FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

答のない問いに耐える力を 4/x ―― 「引き寄せの法則」は、努力を馬鹿にしている


例えば、資格試験に合格したいのなら、
教科書を読んで、過去問を解く。
それが、合格を引き寄せる方法だと思っている。
例えば、就職したいのなら、
彼氏彼女が欲しいのなら、
英語が話せるようになりたいのなら、

速く泳げるようになりたいのなら、
歌が上手くなりたいのなら、
やせてきれいになりたいのなら、
行ってみたい場所があるのなら、
それぞれ、常識的に引き寄せる方法があって、
総じて、努力、なんて呼ばれている。

僕は、「引き寄せの法則」なんてものが、
どんなものかは知らないけれど、
それが、常識的に引き寄せる方法とは、
別のこととしてあるのなら、
努力を嫌っている、としか思えない。
他人を軽視している、としか思えない。

僕だって、あまり常識的とはいえないけれど、
それでも、常識に逆らうときにこそ、
僕は、最も常識に配慮する。
常識は、他人がいることを意識して成り立つもので、
常識に反するときには、
他人に対して論証の義務を負うから。

スピリチュアルが語り出すのは、
いつも、哲学が黙り込む地点からである。
常識に反しながら、論証を放棄するのは、
他人を馬鹿にしていることにならないか。
中でも、努力している人たちを、
馬鹿にしていることにならないか。

とりわけ、努力しても、
報われなかった人たちを。



    180805.jpg 動画は削除されました

    頑張って ダメで 悩んで 汗流して できなくって
    バカなやつだって 笑われたって 涙こらえて

    ―― MR.LONELY/玉置浩二
    ―― 玉置浩二 作詞作曲、1997、Sony Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年09月29日 21:43 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

思い出した。
昔かかっていたクリニックの待合室で、「ああ、辛い。どこそこが悪いわあ」と呟く女性に、「奥さん、それなら、この宗教があります」と、S学会信者が。
女性断るも、しつこく勧誘するから、見ていたおじさんが、大声で「いい加減にしろ」と。
それで鎮まったけど、いやしくも精神科の待合室で勧誘ですよ。
浄土真宗S会〜これもスピと言っていいと思うけど、「神経症は治る」なんてやっている。
心の弱みに付け込んだ宗教は一番許せない。
  1. 2018/09/29(土) 23:12:20 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

心の弱みにつけ込むつもりはなくても、
そう他人に思われたら同じことです。
こんな人にはなりたくないと、
思われたら勧誘は失敗です。
もし入信することがあっても、
他の人の紹介ですよね。
  1. 2018/09/30(日) 00:46:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1734-f026bb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)