FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

僕の毎日は、事実に基づいたフィクションであり、 3/x


>ぶっちゃけ、僕は、僕に幸せに生きてほしい。
なんだか他人事みたいな書きようで、
どうやら、僕は、何が幸せに生きることなのかを、
知らずに書いているらしい。

何らかの条件を満たすことで、
人が幸せになれるのなら、
幸せは、客観的な指標を備えるが、
哲学には、外的な条件は挙げられない。

哲学は、幸せ、について考えるけれど、
幸せになる方法は教えてくれない。
幸せになる方法を探し求めるのなら、
スピリチュアルか、宗教に訊けばいい。

哲学には、幸せになる条件は見つからない。
哲学には、幸せになることの指標がない。
哲学には、幸せになる方法は探せない。
哲学には、幸せになることは手に余る。

哲学は、幸せに生きよ、とは言うけれど、
それ以上は、何も言ってくれない。
対して、哲学が黙り込む地点から、
スピリチュアルや宗教がしゃべり始める。

幸福に生きよ!、
ということより以上は語りえないと思われる。
―― 草稿 1914-1916/ウィトゲンシュタイン 著
―― ウィトゲンシュタイン全集1、奥雅博 訳、1975、大修館書店

何が幸せかはさて置いて、
僕は、僕に幸せに生きてほしい。
何が幸せかは知らないけれど、
僕には、確かに、幸福と不幸がある。

幸福に生きろ、生きる、生きられる。



    

    くじるら くじる えろらる らなる らな なや

    ―― 空飛ぶくじら/大瀧詠一
    ―― 江戸門弾鉄(松本隆) 作詞、多羅尾伴内(大瀧詠一) 作曲、1972、Bellwood



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年04月25日 00:18 |
  2. 物語論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

青梗菜さん、おはようございます!!^^

私が幸せを感じている状態(約50%は酒気帯び状態)は実際に?幸せな状況なのかと思いました。ある意味?サラリーに感謝なのですがm(__;m
  1. 2019/04/25(木) 09:54:59 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

幸せとは何か?
なんて考えないまま、僕は、大人になったんだけどw。
なんてことだろうね、
僕は、何が解っていて、何が解っていないのか、
それさえも解っていないみたいだわw。
まぁ、仕方がないね、
まずは、解っていない、って認めることから始めなきゃ。
よく解っていないのに、解ったふりをしない、
実は、これがいちばん難しい♪w
  1. 2019/04/25(木) 15:32:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

哲学が黙り込む地点から
スピリチュアルや宗教が〜。
って、スピリチュアルや宗教が上みたいに聞こえるけど、実は、幸福になる方法と称して、土台達成できないことを云々するの訳で、達成できないと信心が足りないだのお布施、寄付しろとか言う訳ですからね〜そんな簡単に幸福になれない。
けど、僕は、こんな自分でも、抗うつ薬のある種類を飲みだしてから、気分はずっと平静で、怒ることもなく暮らしているからある意味それも幸福かと。
薬の力で、精神の平安を保てるというのも妙だけど、まあこの時代それもありかなと。
  1. 2019/04/25(木) 22:49:06 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>薬の力で、精神の平安を保てるというのも妙だけど、まあこの時代それもありかなと。
ありですよ。
密教なんて、薬物乱用の賜物だわw。

>幸福に生きよ!、
>ということより以上は語りえないと思われる。
「論考」の、あのフレーズが浮かぶよね♪
あの冷静な決め台詞は、「幸福」についての考察が始まりだった、のかもしれない。

ラカンのボロメオの結び目が初めて導入されたときの3つの輪は、
「贈る」、「拒絶する」、「頼む」、でした。
テーマは「愛」について♪

背後の物語として「幸福」や「愛」があるとしたなら、
ちょっと読み方も変わってくる。
あるのかないのかは知らないけれどw。
  1. 2019/04/26(金) 00:04:44 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1872-6ee982a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)