FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

漫画を読むと馬鹿になる、らしい 7/x


漫画を読むと馬鹿になる、なんてのは、
世の中に流通しているフレーズで、

そう言っておけば間違いにはならない、
ってくらいの、聞きかじりの知識である。

考えてそう言っているわけではないのに、
そう思う、とか、そう考える、なんて言っている。

自らの、漫画に対する感情が沿えば、
なぜか、思考のように思えてくるけれど、

知ることと、感じることと、考えることを、
混同している人は、馬鹿っぽい。

それは、漫画を読んでいても、いなくても。



    190313d.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2019年03月16日 00:10 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

そうそう、自分も、昔は周りの雰囲気とかで、漫画なんて、って思っていたけど、実際読むと面白いんですよね。
周りの雰囲気に流される。自分で思考しないで。
漫画とか、アニメも日本の堂々たる文化だと展覧会とかも随分開かれるようになって〜手塚治虫なんて本当にすごいよなあと分かってきましたがね〜。
で、程度の問題かとも思えて、例えば、マンガで読む哲学なんてどうだかなあ?とも思うし、マンガで読む歴史はまあ分かるかなあとも思えたり。
まだ、先入観が全て無くなった訳ではないと。
  1. 2019/03/16(土) 00:55:26 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>そうそう、自分も、昔は周りの雰囲気とかで、漫画なんて、って思っていたけど、実際読むと面白いんですよね。
おもしろく読めると、おもしろいんだわ。
意味のない繰り返しですがw。

くだらなく生きていると、世の中はくだらないし、
くだらない世の中で、楽しく生きている他人が馬鹿に見えてくるけれど、
他人は馬鹿でも利口でもなくて、楽しく生きているだけ。

>周りの雰囲気に流される。自分で思考しないで。
考えてそう言っているわけではないのに、
そう思う、とか、そう考える、なんて言うもんな。
知識と、感情と、思考の混同です。

>例えば、マンガで読む哲学なんてどうだかなあ?とも思うし、マンガで読む歴史はまあ分かるかなあとも思えたり。
哲学は、見えているものごとを誤謬として、
目に見えるものごとは、目に見えるものごとからできているわけではない、なんていうよねw。
そんなふうに、可視化できない事象、関係性を扱うから、
結局は、大量の吹き出しを読まされることになるよ♪
  1. 2019/03/16(土) 12:28:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1849-8d57946c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)