FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 8/x


>人は何のために生きているのか、
>そんな問いには、答えなくてもいい。
プリセットされた答はいらない。

        どこかに正解があって、
        それを憶えればいい、って人にとっては、
        あった方がいいのかもしれないけれど、

おおよそ、人生には意味がない。
誰かに意味を決められても、
その意味に縛られたくない人にとっては。

        でも、何らかの意味がある、
        なんて思っているから、
        意味がない、と言えるのであって、

ない、と言わなければならないくらいの、
意味があってこそ、ない、ということができる。
否定文は、肯定文を否定して作るんだ。

        輪廻から解脱するには、
        解脱すべき輪廻がなければならない、
        という矛盾に似ている。

        輪廻など、思いもつかなければ、
        もとより、直ちに解脱しているもの。



    

    生きている証は執着そのものだろうけど
    放たれたい 相反する二つを結べ

    ―― 自由へ道連れ/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2012、EMI Records Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年05月01日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

>おおよそ、人生には意味なんてない。
うん。それがいい。意味をつけたら、しんどい。
わざわざ苦しい思いをするために、考えたくはない。
でも、「おおよそ」の部分だよ、問題は。
無視はできないなぁ。
  1. 2019/05/01(水) 04:04:26 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

令和もよろしく。
意味があるかどうか考えようと考えまいと、生きてしまっているんですからね〜。
人生の意味なんて余計なこと考えるのは人間だけ。
動物はもとより考えない。
生きて死ぬ。それだけの話のような気がします。
  1. 2019/05/01(水) 08:18:06 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんにちは!!^^

フィクションに基づく事実ってありますか?寝てるときに見る夢はさうでしやうか?m(__;m
  1. 2019/05/01(水) 16:52:10 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>うん。それがいい。意味をつけたら、しんどい。
>わざわざ苦しい思いをするために、考えたくはない。
意味を決めると、その意味に乗っかれない人を作るよなぁ。

>でも、「おおよそ」の部分だよ、問題は。
>無視はできないなぁ。
それを意味とは呼べないけれど、
それっぽいのはほしくなる。
  1. 2019/05/02(木) 23:35:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>意味があるかどうか考えようと考えまいと、生きてしまっているんですからね〜。
僕たちは、どうしたって遅いよなぁ。

>生きて死ぬ。それだけの話のような気がします。
うん、生きて死ぬだけで、楽しいよねw。
  1. 2019/05/02(木) 23:37:04 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>フィクションに基づく事実ってありますか?
過去の一部分はそうなっている気がする。
歴史って大部分がそうなっている気がする。

>寝てるときに見る夢はさうでしやうか?
そうかも。
せうか、でいいかも。
  1. 2019/05/02(木) 23:37:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

初めまして、トンビと申します。

「事実に基づいたフィクション」ですか。
「事実」と言葉にしてしまうともう事実ではなくなりそうですね。
つまり「フィクション」なんですね。
  1. 2019/05/05(日) 01:24:08 |
  2. URL |
  3. 極楽トンビ #-
  4. [ 編集 ]

トンビさん、こんにちは。

>「事実」と言葉にしてしまうともう事実ではなくなりそうですね。
はい、僕たちが見ただけで、聞いただけで、もうだめですわw。
さらに、それを言葉にするなんて、
もう事実とは似ても似つかない何かです。

>つまり「フィクション」なんですね。
ノンフィクションは、ノンフィクション寄りのフィクション、
フィクションは、フィクション寄りのフィクションです。

ノンフィクションぽさを帯びるフィクションぽさの加減かな。
ノンフィクションとフィクションは、
互いの関係による相対ですが、どちらもフィクションの上に成り立ちます。

フィクションだから、何のために生きているのか、とか、
幸せに生きる、とかが問われるんだと思う。
客観的に決まっているのなら、知らなくても決まっているし、
考えなくても決まっているもの。
知ってても知らなくても、考えても考えなくても一緒だわ。
  1. 2019/05/07(火) 21:49:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1877-98b57b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)