FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

自己を画する、再び


原因を問うときには、
もっぱら不都合な結果に対して、
その不都合に応えるような、
不都合な原因を求めることになる。
不都合がなければ、誰も、
わざわざ、原因なんて問わないもの。

だから、いい結果のときだったら、
寛容さが幸いして、
なんて言われたような原因でも、
悪い結果を受ければ、
甘っちょろさが災いした、
なんて原因に言い換えられてしまう。

目に見える結果だけが、
自分の美徳や不徳を伝えるものになり、
僕たちは、報われないことが多くなる。
でも、もしも、自らに誠実に行動するのなら、
それが、いい結果のときはもちろん、
悪い結果のときも含めて、

自らのすべての行動を説明するだろう。
それとも、こんな発想が、
丸ごと甘っちょろいのかもしれないが。



    

    メロディー いつのまに
    大切なもの なくした

    ―― メロディー/玉置浩二
    ―― 玉置浩二 作詞作曲、1996、Sony Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年09月05日 12:08 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

「自己」がすべての原因である。

こんばんは、青梗菜さん。

ちょっと話題がズレるかもしれませんが、例えばわたしがブログを書く、そこには今日はこういうことを書きたいという気持ち=原因があります。

そしてそれが読まれたか、読まれなかったかという結果は、わたしのあずかり知らぬところです。

読まれなかったという結果は「悪い結果」で、多くの人に読まれたという結果が「良い結果」であるということは言えないと思います。
それは質と量を混同しているに過ぎない。
「多くの人が支持しているのだからいいものに違いない」という錯誤です。

わたしのブログのアクセスは平均して一桁で、たまに20人近くなるということもありますが、それは「バグ」だと思っています(苦笑)

閑古鳥が啼くことが情けないというよりも、こうまでわたしと世間との感受性は背馳しあっているのかということを痛感しています。
ま、「裏返しの誇り」とも言えますが。

「自己の美意識に誠実であること」
これ以外の義務をわたしは負いません。

失礼しました。



  1. 2018/09/05(水) 18:21:55 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

Takeoさんにとっては、
分かりやすい話ですよね♪
でもね、これくらいの抽象度の話でも、
読めない人は確かにいるんだわ。
難しい言葉はぜんぜん使ってないから、
読めるんだけど、何も伝わらないのw。

分かりやすい話だから、
一歩踏み外すと、ほら、この前の、
phaの自己啓発本への感想みたいに転落するかもよ。
考えた形跡もなく、言葉を選んでいるような。
誰かを優しいと呼ぶことで、
自分を優しい人に仕立てて満足してしまうような。

>読まれなかったという結果は「悪い結果」で、多くの人に読まれたという結果が「良い結果」であるということは言えないと思います。
身の周りの、当たりまえのことに立ち止まれる人なんて、
僕は、1割いるかいないかと見積もっています。
僕だって、9割に照準すれば、
もう少しくらいは、アクセスを取れますよ、たぶん。
でも、たぶん、負け惜しみ♪w

難しい知識もいらないし、
動画は、流行りの歌ばっかりだし、
馬鹿にされてますよ~w、僕のブログは♪w
よそでどんなことを書かれているか、書き出したいくらいです!
  1. 2018/09/05(水) 19:37:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

よそでどんなことを書かれているか。
参考までに二、三挙げてくださいよ、笑。
今は、人工知能に心は宿るか、なんて議論されている時代。
魂は存在するなんていうと、馬鹿にされるけど、こうした大災害や交通事故とか、急に最愛の人を亡くされた人には、どうしても、心の整理をする為に、魂とか想定しないといけないと思う。
ついでに、今の宗教家の役割も、もはや、そういうところにしかないと思う。
  1. 2018/09/06(木) 14:21:09 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>よそでどんなことを書かれているか。
>参考までに二、三挙げてくださいよ、笑。
ふふふw、いやですよっw。

>魂は存在するなんていうと、馬鹿にされるけど、こうした大災害や交通事故とか、急に最愛の人を亡くされた人には、どうしても、心の整理をする為に、魂とか想定しないといけないと思う。
魂があっても、なくても、
魂を求めるのなら、なきゃならんのだろうな。
なきゃならないほどに求めるのなら、
あるとか、ないとかはもういいから、
そりゃもう、なくちゃいけない。
求めないのなら、あっても見えないし聞こえないし感じないし分からないし、
求めるのなら、なくても見えるし聞こえるし感じるし分かるってもんだ。
理由とか原因とか、そんなものは少しも論理的ではなくて、
少しも利口ではなくて、むしろ幼稚なんだわ。
理由とか原因とか、そんなもの、ないほうがほんまもんのときがある。
なんてことを書くから、馬鹿にされるのか♪w
  1. 2018/09/06(木) 15:25:55 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1716-56ef197a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)