FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

役に立たないことは、何の役に立つのか (-ω-;) 6/7


ついでに言えば、個性を尊重する、とか、
あるいは、多様性を認め合う、とか、
利口で、品行方正な僕たちは、
どこかで聞きかじって知っているけれど、

でも、そんなフレーズで尊重される個性は、
当然に、優れた個性であり、
承認される多様性も、もちろん、
優れた多様性にほかならず、

その個人が持っている優れた特性を、
尊重して、承認しよう、という、
実は、何も言っていないようなことを、
もっともらしく言っているに過ぎない。



    181104c.jpg



個性の尊重、多様性の承認、
優しくて、道徳的で、非の打ち所がないけれど、
反知性主義、ってのは、こんなところに宿るんだ。
なにより、そんなフレーズが絶望的なのは、

そんな意識が、役に立たない人を作り出すことに、
気づかせないことである。



    181104d.jpg

    ―― たんじょうびのおくりもの/ブルーノ・ムナーリ、
    ―― The Birthday Present/Bruno Munari, 1945



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年11月05日 19:06 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>個性の尊重、多様性の承認、
>優しくて、道徳的で、非の打ち所がないけれど、
>反知性主義、ってのは、こんなところに宿るんだ。
>なにより、そんなフレーズが絶望的なのは、

>そんな意識が、役に立たない人を作り出すことに、
>気づかせないことである。
役に立たない人を作り出すことのできる、いろんな意識があるのですね。気づかせないところがイヤなのですね。たしかに、隠されるのはいやだなあ。m(__;m
  1. 2018/11/05(月) 19:49:03 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

おこんばんは!

反発というよりも、反感(ルサンチマン)を煽るような…
ちょっとね。観ていて楽しい(悪意)

反知性主義っての、元々は、アメリカにおける宗教上の摩擦から生まれたもの。
清教徒がたくさん移民したワケだけど、せっかく新天地に来ても、初期のアメリカの社会の中枢を握っていたのは、長老派教会なんかと結び付いた旧守勢力だったワケ。
街を作り、教会を建て、学校や大学を建てたのも。

旧守勢力の「知性」に対して、世俗勢力の「信仰の自由」って対立から生まれたものだったような。
なので、今のようなバカだけど(バカ故に?)声はデカイって層がウケるというような現象とは、ちょっと違う。

マメ知識ね。

ま、知的であることへのルサンチマン(反感)という意味では、今の
「ナニカ信じさせてくれそうなものに飛び付く」
なんて風潮は、反知性主義的とはいえそう。

「知」というのは、際限なく「信」を疑い続ける態度だもの。

面白いのは、中世のキリスト教会で繰り広げられた「普遍論争」っての、
徹底的な知的な整合性のみが問題とされて、「信」を前提することが一番の御法度だったとか。

そうすると、人間の精神の自由や解放を謳ったルネッサンスっての、案外と反知性主義はそこから始まってるのかもね。

東洋の端っこで、さまざま考えてみるのだけど、ユダヤ・キリスト教の倫理観から一定の距離がありそーな条件って、どうかするとかえって思考が不自由にもなりかねないなぁなんて、思います。
西洋からの逆輸入で東洋に「神秘」を信じちゃうとか、なんでそんなさもしいことせにゃならんのだ?とか。
  1. 2018/11/05(月) 19:57:30 |
  2. URL |
  3. K工芸 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>気づかせないところがイヤなのですね。たしかに、隠されるのはいやだなあ。
うん!
個性の尊重、多様性の承認、まったく正しいよ。
その正しさが覆い隠す正しくなさがいやだわ♪
  1. 2018/11/05(月) 21:33:52 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

K工芸さん、こんにちは。

なんだか、難しいなぁ。
知らないことには、コメントは返せないぞw。

>なので、今のようなバカだけど(バカ故に?)声はデカイって層がウケるというような現象とは、ちょっと違う。
うん、それは違う。
それは、馬鹿を振り撒いたときに、馬鹿が引き寄せられているだけ。
そういう意味では、引き寄せの法則はとても正しいと思います♪

>ま、知的であることへのルサンチマン(反感)という意味では、今の
>「ナニカ信じさせてくれそうなものに飛び付く」
>なんて風潮は、反知性主義的とはいえそう。
そういう人って、陰謀論が好きだよねぇw。
人工地震、同時多発テロ、アポロ計画、
なんでも見境なくユダヤ人と結びつけたり。

陰謀論を真に受けて、何百万かのユダヤ人が死んだけど、
ユダヤ人による占領計画(モーゲンソー・プラン)で、
ドイツは飢饉に陥って、900万人が死んだから、倍返しってことで。
そんなふうに、反知性主義って、ただの馬鹿では済まされなくて、
何千万人も死ぬような馬鹿なんだな。

>西洋からの逆輸入で東洋に「神秘」を信じちゃうとか、なんでそんなさもしいことせにゃならんのだ?とか。
仏教伝来は、5世紀とか、6世紀とか、中国とか、朝鮮からでしたよね。
でも、19世紀、20世紀にヨーロッパを経由して、ってのが僕たちの仏教だったりする。

なんかね、優しくて、道徳的で、非の打ち所がなくて、
反論の余地がないものが、人を最も傷つける。
きれいな言葉はダメージが大きいw。
誰かが僕のことを、汚い言葉でこき下ろすことには、
僕はぜんぜん耐えられるのではないかと思う♪
  1. 2018/11/05(月) 21:35:57 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1760-b8a3989d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)