FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

自己を画する


開国という意味には、
自己を外つまり国際社会に開くと同時に、
国際社会にたいして自己を国=統一国家として画する
という両面性が内包されている。
―― 「日本の思想」、丸山真男

「自己」に引きつけて考えれば、
過去、ってのは、現在の僕の理解でもって、
過去を規定する、ってことだ。
愚かな僕の理解を超える過去は、
愚かな僕には思いもつかない。

過去は変えられない、
未来は変えられる、なんていうけれど、
僕は、未来を企てることで、
僕のしょぼい過去にも、
新たな意味を持たせることができる。

未来を画する、ということは、
過去を画する、ということであり、
過去と未来は、別のことではない。
過去は、現在と未来でできている。
現在と未来が過去を規定する。

では、過去くらい不確かなものはない。
現在と未来によって、
その都度、プロットが書き換えられる。
自分に照らせば、
歴史に客観性はない。

歴史と、取るに足らない僕の過去を、
一緒にしてはいけないし、
論理ではなくて、
実感に偏っているし、
客観的な根拠もないけれど、

もう試験を受けることもないから構わない。
僕が歴史と関われば、
そこに客観性を求めるのは欺瞞である。



    180818f.jpg



    ―― 日本の思想/丸山真男 著、1961、岩波新書



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年08月25日 19:31 |
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1710-bd7bc20f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)