、
>私とは何か、ってこと。
なんて、あっさり書いたけれど、

これは、驚くべきことだ。
私とは何か、なんて問いに、
さらっと答えてしまうなんて。

思惟する私の、心とは何か、
私の心はどこにあるのか、
問える人も、そうそういないのに、

答えられる人なら、なおのこと。



    

    This self is the only thing I love
    To hear, to smell, to see, to touch is irreplaceableness

    ―― 鶏と蛇と豚/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2019、EMI Records Japan



僕とは別に世の中があるのではなく、
世の中とは別に僕があるのではないが、
でも、とてもそんなふうには思えない。

無数にある世の中の矛盾のうち、
いくつかの矛盾が僕に同期する。
それは、偶然としか言いようがないけれど。

そのいくつかの矛盾によって、
心、なんてものを生み出した僕は、
交流信号の同期を繰り返すうちに、

指向性を集中させて、感度を上げて、
アンテナをぎんぎんに尖らせて、
厚かましくも、世界で唯一の人になって行く。

おそらく、最初から、僕と世界は、
交換不可能な、ずぶずぶの関係なんて、
目指していたわけではないだろう。

替えがきかなくなってから、僕は、
かけがえのない僕と世界に気づく。
僕と世界は、事後的にしか語り得ない。

僕が、世界で唯一の人であるという転倒は、
その僕を生み出した世界も唯一の世界であり、
互いの偶有性は、単独性に引き上がる。

あるいは、僕が世界で唯一の人であるのなら、
その僕が観る世界も、一度きり、
最初で最後の、唯一の世界である。

僕の世界は、そんなふうに、
事実に基づいたフィクションであり、
僕の虚構は、今日も、自ら展開し続ける。

虚構が、虚構に、寄与を続ける。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月27日 00:06 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

〉世界で唯一の人
言いかえれば、天上天下唯我独尊ということかな。
なかなか味わい深いシリーズでしたよ〜。
電源が 入らないとほおっておいたipadが、何故か今日充電出来たので、ipadからの試し投稿ね。
  1. 2019/05/27(月) 00:33:44 |
  2. URL |
  3. oki #ibS8y52A
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>言いかえれば、天上天下唯我独尊ということかな。
いいですね、天上天下唯我独尊。
誰もみな、それぞれ唯我独尊。
>This self is the only thing I love
>To hear, to smell, to see, to touch is irreplaceableness
ってのは、そう読めます。
仏教のスタンダード。

一神教は、ダブルスタンダードだから、
仲間内だけ唯我独尊で、
異教徒にはそんなものは認めないけどね。

>なかなか味わい深いシリーズでしたよ〜。
あざっすっ!

>電源が 入らないとほおっておいたipadが、何故か今日充電出来たので、ipadからの試し投稿ね。
いるか? その情報w。
  1. 2019/05/27(月) 01:08:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>無数にある世の中の矛盾のうち、
>いくつかの矛盾が僕に同期する。
>それは、偶然としか言いようがないけれど。
無数にある世の中の矛盾って何っすか?この矛盾という意味(?)を計りかねて私の思考はストップします。熟考するに、例えば私はアランドロンなのに恋愛経験が無いみたいなことですか。

>無数にある世の中の矛盾のうち、
>いくつかの矛盾が僕に同期する。
>それは、偶然としか言いようがないけれど。
例えば、私はアランドロンなのに恋愛経験が無いことが僕に同期(?)するのですか。同期と考えることとは近いのですか?

みたいな(感じを受けました)。m(__;m
  1. 2019/05/29(水) 00:43:59 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、先の私のコメントは24/25に対してのものかも知れません。

>僕の虚構は、今日も、自ら展開し続ける。

>虚構が、虚構に、寄与を続ける。
「僕の虚構」はなんとなく分る気もしますが、「虚構が、虚構に、寄与を続ける。」は詩人になりたがりにもほどがあるのでせうか?前者の虚構は「僕の虚構」で後者の虚構は「世界(?)」だと理解しましたが異論は認めないのか定かではありません。私が作らなきゃ誰が作るのみたいな感じですか?それ以外ですか?m(__;m
  1. 2019/05/29(水) 00:57:24 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>無数にある世の中の矛盾って何っすか?
ん〜、例えば、
人形・こけし・おもちゃ供養の寺に、
南極2号を持ち込んで、供養を断わられたら、
誰だって矛盾を感じるよな。
人形、かつ、おもちゃなんだから。
電動こけしでも断わられるとしたら、
こけし、かつ、おもちゃなんだから、
不条理な話だわ。
例えば、ですけど。

>「虚構が、虚構に、寄与を続ける。」は詩人になりたがりにもほどがあるのでせうか?
ははは!w
はい、その通りでしたw。
がたおさん、ナイス!

冒険者たち、って映画があって、
アラン・ドロンは無精ひげで小汚いんだけど、
ぜんぜんきれいなんだ。
これは矛盾だな。
おれが小汚くしていると、
そのまんま汚くなるんだわ。
矛盾ではないけど、矛盾だな。
  1. 2019/05/29(水) 01:58:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1897-ecf5e547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)