FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

答のない問いに耐える力を 8/8 ―― スピなら自由に書いていい、それを自由と呼ぶのなら


スピリチュアルは、知性よりも直観に、論理よりも感性に好意を寄せる。
というか、語り得ない話をしているので、論理にはそぐわない。

例えば、あらゆるものごとには ―― イメージや思考にも、
波動があって、共鳴して引き寄せ合う、なんて理論を、

論証を要しないプリミティブとして用いたりするから、
論理の丸ごとが、語り得ない話になってくる。



考えるな、感じろ、なんていうけれど、
人は、おおよそ、自分が感じたいことを感じて、考えたいことを考える。

知ること=知識と、感じること=感情と、考えること=思考、
それらが混同されると、受け容れられる考え方は限られる。

人は、自分が受け容れたい物語を受け容れる。
努力や困難を避けて、楽ちんな物語を受け容れる。



スピは、何でも自由に書いていい。
それを、自由と呼ぶのだろう。

でも、例えば、カントなら、スピ的な自由を、自由とは呼ばない。
自由ってのは、他人が作った法則からの自由だ。

自然の法則であっても、スピの虚構であっても、
何かを引き寄せたいからって条件で、何かをさせられる、

そんなのは、自分以外の誰かが作った法則に従っているだけで、
カントに言わせれば、自由ではない、ってことになる。

他人の命令に従っているだけの他律的な生き方は、
人というよりも、家畜か奴隷の生き方だろう。

無条件に、自分の理性の命令に従うこと、
それが人の特権であり、カントは、それを自由と呼ぶ。

無条件だから、どこでも、誰にでも当てはまる法則であり、
当然、他人に説明ができるものでなければならない。



スピの言説は、自分がどれだけよく出来た家畜かを、
自分がどれだけ優秀な奴隷かを、

互いにアピっていることと等価である。



    180927b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年10月04日 19:07 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コメント

青梗菜さんへ。

>人は、自分が受け容れたい物語を受け容れる。
>努力や困難を避けて、楽ちんな物語を受け容れる。
そんな物語が好きです。(50代男性・北海道)m(__;m
  1. 2018/10/04(木) 20:04:21 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>そんな物語が好きです。(50代男性・北海道)
ないよ、そんな物語はw。
50までも嘘だったし、50から先も嘘だよ♪
  1. 2018/10/04(木) 20:22:07 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>ないよ、そんな物語はw。
>50までも嘘だったし、50から先も嘘だよ♪
スピか!m(__;m
  1. 2018/10/04(木) 20:25:41 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

>スピか!
ん~、ごめん、僕はスピではないんだけど、
実は、今日は夕方からエネルギーのシフトが起きていて、
あんまりうまく書けないんだ♪
  1. 2018/10/04(木) 20:51:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

上記の記事を読んで、わたしは極めて「スピ」に近い、スピと親和性を持つと感じました。

無智だし、論理的思考力はないし、本能の赴くままに生き、感じ、書いているし、「理性」は好きじゃないし。

>無条件に、自分の理性の命令に従うこと

これは絶対に無理です。

>スピは、何でも自由に書いていい。
それを、自由と呼ぶのだろう。

はい、そう思います。

今回の特集の最後で、わたしがスピであることがわかりましたね(苦笑)



  1. 2018/10/05(金) 01:53:25 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

どこでも、誰にでもあてはまる法則
ー道徳法則とはそういうもの。
ところが、ヘーゲルや中島義道も言っているけど、極めて視野の狭い人が〜スピもそうですね〜自分の考えることは絶対と思えば、自分の考えることはどこでも誰にでもあてはまると思っちゃうから、極めて視野の狭い格律を道徳法則と勘違いするということはあり得る訳で、要は、自分がこれは、「普遍的法則」だと思えば、どんな格律も、道徳法則、になり得るという危険はありますね。
カントは、理性の力を信じていたから、そういう危険性まで考えなかった。
スピの存在までは及ばなかった。と言って良いかな。
  1. 2018/10/05(金) 07:17:12 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

エストリルのクリスマスローズ紗希と申します

初めてコメントさせて戴きます。

>無条件だから、どこでも、誰にでも当てはまる法則であり、
>当然、他人に説明ができるものでなければならない

そうですね、そして
結果
他者が納得できたもの・・・
ということになりましょうか。

青梗菜さま
お写真ですが
大切なお車が・・・
大丈夫ですか?
お怪我はありませんでしたか
そちらの方が心配になってしまいました。
  1. 2018/10/05(金) 09:00:48 |
  2. URL |
  3. 紗希 #YrGnQh/o
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

カントが考える、僕たちに共通の理性は、神に照準された理性で、
僕たちには、かなり遠慮がちな自由に思えます。

フィヒテは、カントをさらに進めて、
自分で決定する、のではなく、自分で作る、と考えた。
カントの、自律、だけでは足りない。
それにしたって、まだ僕たちには、不自由に思えるような自由です。

僕たちの自由は、もっと何でもありですから、
スピだけが、はめを外して暴走しているわけではなくて、
カントみたいな200年前のくそ真面目を引き合いに出すのは、
ちょっとずるいのですけどw。

何でも自由に書いていいと思います。
自分の身体で、自分の感じ方で、自分が分かる言葉で書けば、
誰だって、自分は正しい。
誰だって、正しくない自分にはなれないもの。
でも、他人がいる、ってことかな。
他人に出会うことは、
他人の正しさに出会うことと同義です。
  1. 2018/10/05(金) 14:11:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>自分の考えることは絶対と思えば、自分の考えることはどこでも誰にでもあてはまると思っちゃうから、極めて視野の狭い格律を道徳法則と勘違いするということはあり得る訳で、要は、自分がこれは、「普遍的法則」だと思えば、どんな格律も、道徳法則、になり得るという危険はありますね。
スピには、何も分かっていない底が浅い人たちを啓蒙してあげなきゃ、って選民意識があるよ。
自分の考えを正当化する必要もないくらいの、断定的な思想がある。

底が浅い人からは、底が浅いと、
狭量な人からは、狭量と、
鈍感な人からは、鈍感と、
馬鹿からは、馬鹿と、
他人の価値観を認めない人からは、
他人の価値観を認めないと評されるのはなぜだろう♪
  1. 2018/10/05(金) 14:12:54 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

紗希さん、こんにちは。

>エストリルのクリスマスローズ紗希と申します
はい、よく存じ上げておりますw。

>初めてコメントさせて戴きます。
感謝感激雨霰、金襴緞子の満艦飾でございます♪

>そうですね、そして
>結果
>他者が納得できたもの・・・
>ということになりましょうか。
語り得ることなら、
語らなければならないんだなぁ。

>大切なお車が・・・
>大丈夫ですか?
>お怪我はありませんでしたか
>そちらの方が心配になってしまいました。
いえいえ、事故とかではなくて。
走ってたらウインカーが切れたから、
最寄りのオートバックスに寄って、
引っこ抜いて交換してました。

紗希さんは、クルマの運転もするんだけど、
女子は自分で修理するって発想がないんだ。
女子に出会うことは、
女子の正しさに出会うことと同義ですw。
  1. 2018/10/05(金) 14:14:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

>何でも自由に書いていいと思います。
>自分の身体で、自分の感じ方で、自分が分かる言葉で書けば、
>誰だって、自分は正しい。
>誰だって、正しくない自分にはなれないもの。
>でも、他人がいる、ってことかな。
>他人に出会うことは、
>他人の正しさに出会うことと同義です。

それぞれの正しさってことは、それぞれ間違いとも。
とにかく僕たちは、よく間違える。
自分を他者を。

声高に正しさをいう自由よりも、間違える自由の方が好きだな。
だってね、正しさは証明のしようも、その必要もないんだもの。
正しいんだから(笑)

間違いは、指摘があって露呈するし、真偽の検証があって確定するでしょ?

「今のところ、間違ってるとはいえない」を、とりあえず「正しいことにしておこう」ってのが、正しさの正体だろうと。
無限の間違いを全否定できてはじめて、「真に正しい」といえるワケで。
だったら、間違い続ける僕たちを生きる方が、自分の趣味には合ってるなぁなんて。
ただしそれは
「間違ったっていいじゃないか!人間だもの」みたいな開き直りじゃなく。
「間違えることが人間として正しい」になっちゃえば、途端に不自由だし。

他者との関係なんて、それが素敵な異性ならなおさら、間違いや過ちの方が好きだな。
  1. 2018/10/05(金) 19:54:03 |
  2. URL |
  3. K工芸 #-
  4. [ 編集 ]

恥ずかしいです涙

>女子は自分で修理するって発想がないんだ。

優秀な女子もいらっしゃると思いますが
少なくとも私は
その発想なかったみたいですね。

ですけれど、良かったです。
安心致しました♬

青梗菜さまの文章には
いつも
隠しても溢れ出る優しさ
感じてます。





  1. 2018/10/05(金) 21:26:06 |
  2. URL |
  3. 紗希 #uebO3AU.
  4. [ 編集 ]

K工芸さん、こんにちは。

>それぞれの正しさってことは、それぞれ間違いとも。
>とにかく僕たちは、よく間違える。
正しいよ、それぞれに。
どちらも正解ぢゃなかっただけでw。

二択とか、二分法とかは、どちらかが正解であると思い込むよね。
三択なら、3つの選択肢の中に、必ず正解が含まれているって。
そんなのはたいてい全部間違いなのにw。

>自分を他者を。
工具と部品がぴったり一致することが少ないように、
自分の言葉や行動も、自分とぴったり一致することは少ないです。
合ってないんだもんな、少々間違えたって仕方がないよ♪

自分でさえも、一人ではなく、自分の中にも、他人が棲んでいるし、
それは、複数の自分を抱えていると言い換えてもいい。
自分が、深夜のラジオや、キャプラの映画、新潮文庫の百冊、
両親と、いろんな人たち、高2のももさんや、
弁当屋のりょうちゃんからできているとき(をいをい、誰だよw)、
自分という言葉があいまいであり、そもそも正確な言葉として表せない。
自分ってのは、一応とか、いわゆるとか、便宜上とかになる。
自分でさえも合わせられないけれど、
こんなふうに言葉を使うことで、語り得ないものごとに臨んでみる。

>他者との関係なんて、それが素敵な異性ならなおさら、間違いや過ちの方が好きだな。
それが素敵な異性なら、正しいとか間違いとかよりも、
機能させることのほうが大切です。
なぜ、どうすれば、そもそも、なんて原理はどうでもいいやw。
何だかよく分からないけれど、ってのがほんまもんっぽい。
間違いや過ちでも、恋愛が機能しているのなら、
それこそほんまもんですわw。
  1. 2018/10/05(金) 22:39:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

紗希さん、こんにちは。

>恥ずかしいです涙
ははは!! 吹いたw。
いやいや、泣かいでもw。
ほんと、すみませんっ。

>ですけれど、良かったです。
>安心致しました♬
ありがとうございますっ!

>青梗菜さまの文章には
>いつも
>隠しても溢れ出る優しさ
>感じてます。
ははは!w
お気づかい、すみませんっ、
あんまりほめられたことがないので、
どうしたものやら♪
  1. 2018/10/05(金) 22:40:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1738-c15d5cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)