FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

役に立たないことは、何の役に立つのか (-ω-;) 1/x


>話し言葉でも、書き言葉でも、
>僕たちは、一日に一度も、
>自分の言葉を使わない。
>自分の言葉なんて、
>最初から持っていない。

>唯一の人に、なかなか出会えないのは、
>僕も、その人も、考えていないふりをして、
>話し言葉でも、書き言葉でも、
>自分の言葉を使わないからだと思う。
意味不明な文章で恥ずかしい。

例えば、仕事をしていて、
例えば、提案された企画書を読んだときなら、
僕は、こんな感想を漏らすことはない。
こんなにふわふわした言葉づかいは、
仕事の役に立たないからである。


    181027.jpg
    ―― 役に立たない機械/ブルーノ・ムナーリ、Macchina Inutile/Bruno Munari, 1956



役に立たない、つまり、生産性がない、
つまり、それは、無為であり、
つまり、それは、意味がないけれど、
意味がないことにも、きっと何かの意味がある。
ともあれ、無為で、生産性がなくて、

何の役にも立たなくて、
意味不明な文章で恥ずかしい。



    150105b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月27日 12:43 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

コメント

思い出す。 大学時代、法学部の仲間が、中村元を読んでいるというから、なんで読んでいるんだときいたら、「役に立たないからいい」と。
面白い事言うなと記憶に残ってます。
青梗菜さんも、法学部でしたよね〜やはり、「役に立たないからいい」と哲学なんて読んでいるのかなと?
ブルーノ ムナーリか、もうすぐ世田谷美術館にきますね。
  1. 2018/10/27(土) 22:14:47 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>「役に立たないからいい」
気取ってるなぁ。

>青梗菜さんも、法学部でしたよね〜やはり、「役に立たないからいい」と哲学なんて読んでいるのかなと?
僕は、ニューアカの波が引いた頃で、
哲学はすっかりカジュアルになってたもんな。
哲学はファッションで、
スキゾ、パラノが流行語大賞に入ってたw。
スキゾフレニアとパラノイアを日常会話に織り込むなんて、
この国はすごい国だわw。

ブルーノ・ムナーリは、手に取って遊ばなきゃですよね。
がんばれ、世田谷美術館。
役に立たない機械、読めない本、
そういえば、絵のない絵本、ってのもいいタイトルですね、アンデルセン。
脆弱なる絶対、タイトルで買ってしまいますよ、ジジェク。
  1. 2018/10/28(日) 13:11:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

フェイスブックにアート系のグループがあって、知り合いを作りたくて参加したんです。1週間ほど前かな。でもね、そこって、以前辞めた「美術館巡り」(だったかな?)というサイトとほとんど変わらなくて・・・

投稿した絵の下に、延々とその作品に関する「情報」「背景」「知識」が綴られているんです。ほとんど誰もの投稿がそんな感じ。

アカデミックな知識がなく、またそういう薀蓄に興味もなく、ただ絵が好き、写真が好きって人が他に見当たらないんです。

なんだかここも学校みたいに感じて、辞めちゃいました。
ひとりだけ、わたしをフォローしてくれている「アーティスト」がいて、わたしには彼の作品はさっぱりわからないんだけど、わたしの投稿を気に入ってくれている。

彼も自分の作品や所謂美術作品を投稿するんだけど、その解説が、ほぼ彼自身の直観に基づいた「独断と偏見」にしか感じられない。(笑)でもそれがいいんです。それでいいんです。彼がいたからそのグループに入ったようなもの。

ものすごい博学で、美術の専門的な知識を山ほど持っているよりも、結局、人間その人独自のものをもっていてなんぼだと思うのです。

その他のひとの書いていることって、必ずどこかの教科書に載ってる事だからね。

自分の感想が、自分の言葉が、自分の声がないんですよ。
だからせっかくの絵の面白みが半減してしまう。長々とした薀蓄によって。

わたしからみると、日本人のアート、或いはクラシックファンってみなすごく糞真面目で、ものすごく優等生で、お勉強ができた人たちなんだろうなと感じるのです。

わたしみたいに、「馬鹿だけど絵が好き!」って人にこれまで出逢ったことがないからね。

ブルーノ・ムナーリ展についてもまたそのサイトや前のサイトで、こもごも薀蓄が披露されることでしょう。

わたしは頭が悪くて「お勉強」が大嫌いだからアートに逃避したのにね(苦笑)



  1. 2018/10/28(日) 18:32:54 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

問)次の文章?を読んで、文章中の4個の「意味」の、意味を書きなさい。

>役に立たない、つまり、生産性がない、
>つまり、それは、無為であり、
>つまり、それは、意味がないけれど、
>意味がないことにも、きっと何かの意味がある。
>ともあれ、無為で、生産性がなくて、

答え?:ひとつめの「意味」は、お金になる?という意味で、ふたつめもみっつめも、そうで、よっつめは、お金にならないと言う意味です。(先生、5段階評価で、いくつっすか?)

>何の役にも立たなくて、
>意味不明な文章で恥ずかしい
今頃か!m(__;m
  1. 2018/10/28(日) 22:11:20 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

問題文に訂正があります。「意味」は4個もありません。

答え?にもで、「みっつめも」を五字削除し、「よ」を「み」へ壱字修正?したいです。m(__;m
  1. 2018/10/28(日) 22:36:24 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>投稿した絵の下に、延々とその作品に関する「情報」「背景」「知識」が綴られているんです。ほとんど誰もの投稿がそんな感じ。
アートについて僕も何か書いたことが、
うん、あった!
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-1141.html
なんの知識もないなぁ♪w

>わたしからみると、日本人のアート、或いはクラシックファンってみなすごく糞真面目で、ものすごく優等生で、お勉強ができた人たちなんだろうなと感じるのです。
僕は、好きなイラストレーターとして、深町なか、奈良美智、を挙げた。
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-1206.html
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/blog-entry-1205.html
アートのファンからすれば、
何も分かっていない、幼稚な趣味なんだろうな。

>ブルーノ・ムナーリ展についてもまたそのサイトや前のサイトで、こもごも薀蓄が披露されることでしょう。
ははは!w
間違いない。

タイトルの「役に立たない機械」というテクストに対して、
作品を視覚的テクストとした場合。
モビールは、アートというよりは、
赤ちゃんの揺りかごの上に吊るされるような玩具ですよね。
モビールは、思考と創造性を駆動します。
二度と復元できない動きを眺めて、何かを想うこと、
つまり、見る側の思考の創造がほとんどすべてではないかな。
だから、もしも、静止した状態で展示されているとしたなら、
それは、タイトルどおり、「役に立たない機械」ですよ♪
なんてのも、アートのファンからすれば、
何も分かっていない、幼稚な感想なんだろうな。
  1. 2018/10/29(月) 11:25:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>答え?:ひとつめの「意味」は、お金になる?という意味で、ふたつめもみっつめも、そうで、よっつめは、お金にならないと言う意味です。
あ、正解だと思います。

>(先生、5段階評価で、いくつっすか?)
5でいいと思います!

>>何の役にも立たなくて、
>>意味不明な文章で恥ずかしい
>今頃か!m(__;m
うん。
いつもではないけれど、
ときどき、恥ずかしくなるんだわ♪
  1. 2018/10/29(月) 11:25:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>問題文に訂正があります。「意味」は4個もありません。
うん。

金銭に見積り得ないことは役に立たないとして、
「役に立たない機械」は、きっと高額で取引されるから、
すごく役に立つよね。
  1. 2018/10/29(月) 11:26:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜 さん。

過去の投稿、みなのコメントも含めてとても興味深いですね。
最初の「教養」についての投稿。

>自分の外側に教養がある。
正しさ保証する裏書きと、
同意する署名の束がある。
知識を積み重ねることで、
正しく絵を観たことになる、
正しく音楽を聴いたことになるが、

これはまったく同感です。

>自分の内側は同意しているのか。
同意した上で、名を連ねるのか。

自分の同意ー世評に比べればちっぽけな「自分」のちっぽけな違和感なんて問題にしちゃいけないんですよ!そこは目を瞑らなきゃいけないところなんです。
「わたし」と「世間の評判」なんてそもそも比較にならないでしょう。
だから「無私」の状態にならなければ教養なんて身につきません。
(少なくとも「知識」は・・・)

上記コメント欄にあったokiさんの発言。
これ自体が既にして教養なんですよ。
「ま、教養のあるやつはこんなの誰も見向きもしないだろうけど」というスノビッシュなセリフよく聴きますよね。
裏返せば、「あいつらにこれの良さがわかるか」という優越感を感じつるんです。
わたしからすれば、反教養主義もまた教養主義です。

わたしはokiさんが言い、青梗菜さんが肯いている宇野功芳さんなんて名前すら聞いたことありませんよ。

期せずしてお二人の教養が滲み出てしまいましたね。
それともわたしが単純なバカなだけか。

好きについてのやり取りも興味深く読みました。
特に好きは自己紹介である説には頷きます。

これについてはまた自分のところか、ここで書こうと思います。

とりあえず送信します。

P.S.

ラインスドルフって誰?

何を語ったって「好き」を語ったって、青梗菜さん、okiさんとは端から「差」があるんだよね(苦笑)



  1. 2018/10/29(月) 16:47:49 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

PPS.

くわがたおさんの

>>僕は、何を、好き、と呼んでいる?
>(ry
>この問いに答えられるのは、
>この世界には、僕しかいない。
だよね~。でもたまに、答えられたり惜しい答えを出す人がいたら幸せ感じるかも。「共感」もその一種なのかな?と、妄想しました。m(__;m

これはとてもいい回答だと思います。とても共感します。

それから「教養」のソーカル事件についてのokiさんとのやりとり

>>僕からすると、フランス現代思想にハマってた人が滑稽だ。
>>ふふふw、僕みたいに最初から教養がなければよかったのになぁw。

ここにもなんだか、クサミを感じてしまいます。

>ふふふw、僕みたいに最初から教養がなければよかったのになぁw。

青梗菜さんやokiさんは自分の頭の悪さに胸をかきむしって絶望したことありますか?





  1. 2018/10/29(月) 16:56:35 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>自分の同意ー世評に比べればちっぽけな「自分」のちっぽけな違和感なんて問題にしちゃいけないんですよ!そこは目を瞑らなきゃいけないところなんです。
>「わたし」と「世間の評判」なんてそもそも比較にならないでしょう。
>だから「無私」の状態にならなければ教養なんて身につきません。
>(少なくとも「知識」は・・・)
ですよね~。
反するためにでも、壊すためにでも、一度は受け容れなきゃならない。

>「ま、教養のあるやつはこんなの誰も見向きもしないだろうけど」というスノビッシュなセリフよく聴きますよね。
うん、劣等感を踏み台にして、一気に優越感に反転させる。
教養は、あったほうがいい。
少なくとも有害ではない。
教養なんてつまらないね、って言うためには教養がなければならない。
大学なんか行っても勉強にならないよ、って言うためには大学に行けるくらいの勉強はしなきゃ。

>わたしからすれば、反教養主義もまた教養主義です。
そうなりますね。

>わたしはokiさんが言い、青梗菜さんが肯いている宇野功芳さんなんて名前すら聞いたことありませんよ。
宇野功芳は、
>その解説が、ほぼ彼自身の直観に基づいた「独断と偏見」にしか感じられない。
って人でした。
いんちき作曲家、佐村河内守の交響曲の発売のとき、
彼の評論は、「哀れで聴くことができない」♪w
世間を敵に回し、日本コロムビアに喧嘩を売り、
宇野功芳、グッジョブです!
  1. 2018/10/29(月) 19:46:58 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>>僕からすると、フランス現代思想にハマってた人が滑稽だ。
>>ふふふw、僕みたいに最初から教養がなければよかったのになぁw。
ソーカル事件は、
フランスの現代思想は、訳の分からないところまで行ってしまって、
実は本当に誰も訳が分かっていなかった、という事件です。
僕は最初から教養がなかった、つまり、そこまでハマり込んでいなかった、
ってことでした。

>青梗菜さんやokiさんは自分の頭の悪さに胸をかきむしって絶望したことありますか?
僕は、ない、と思います。
自分の頭の悪さにフォーカスすることはありません。
「自分自身を軽蔑する者も、やはり常にその際なお、軽蔑者として自分を尊敬する」―― ニーチェ
あえて自分を軽蔑するときは、その軽蔑は、軽蔑なのかどうか怪しくなります。

絶望したことはあっても、それは、自分の頭の悪さとは関係がなかったように思います。
  1. 2018/10/29(月) 19:49:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

そうですねえ、自分の頭の悪さというか、自分の無知に胸をかきむしったことはありました。
哲学科志望の同級生たちの会話〜ドゥルーズだ、デリダだ、クリスティヴァだと全く分からない!
哲学科とはこんな人が行くのかと思い知らされ、自分は倫理へ。
で、哲学科のカントゼミに出てみたら、大学院生が「反省的判断力が〜自然の合目的性が〜」と全く分からない!
皆、したり顔で聴いているけど、分かってるの?
いやあ、カルチャーショックでしたねー。
そんな自分が、カントを専攻したというのは、カントくらいしかやるもの分からなかったから。

ラインスドルフとは、ボストン交響楽団をシャルル ミュンシュのあとをうけて、1962-9年まで率いた指揮者でして、確か、バーンスタインの代役として、来日もしている筈です。
ご参考まで。
  1. 2018/10/29(月) 20:35:17 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

ミュンシュの後はいやだな。
バーンスタインの代役なんか、
誰も引き受けたくないよな。
  1. 2018/10/29(月) 21:31:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

なんだかお二人とお話ししていて、却って落ち込みました。
(もちろんお二人の責任ではありませんが)(苦笑)

ただ、ニーチェの言葉に関しては頷けません。
そうすると「ほんとうの自己嫌悪」というものは存在しないことになります。
わたしは「自己を否定するものとして自己を肯定する」なんて器用なこと、とてもできません。

そうそう。今日「いのちの電話」の相談員に、
「あなたが今3分かけて説明したことをわたしは1分で言える」と言われました。
以前発達障害の専門家に、「もって回った話し方がそれっぽい」と言われたこともあります。

今日の言葉で、なぜわたしの文章がまずいか、何故過去3回も、小規模ではあるけれども、仮初にも出版社と名の付くところを、3度が3度とも馘になり、それぞれ異口同音に「きみはものを書く仕事には向いていない」といわれたのか、はっきりわかった気がします。
わたしのブログが極端に人気(ひとけ)のない理由も(苦笑)

  1. 2018/10/30(火) 16:20:06 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

ふたたびこんばんは、

教養或いは知識について、

>反するためにでも、壊すためにでも、一度は受け容れなきゃならない。

>教養は、あったほうがいい。
少なくとも有害ではない。
教養なんてつまらないね、って言うためには教養がなければならない。
大学なんか行っても勉強にならないよ、って言うためには大学に行けるくらいの勉強はしなきゃ。

これを読んでふーんと思いました。
わたしにはこういう発想がまるでないから。
そもそも上にも書いたように「勉強」と「仕事」が大嫌いだから。
で、やらなきゃkoroすというのなら(juusatsuとかGIロチンとか)楽な方法だったら殺.されても構わないとすら思っているから。でも国はkoroしてくれないよね。その代りに「koroすより惨い勉強と仕事を強いてくる」「koroすより惨い」つまり「拷問」ですね。

だからわたしは基本的に教養のある人が苦手です。
そういう人達の自己韜晦も・・・










  1. 2018/10/30(火) 17:24:43 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>ただ、ニーチェの言葉に関しては頷けません。
>そうすると「ほんとうの自己嫌悪」というものは存在しないことになります。
>わたしは「自己を否定するものとして自己を肯定する」なんて器用なこと、とてもできません。
反論とか、どっちが正しいとかではなくて、
僕は、ニーチェの言ってることに同意できるんだわ。
僕は、自己嫌悪している自分を嫌ったり、好ましく思ったりします。
僕にとって、自己嫌悪は、苦しいけれど、いい気分なんです。

ものを書く仕事に向いていない人たちはいますよ。
もの書きに限らず、がんばって、だめで、くじけて、
違う業種に溶け込んで、それなりにやっている人たちは多いと思います。
僕が知る限りは、一人残らずみんな何かで、
がんばって、だめで、くじけてますから。
  1. 2018/10/30(火) 21:55:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>これを読んでふーんと思いました。
>わたしにはこういう発想がまるでないから。
なきゃないでいいですよ♪
あってもいいし、なくてもいいし、
どちらかといえば、ないほうがいいです。
自分の発想が、当然に受け容れられるものなら、
自分らしさが損なわれます。

>そもそも上にも書いたように「勉強」と「仕事」が大嫌いだから。
そんなことを言い出しても何も始まらない。
僕が、自己嫌悪ができないのは、
自分を嫌っていても何も始まらないからです。
自分は悪い、自分は悪くない、そんなの、どちらも何も始まらない。

勉強を嫌っていても、仕事を嫌っていても、
世の中を嫌っていても、社会を嫌っていても、何も始まらない。
好き嫌いとか、意味とか、正しさとか、合理性とか、
何をするか、ってのを前にしたとき、
そんなの、たいていはどうでもいいことですよ。
  1. 2018/10/30(火) 21:57:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

最近の青梗菜さんは、よく恥ずかしがるなぁw
ブログ書くってこと自体、
恥ずかしいことのような気がしてきましたが、
まぁいいや。とりあえず続けよう。
そこを掘り下げると、楽しくない結論に至るだろうし。

ブログを書かない人の、書かない理由は、
恥ずかしいから、ではないと思うし!
  1. 2018/10/30(火) 23:47:09 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

段々狂ってきてる

こんにちは、青梗菜さん。

>そんなことを言い出しても「何も始まらない。」
僕が、自己嫌悪ができないのは、
自分を嫌っていても「何も始まらないから」です。
自分は悪い、自分は悪くない、「そんなの、どちらも何も始まらない。」

えっと、「始まる」って「何処で」「誰に」「何が」始まるのですか?
で始まるの反対はなんですか?

よい一日を!


  1. 2018/10/31(水) 07:15:30 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>最近の青梗菜さんは、よく恥ずかしがるなぁw
ふふふw。

>ブログ書くってこと自体、
>恥ずかしいことのような気がしてきましたが、
うん、生きてること自体、恥ずかしいことが多いんだわ。

>ブログを書かない人の、書かない理由は、
>恥ずかしいから、ではないと思うし!
書くってこと自体、考えることを含むんだわ。

>そこを掘り下げると、楽しくない結論に至るだろうし。
もう何度も掘ってるもんな♪
  1. 2018/11/01(木) 12:31:00 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>えっと、「始まる」って「何処で」「誰に」「何が」始まるのですか?
>で始まるの反対はなんですか?
僕なら、何かが足りないと思ったら、埋めようとします。
何かを失えば、同じ何かを得ようとします。
あるいは、それに代わる何かを得ようとします。
何かを得たら、何かを手放さなきゃならないときもあるし、
そんなことの繰り返しです。
何処で、誰に、何が始まるのかなんて分かるわけないですよ。

>今年になってわたしは完全に外に出ることができなくなった。
>理由は何度も書いているように「孤独」と「デジタル・ワールドへのアレルギー」
>そして外界の「歩き(自転車)スマホ」
>「車のアイドリング(しばしば中で運転手がスマホをいじっている)」
>「街路樹を剪定する時の騒音」同じく「落ち葉を吹きよせる際の爆音」
>「昼間から駅に灯されている無駄な照明」
>「電車やバスの中での執拗な注意喚起のエンドレスのアナウンス」
>そして同じく車内での「スマホに憑依された人々の群れ」
こんな世の中では、何かを始める気にもなれないよ、
って、Takeoさんは怒ってる。
でもね、スマホに憑依されているのは誰ですか?

スマホなんて、僕は、雨が降ったら傘を差す程度にしか思っていませんよ。
スマホに憑依された人々を、許してやってもらえませんか?
それとも、このまま、他人のスマホを見張り続ける人生でいいのですか?
  1. 2018/11/01(木) 12:32:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

>でもね、スマホに憑依されているのは誰ですか?

おそらく地球の一部の地域を除いたすべての人類でしょうね。

>スマホに憑依された人々を、許してやってもらえませんか?

でもそれは、わたしには、安倍政権のやっていることを許してあげませんか?原発稼働を、沖縄の基地建設を、ヘイトスピーチを許せませんか?という問いかけと同等です。

>それとも、このまま、他人のスマホを見張り続ける人生でいいのですか?

これは、

それともこのまま「戦争反対」「原発反対」「差別反対」と叫び続けて人生終わりますか?
戦争反対、9条守れより、もっと大事なことありませんか?

という問いかけと同じです。

わたしにとってスマホとは、タブレットとは、電子書籍とは、同じ「石ころ」でも、それとも、 青梗菜さんにとっての「石ころ」とは同じ意味を持ってはいないのです。

青梗菜 さんはスマホを河原の石ころくらいにしか思っていないのかもしれませんが。






  1. 2018/11/02(金) 00:39:00 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

追記

>僕が知る限りは、一人残らずみんな何かで、
がんばって、だめで、くじけてますから。

「僕が知る限り」が友人・知人に限定されるのか、もっと幅広くなのかわかりませんが、とりあえず、ネット上ではあっても、青梗菜さんはわたしを知っている。
唯一の例外が現れましたね。

  1. 2018/11/02(金) 02:16:05 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

僕は、使えるものは何でも見境なく使うから。
これはだめ、逆に、これでなきゃだめ、
これしか使わない、反対に、これだけは使わない、
そんな行為規範がゆるゆるなんだと思います。
機能していればツールは選びません。
スマホはツールでしょ?

ネットワーク反対なら分かるんだけど、
そうでもないよね。
デスクトップはよくて、スマホやタブレットはだめ。
通信機器を屋外で使うな、ってことかな。

戦争反対と、例えば、爆撃機反対、戦闘機反対、固定翼機反対、航空機反対は違うよね。
僕にはね、スマホ反対は、まるで固定翼機反対のように思えるんだわ。
スマホやタブレットを縁取っている何かが分からない。

目障りなだけかな♪
空中給油はよくて、空母はだめ。
それなら分かりやすいけど。
  1. 2018/11/02(金) 16:14:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>唯一の例外が現れましたね。
うん。
自分の信念や誇りを曲げずに生きて行ける人がいるんだなぁ。
僕は、そんなもの、へし折られて、ボコボコにされてるよ♪
  1. 2018/11/02(金) 16:15:42 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

青梗菜さんにとって、ミニってどういう存在なの?仮にクルマがツール(道具)であれば、乗れればいいってことになるよね?何も「ミニ」に拘らなくても。
何でミニなの?今もっとも流行ってるクルマじゃいけないのかな?

>通信機器を屋外で使うな、ってことかな。

ああ、それも大いにありますね。それを指摘したのは青梗菜さんがはじめてだけど。

>戦争反対と、例えば、爆撃機反対、戦闘機反対、固定翼機反対、航空機反対は違うよね。

どうしてそうなるのかな、兵器なしの戦争なんてないでしょう?
戦争反対ってことは、あれやこれやの一切の、また個々の殺人機械を拒否することとイコールではないのかな?

>スマホやタブレットを縁取っている何かが分からない。

これも何度も書いていることだけど、わたしはファシズム反対なんです。で、ファシズムの定義といいうのは「全体主義」、つまり「例外がない」こと。そしてわたしにとって、「スマホ」は、正に持たない人の方が圧倒的なマイノリティであるという点で、ファシズム・全体主義のシンボルなんです。
つまり多様性のない文化に対する生理的な反発です。

もちろん「目障り」ということもあるけど、「われもわれも」というメンタリティーそのものに対する忌避感です。

よく聞きますよ、ついにわたしもこの流れに逆らえずスマホに交換しましたって。これって80年ほど前にも聞いたセリフですよね。
「流れ(時流)に抗しきれず・・・」って。





  1. 2018/11/02(金) 17:16:26 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

異端審問

再び。

>自分の信念や誇りを曲げずに生きて行ける人がいるんだなぁ。
僕は、そんなもの、へし折られて、ボコボコにされてるよ♪

自分の信ずるところ、を曲げてまで生き長らえてどうするの?

・・・というのが率直な疑問です。

  1. 2018/11/02(金) 17:19:54 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>青梗菜さんにとって、ミニってどういう存在なの?仮にクルマがツール(道具)であれば、乗れればいいってことになるよね?何も「ミニ」に拘らなくても。
ミニの前は、初代デミオに乗ってました。
僕は、古いクルマから、さらに古いクルマに乗り換えたわけです。
今どきのクルマはつまらない、ってね、みんな言ってますけど、
できないのですよ、さらに古いクルマに乗り換えるなんて常軌を逸したことは。

>何でミニなの?今もっとも流行ってるクルマじゃいけないのかな?
初代ミニは1959年生まれ。
写真だけでも60年代の風情が伝わるでしょ?
どんなシーンも、ロードムービーになるよ。
フェリーニの道みたいに。

>戦争反対ってことは、あれやこれやの一切の、また個々の殺人機械を拒否することとイコールではないのかな?
そこまで行きたいよね。
何につけ、暴力で解決しようとしない。
でも、今のところは専守防衛、暴力で対抗です。

>「われもわれも」というメンタリティー
それは、
>投稿した絵の下に、延々とその作品に関する「情報」「背景」「知識」が綴られているんです。ほとんど誰もの投稿がそんな感じ。
これと同じで、
考える、ってことを知らないのが、ものごとを考えるときの特徴なんだわ♪w

>よく聞きますよ、ついにわたしもこの流れに逆らえずスマホに交換しましたって。
スマホは、半分は他人のために持ってるから。
交信する相手の利便性のために。
  1. 2018/11/02(金) 21:38:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>自分の信ずるところ、を曲げてまで生き長らえてどうするの?
一度は信じても、頼りなくて、ふらふらなんですよ、僕はw。
自分で下した判断について、ずっとそのまま通すつもりがない。

自分の信ずるところ、を曲げてくれる人に出会わないまま、
生き長らえてどうするの?

自分の信念を曲げる用意がないのなら、
誰と出会っても、どんな本を読んでも、どんな映画を観ても、
自分と出会っていることと同じですやん。
  1. 2018/11/02(金) 21:39:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、 青梗菜さん。

>スマホは、半分は他人のために持ってるから。
交信する相手の利便性のために。

これはなんだかよくわからない理屈だなあ。

そもそも何故「相手」の「利便性」を自己の美意識に優先させなければならないのかな?
なんで「持たない者の利便性」は一顧だにされず、「5分遅れます」という連絡をするための公衆電話を探すために10分かけなきゃならないのかな?
何故持ってる者勝ちになるのかな?
何故彼らがデファクトスタンダードになるのかな?



  1. 2018/11/03(土) 00:49:27 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

再び

>自分の信念を曲げる用意がないのなら、
誰と出会っても、どんな本を読んでも、どんな映画を観ても、
自分と出会っていることと同じですやん。

本を読むことも映画を観ることも、未知の自己と出会うことじゃないのかな?
新たな言葉に出会うことも、新たな他者に出会うことも。
つまりは未だ自分が出会ったことのないものに出逢うってこと即ち「自分」と出会うことじゃないのかな?

本を読んで、人と話して、別人になってどうするの?
外界イコール自己を映し出す鏡ではないのかな・・・

信念を曲げるくらいなら、誰とも、何とも出会わない方がマシじゃないかな・・・

  1. 2018/11/03(土) 00:56:52 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>そもそも何故「相手」の「利便性」を自己の美意識に優先させなければならないのかな?
その理由は、僕には分からないけれど。
僕が生まれたときには、世の中はそうなっていました。

ゲームに参加しながら、ルールを理解していく、
それが子供の仕事だと思っています。
この世の中に遅れて参加した者は、言い返せません。
世の中は、そうなっているんだから、そうなっている。
こんなにろくでもない世界でも、
僕はこの世界のルールを譲り渡され、僕は受け取るしかなかったわけです。

>なんで「持たない者の利便性」は一顧だにされず、「5分遅れます」という連絡をするための公衆電話を探すために10分かけなきゃならないのかな?
>何故持ってる者勝ちになるのかな?
世の中に、ルールの変更があったからでしょう。

>何故彼らがデファクトスタンダードになるのかな?
理由はどうであれ、
言い返せないし、受け取るしかないと思います。
  1. 2018/11/03(土) 10:32:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

自分の信念は、どうやって形成されたのか。
自分の信念は、訂正可能なのか。
自分の信念を、どこまで重要視するか。
そんな問いだと思われます。

僕は、僕の信念は、自分に由来するものではない、と思っています。
すべて他人からもたらされたもので、自分を起源とするものはありません。

僕は、僕の信念は、いくらでも訂正可能です。
他人から譲渡され、他人によって変更されるものです。

僕は、僕の信念は、最重要ではありません。
変更を予定された、間に合わせのものだからです。

でも、一方で、そんなふうに儚いものだから、
大切に守り育てることができます。
ミニは1959年生まれ。
マイナーチェンジを繰り返し、2000年まで造られました。
信念がないと造れません。
生産を終えて、さらに18年、
信念がないと乗れません♪
  1. 2018/11/03(土) 10:33:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

>ゲームに参加しながら、ルールを理解していく、
それが子供の仕事だと思っています。
この世の中に遅れて参加した者は、言い返せません。
世の中は、そうなっているんだから、そうなっている。
こんなにろくでもない世界でも、
僕はこの世界のルールを譲り渡され、僕は受け取るしかなかったわけです。


これはつまり「世界は変わらない」という前提でのお話しでしょうか?
「変える必要がない」ということでしょうか?
或いは「少なくとも自分(たち)には変えることはできない」ということでしょうか?
それとも「今のルールでなんの不都合があるの?」ということでしょうか?

その現状肯定及び既成事実の容認はどこから来るのですか?

>理由はどうであれ、
言い返せないし、受け取るしかないと思います。

ちょっとわからない感覚だなぁ。保守的というのだろうか?
今が幸せなんだろうか?

これだと、ルソーが「何故?」と言い続けて、ヴォルテールあたりに煙たがられ、危険視された背景も解る気がするけど、やはりわたしは「それはおかしいよ!」と言い続けたいですね。

死刑制度は生まれた時からあったから
「言い返せないし、受け取るしかないと思います。」

原発も生まれた時からあったから
「言い返せないし、受け取るしかないと思います。」
日米安保も地位協定も核兵器も、あれもこれもみな
生まれた時から(?)あったから
「言い返せないし、受け取るしかないと思います。」

ということですか?

でもわたしが生れたとき、わたしが若かった頃の東京の姿は何処にもありませんよ。わたしがそれを受け取っていたのは、ほんのわずかな時間だけです。
それすらも
「言い返せないし、受け取るしかないと思います。」


ふと「奴隷」という言葉があたまに浮かびました。


  1. 2018/11/03(土) 16:39:05 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

再び

>僕は、僕の信念は、自分に由来するものではない、と思っています。
>すべて他人からもたらされたもので、自分を起源とするものはありません。

青梗菜さんは赤ん坊は真っ白なキャンバスのようなものだと考えますか?それに親や教師や、社会がいろんな色を塗っていく、また自分で本を読んだり考えたりして色を重ねてゆく。

わたしは人は真っ更なキャンヴァスとして生まれてくるものではないと思っています。生れた時点ですでにもう印象派であるか、表現派であるか、ロマン派であるか、古典派であるか、ある程度「固有のもの」を備えて生まれてくるのだと思います。それほど人間は可塑性のあるものではない、と。

わたしの中に既にルソー的なものが無ければ、ルソーを読んでもわたしの色の一部にはならないでしょう。
わたしの中に既に芥川的な心性が無ければ、彼に共感共鳴することもないでしょう。

わたしの感性、わたしの思想信条。すべて、外部から持ち込まれたものはなにひとつありません。言ってみれば、「代済み」のものを持ち込んだだけ。

文学者も思想家も、「新たに」わたしのなかに何かを持ち込むことはできません。彼らができるのは、私の内側にあって、わたしが気付かなかったこと、わたしが解読できなかったものの意味を解き明かしてくれる。開封してくれるだけです。

ですから

わたしの信念は、容易なことでは訂正不可能だし、わたしがわたしである以上、わたしの感性・美意識・考え方・信念は最重要です。




  1. 2018/11/03(土) 17:17:57 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>そもそも何故「相手」の「利便性」を自己の美意識に優先させなければならないのかな?
この問いに対して、
>ゲームに参加しながら、ルールを理解していく、
>それが子供の仕事だと思っています。
>この世の中に遅れて参加した者は、言い返せません。
>世の中は、そうなっているんだから、そうなっている。
>こんなにろくでもない世界でも、
>僕はこの世界のルールを譲り渡され、僕は受け取るしかなかったわけです。
って、僕は答えているわけです。
「世界は変わらない」とか、「変える必要がない」とか、
違うコンテキストに持ち込まれるのは困ります。

>その現状肯定及び既成事実の容認はどこから来るのですか?
その質問はどこから来るのですか?

死刑制度も、原発も、どうしてそんなに文脈を跳ばすのですか?
僕は、哲学と思想と政治と戦略と戦術では、答え方が変わりますし、
音楽、文学、絵画、物理、歴史、恋愛でもクルマでも、使える言葉のコードが違ってきます。
僕がとうてい予期できない質問、例えば、昔の東京の姿に対しても、
僕が一元的に答えていると、なぜ思い込めるのですか?
  1. 2018/11/03(土) 17:59:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>わたしの感性、わたしの思想信条。すべて、外部から持ち込まれたものはなにひとつありません。言ってみれば、「代済み」のものを持ち込んだだけ。
あ、これは、気持ちがいいくらいに反対だ♪
どちらが正しいとかではなくて、
信念については、ここで終わっていいと思います。

しかし、
>わたしの信念は、容易なことでは訂正不可能だし、わたしがわたしである以上、わたしの感性・美意識・考え方・信念は最重要です。
と言うのなら、
>その現状肯定及び既成事実の容認はどこから来るのですか?

>僕は、僕の信念は、最重要ではありません。
>変更を予定された、間に合わせのものだからです。
そんなふうに、現状の肯定も、既成事実の容認もままならない僕からしてみれば、不思議です。
>「変える必要がない」ということでしょうか?
>或いは「少なくとも自分(たち)には変えることはできない」ということでしょうか?
>それとも「今のルールでなんの不都合があるの?」ということでしょうか?
  1. 2018/11/03(土) 18:00:38 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

わたしはここで、議論の勝ち負けを競っているわけではないのです。

>違うコンテキストに持ち込まれるのは困ります。

というような(わたしにとっては)高度なテクニックを駆使しているわけではありませんしそんな芸当はわたしにはできません。

青梗菜さんは、後から来て、世界の創造に参加できなかった以上「今目の前にあるこの世界、それが気に入ろうと気に入るまいと、それを受け取るほかない」と言っているのではないのですか?

そして仮にそうであるなら、それは言外に、世界は変わらないし、変えることはできないという意味を含んではいませんか?

>言い返せないし、受け取るしかないと思います。

「言い返せない」ということは、その現実に対して反対・反論不能と言っているのではないのですか?
そうではないならば、「何に」「誰が」「言い返せない」のですか?


>その質問はどこから来るのですか?

何故「言い返せない」のか?
何故「言い返せずに受け取るしかない」=「他の選択肢がない」のか?という単純な疑問からです。

どう考えても、

「>ゲームに参加しながら、ルールを理解していく、
>それが子供の仕事だと思っています。
>この世の中に遅れて参加した者は、言い返せません。
>世の中は、そうなっているんだから、そうなっている。
>こんなにろくでもない世界でも、
>僕はこの世界のルールを譲り渡され、僕は受け取るしかなかったわけです。」

これを「世界は変わらない」という文脈から切り離して考えることは出来ないのです。

どこでどう文脈が分岐しているのか、よかったら教えてください。
(他の方でも構いません)

わたしは、「遅れてきた者は、現行のルールに従う以外にないのだ」としか読み取れないのです。

>僕が一元的に答えていると、なぜ思い込めるのですか?

現実に世界がひとつであり、それを基礎づけている法制度が一元的である以上、世界は一元的にしかとらえられないのではありませんか?
つまりわたしも青梗菜さんも、同じ「日本」という国の中に、同じ法律に従って生きているわけです。
そして青梗菜さんは、「・・・という国に生まれてきたのだから」「言い返すことはできないし」「受け取るしかない」という「現状の容認」をしている(ように見える)一方でわたしは「時代時代に合わせた制度の変革が行われるべき」=「言い返すべき」だと言っている。

同一の世界だからこそ、見方の分岐・相違があるのではありませんか?

東京の姿云々に関しては、青梗菜さんは、「人は代々受け継ぐしかない」と言っているように聞こえるのに、わたしはこの点については、この国から受け継ぐことができなかった。
だから「変わるも変わらないもヘゲモニーはルールを作る側にあって、わたしたちは「言い返せずに受け取るだけ」なのですか?それでいいのですか?と尋ねています。

>音楽、文学、絵画、物理、歴史、恋愛でもクルマでも、

これらはすべて、この「世界」の内側にそんざいしていますよね?
どうして、「世界の在り方」と切り離して「それぞれ」のコードで語ることができるのか?

繰り返しますが

>世の中は、そうなっているんだから、そうなっている。

これを「現状肯定・是認」という以外に、ど受け止めることができるのでしょう?


















  1. 2018/11/04(日) 01:18:02 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

再び

>>わたしの信念は、容易なことでは訂正不可能だし、わたしがわたしである以上、わたしの感性・美意識・考え方・信念は最重要です。
と言うのなら、
>その現状肯定及び既成事実の容認はどこから来るのですか?

わたしがわたしであるからです。それらの感受性や価値観がわたしをわたしたらしめているからです。そしてわたしはわたし以外の者になる必要を認めないからです。

生きるということは自分を生きるということ、そしてそれは自分という存在を、自分を嫌う自分も含めて引き受けることだと思います。

卑近な例を挙げれば、どんなに友達が欲しくても、「彼らに合わせて」まで友達を作ろうとは思わない。何故なら彼らに合わせた時点でわたしはもうわたしではないからです。

つま青梗菜さんの言葉を借りれば、わたしは生れた時からこのわたしだった。だからそれを受け取るしかないのです。変更は不能です。ありのままを受け取る以外にないのです。



  1. 2018/11/04(日) 01:29:13 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

ゲームに参加しながら、ルールを理解していく、
それが子供の仕事だと思っています。
端的にいうと、ルールを理解することは、言葉を理解すること。
例えば、小学校とか、教室とか、先生とか、クラスとか、
そんな、形があるような、ないような、
僕たちが生まれたときには、すでにあったけれど、
大昔にはなかったような、
もともとあったものに対して、先人たちが言葉を与えたのではなく、
先人たちが作り出したものに対して、先人たちが言葉を作り出し、
この世の中との調和を図ったもの、それが言葉です。
小学校、教室、先生、クラス、それらを会話の中に織り込むことは、
先人たちのルールを受け容れたのと同義です。
この世の中に遅れて参加した者は、言い返せません。
学校を知らないと、学校に対して言い返すべき別の何かをまだ知らないからです。

死刑制度、原発、日米安保、地位協定、核兵器、
それらも、形があるような、ないような言葉で、
それらを会話の中に織り込むことは、いったんは、ルールを受け容れたのと同義です。
この世の中に遅れて参加した者は、いったんは、言い返せません。
反するためにでも、壊すためにでも、一度は受け容れなきゃならない。
というか、受け容れていなければ、反対も破壊もできないわけです。
受け容れている、という自分自身と自分の状況に気づいていなければ、
受け容れないこともできないわけです。

>青梗菜さんは、後から来て、世界の創造に参加できなかった以上「今目の前にあるこの世界、それが気に入ろうと気に入るまいと、それを受け取るほかない」と言っているのではないのですか?
はい。
僕はこの世の中のルールを譲り渡され、
僕は受け取るしかなかったわけです。

>「言い返せない」ということは、その現実に対して反対・反論不能と言っているのではないのですか?
>そうではないならば、「何に」「誰が」「言い返せない」のですか?
受け容れていなければ、まだ言い返す誰かも、言い返す何かもありません。
喩えるなら、逃れることのできない原罪、相続放棄が許されない遺産、奴隷の子孫は奴隷です。

>そして仮にそうであるなら、それは言外に、世界は変わらないし、変えることはできないという意味を含んではいませんか?
ゆえに、世界は変わらないし、変えることはできない、ってのは、地続きではなくて、
死刑制度、原発、日米安保、地位協定、核兵器、
もちろん、それらを変えることはできない、と考えているわけではありません。
僕がそんなことを言うわけがない♪
受け容れる、ってのと、変える、ってのは、矛盾しない。
むしろ、僕には、別のことではないのです。

>現実に世界がひとつであり、それを基礎づけている法制度が一元的である以上、世界は一元的にしかとらえられないのではありませんか?
法制度は一元的だとして、僕たちの規律は一元的ではありません。
道徳、宗教、慣習、勤め先や家族も僕たちの足場です。
法は強制力をともなうから、選ぶこともできません。
だから、強制されないものが自分を作ります。
音楽、文学、絵画、物理、歴史、恋愛やクルマが僕を作ります。
法よりも、テレビ番組のお笑い芸人のほうが、よほど僕を作っています。

>同一の世界だからこそ、見方の分岐・相違があるのではありませんか?
あ、それは言えますね♪
同一の世界でないと、分岐や相違が生まれない。
たぶん、僕たちは、世界について、
ほとんど同じことを言っているに過ぎません。
ほとんど同じだから、わずかな分岐や相違を際立たせ、
それが重要になってきます。
  1. 2018/11/04(日) 13:59:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

僕は、白紙で生まれてきましたから。
つまり、生まれてから、僕が少しずつ出来てきた。
そして、白紙に書き込まれたのは僕の言葉ではありません。
すべて他人の言葉です。

僕は、自分、なんて呼んでいますが、
たくさんの他人を抱え込んで、
束ねているのが僕なんだと思っています。

他人が出たり入ったりして、常に形を変えているような、
相変わらず変わらないような、
一元的な原理ではなく、そんな機能のことを、自分と呼んでいます。
もともと自分なんていなかったし、
今でも、僕は、自分の信念や誇りを曲げてくれる他人から、
書き込まれる余白を残しています。

>わたしがわたしであるからです。それらの感受性や価値観がわたしをわたしたらしめているからです。そしてわたしはわたし以外の者になる必要を認めないからです。
まだ僕は訂正可能で、
訂正可能なことが、自分が機能している、ってことになります。
  1. 2018/11/04(日) 14:03:18 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1755-f4c89665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)