FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

趣味はクルマ 16.c/xx ―― 「恋」と<恋>


わざわざ、ありもしない言葉を作って、
なぜその言葉がないのかを考える。

意味不明なものごとを作り出して、
その不明な意味を考えてみる。

そんな方法で、ものごとを考えてみる。
自分と世の中を説明してみる。

ものごとを考える、ってのは、きっと、
考える方法を考える、ってことだが、

なぜ方法を考えなきゃならないのかが、
そもそも理解できなかったりする。

それは、理解しようとしても、
理解できることではないし、

ひいては、考える、ってことは、おそらく、
考えようとしても、できることではない。



    

    肝心な時に役にも立たない ヒマつぶしのストーリー
    簡単で凄い 効果は絶大 マッチ一本の灯り

    ―― メモリーズ/スピッツ
    ―― 草野正宗 作詞作曲、2000、Polydor



そんな方法で、ものごとを考えている人は、
僕が知る限り、僕だけしかいないから、

寄る辺なさに、孤独感が募るけれど、
自分が、自分のことを考えるのは、

もとより、いつだって、自分が初めてになる。
いつだって、自分が最初で、

そして、自分で最後だ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年12月02日 12:17 |
  2. ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>寄る辺なさに、孤独感が募るけれど、
>自分が、自分のことを考えるのは、

>もとより、いつだって、自分が初めてになる。
>いつだって、自分が最初で、

>そして、自分で最後だ。
今?は最初と最後のあいだだという認識です。自分は、、不思議なことに?一人だからね、みたいな?

>それは、理解しようとしても、
>理解できることではないし、

>ひいては、考える、ってことは、おそらく、
>考えようとしても、できることではない。
「恋」って言葉は誰が考えたんだらう、すごいです、私にとっては。<恋>は、非恋、とか嫌、とかだめぇぇいやぁぁぁ~、とかです、わたしに思いつくのは。m(__;m


  1. 2018/12/02(日) 22:33:37 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>「恋」って言葉は誰が考えたんだらう、すごいです、私にとっては。
ああ、はいはい、分かる分かる、その感じは「恋」ってやつだわ、って、名前をつけた。
でも、先に、その感じ、が分かっていなければ、
つまり、その感情が、ほかの感情から分かれていなければ、名前をつけられない。
僕たちは、その感じを「恋」と呼ぶルールが、
すでに出来上がった後の世の中に生まれてきたから、
みんなで「恋」なんて言い合っているけれど、
「恋」って言葉がない世の中に生まれてきたのなら、
誰も「恋」なんてしないよね。
その感じ、は持ってしまうとしても。

感情に対して僕たちができることは、
自分の内側から外側に出すか、出さないか、
それくらいしかないけれど、
外側に出すとして、他人に伝えられたときに、
その他人の内側にも、同じような感じを生じさせるようなものでなければならない。

>嫌、とかだめぇぇいやぁぁぁ~、
ってのを、「恋」って言葉で、
相手に感じ取ってもらえるといいけどね。
  1. 2018/12/03(月) 12:19:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1782-66ca68f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)