FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 16/xx


正しい解釈を望むのは、
正しいフィクション=解釈を探すことであり、
僕にとっては、語義矛盾なんだけど、
ネットで探したときに、検索結果の上位を占めるのは、
断定的な、たいていは、同じ解釈である。

ネットの検索は、旅行に喩えるのなら、
目的地に着いたら、こんな位置からこんな景色を眺めて、
こんなふうに感動して、こんなふうに気づきを得て、
こんなふうに価値観を変えるのが正しい、
なんて書かれた、とても親切な手引き書だ。



    190516c.jpg

僕たちは、他人の視座で、他人の感動をトレースして、
他人の気づきをコピーして、
テンプレに沿って価値観を変えてみたりするけれど、
もしも、それを共感と呼ぶのなら、
なるほど、世の中は、共感にあふれている。

これ以上、共感なんかいらないくらいに。



    

    本当は全部大事である 本当は全部ラビッシュであろう
    本当は全部真理である 本当は全部トリックであろう

    ―― 弁解ドビュッシー/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2000、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月18日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1888-16f49a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)