FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 7/x


>幸福に生きよ!、
>ということより以上は語りえないと思われる。
>―― 草稿 1914-1916/ウィトゲンシュタイン 著
―― ウィトゲンシュタイン全集1、奥雅博 訳、1975、大修館書店

本屋に行けば、スピリチュアルや、
宗教や、自己啓発や、哲学や、
仲が悪そうな本が、隣り合わせに並んでいるけれど、
でも、タイトルだけを見れば、仲が良さそうに見えたりもする。

例えば、幸せになりたくて、その書棚で立ち止まったとして、
そこで売られている本の多くには、感性に従って、感動を伴って、
幸せになる方法が書かれているけれど、
哲学書には、そっ気なく、語りえない、なんて語られている。



    161007.jpg

>人は何のために生きているのか、
>そんな問いには、答えなくてもいい。
例えば、人生の意味が知りたくて、その書棚で立ち止まったとして、
僕には、哲学書が教えてくれるとは思えない。

実存主義の哲学者なら、生涯をかけて、
人生の意味について考えた。
彼らが、悩み尽くして、考え抜いて出した答は、
おおよそ、人生には意味がない。

千円足らずで売られているスピの本には、
人が生まれてきた理由まで書かれているのに。



    

    永遠なんて素気ないね ほんの仮初めが好いね
    愈々(いよいよ)宴も酣(たけなわ)、本番です

    ―― 長く短い祭/椎名林檎、長岡亮介
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、2015、EMI Records Japan



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年04月29日 00:02 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

幸福って、どう論じられてきたか、アマゾンで、「幸福 哲学」で調べたら、ああ、ヒルティとかアランとか出て来るけど、人生論っぽいですねー。
なんか、今度、アドラー研究で有名な、岸見一郎さんが、「今、ここにある幸福」という本出すようだけど、読む気がしない、笑。
幸福って、自分で感じるもので、人から、幸福とはこういうものだとわざわざ言われるものじゃないですよね〜。
明日は、平成最後の日。
無事、代変わりを迎えられて幸せ。
  1. 2019/04/29(月) 16:13:47 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>ああ、ヒルティとかアランとか出て来るけど、人生論っぽいですねー。
ああ、そうですね、確かに説教くさい。
賢明な人が説く人生訓なんですよね。

「今、ここにある幸福」ってあほくさいタイトルだなw。
今、ここ+幸福+アドラー=自己啓発本だわ、間違いない。
  1. 2019/04/29(月) 16:31:13 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1876-39ee42f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)