FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

外に開き、内に閉じる


開国という意味には、
自己を外つまり国際社会に開くと同時に、
国際社会にたいして自己を国=統一国家として画する
という両面性が内包されている。
―― 「日本の思想」、丸山真男

開国、というのは、もちろん、
江戸の終わりの開国のことで、
僕とは何の関係もない出来事で、
当然、僕が考えることではなく、
僕には、考える、という発想もない。

歴史は、考えても仕方がない。
正解を憶えるものだ。
知識があるか、ないかの、それだけのことだが、
しかし、それにしても、
「自己」という言葉づかいは何だろう。

平成の終わりの僕に引きつけて、
僕との関係を見つけようとするなんて、
それだけで、なんだか、
おこがましい気がしてくるけれど、
「自己」という表現に誘われてみる。

「自己」という、それ以外に、僕は、
どうやって歴史と関わることができるのか。
歴史を、僕の主観的なものにする以外に。
自己を外に開くと同時に、
自己を内に画する、この両面性は、

自分に照らせば容易に理解できる。
外と内とは、別のことではない。
自分を外に開くためには、
自分が内に閉じて、
ブレずにまとまっていなければならない。

国を国外に開くためには、
国内を統一国家に束ねる必要がある。
そんなものは、一緒にしてはいけないし、
論理ではなくて、実感に偏っているし、
客観的な根拠もないけれど、

もう試験を受けることもないから構わない。
僕が歴史と関われば、
歴史は僕の主観である。



    180823.jpg



    ―― 日本の思想/丸山真男 著、1961、岩波新書



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年08月24日 21:38 |
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>自分に照らせば容易に理解できる。
>外と内とは、別のことではない。
>自分を外に開くためには、
>自分が内に閉じて、
>ブレずにまとまっていなければならない。
「自分が月を楽しむ。」は、{x|xは自分を外に開くということ}の要素ですか?m(__;m
  1. 2018/08/25(土) 00:02:25 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>「自分が月を楽しむ。」は、{x|xは自分を外に開くということ}の要素ですか?
を? なんだ、こりゃ?w
x|x …… 論理記号?
要素 …… 集合記号?
禅の公案?
  1. 2018/08/25(土) 10:34:57 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

おふたりのやり取りはほんとうにおかしいですね^^
また笑ってしまいました^^ 失礼
こういうのもブログの面白さですね。
  1. 2018/08/25(土) 17:23:51 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

自己を無にするっていうのは?
施設に入ってから、自己を無にすることばかり考えてます。
自己を無にすれば、他者の光は惜しみなく届く。
他者の闇は、どう拒否しよう?
  1. 2018/08/25(土) 18:47:33 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>おふたりのやり取りはほんとうにおかしいですね^^
ったく。
こんなに意味の取れない文章は、
書こうと思っても書けないよ!w
  1. 2018/08/25(土) 19:26:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>自己を無にするっていうのは?
無とか、空とか言ってる人って、
なんだか怒りっぽいんだわw。
だって、ぶっちゃけ楽しくないもんな♪

無とか、空とかも言葉だもん。
言葉や、貨幣や、法や、
つまり人のDNAの塩基の並びに書き込まれていないものなら、
即座に、無とか、空とかだと思います。
でも、言葉、貨幣、法、道徳、宗教、暴力、性、そのあたりを無にしたら、
もはや人ではない生きものになってるよw。
解脱した人は、人を解脱したんだろうな。
  1. 2018/08/25(土) 19:29:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1709-bc7f7db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)