FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

(以下略


他人によく見られたい、
他人に認めてもらいたい。

もちろん、それは大切で、
それに気を配るのは当然として、

しかし、他人が自分をどう思うか、
ってのに寄り掛かっていると、

自分が自分をどう思うか、
ってのを置き違える。

例えば、無理な写真を撮って、
加工して、盛りつけて、

SNSに載せている人たちは、
自分がしたいことではなくて、

他人がしたいことを(以下略



    180818d.jpg

自分がしたいことをしているのなら、
それは、誰にも証明しなくてもいい。

盛った写真で、誰に証明する必要が(以下略



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年08月20日 19:54 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

コメント

確かに、SNSも馬鹿らしいですよね〜。
会ったこともない人を惹きつける為、写真を撮って載せて、それで、フォローワーが増えたとか、友達申請が増えたとかねえ〜。
僕も馬鹿らしくなったから、以下略。
ただ、ちょっとした事で拡散するのは面白い。
高校での対教師暴力とか、煽り運転とか、東京高裁の裁判官とか、以下略。
ツイッターの拡散でニュースができるとは新しい流れかと。
  1. 2018/08/20(月) 20:17:23 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>会ったこともない人を惹きつける為、写真を撮って載せて、それで、フォローワーが増えたとか、友達申請が増えたとかねえ〜。
まったくなぁ。
うん、僕は多くの人からは相手にされないことを書こう。
それ以外に、何も書く気がしないw。
多くの人に分かってもらえないことを、
分かってもらえるから友達と呼ぶんだ♪
  1. 2018/08/20(月) 21:08:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

自己愛が強いことは、恥ずかしいことだろうか、
っていうテーマですよね、このお話は。
  1. 2018/08/20(月) 21:12:38 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>自己愛が強いことは、恥ずかしいことだろうか、
>っていうテーマですよね、このお話は。
うん、それを意識しすぎると、
ぐるぐるするだけなんだけど。
自己愛が強いことを許さないのは、
それもまた、強い自己愛だろうなw。
  1. 2018/08/20(月) 21:18:30 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

多くの人に相手にされないことを〜
って言っておいて、今見たら、ランキング1位。
どれだけの人がここを見ているのか〜。
ともあれおめでとうございます!
  1. 2018/08/20(月) 23:33:44 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

ん? なんか変だぞw。
PVもINもふだんと変わらないのに、
OUTだけふだんの4倍くらいポイントがついてる。
壊れてるのではないかな、ブログ村ww。
  1. 2018/08/21(火) 00:01:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

>多くの人に相手にされないことを〜
って言っておいて、今見たら、ランキング1位。

okiさん一本!

  1. 2018/08/21(火) 01:13:12 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

P.S.

あくまで個人的な意見ですが、

>僕は多くの人からは相手にされないこと

を書くには、わたしのようにあたまかこころが壊れている人じゃないとちょっと無理だと思いますよ。
あるいは、やはりわたしのように本物の「バカ」であるか。


  1. 2018/08/21(火) 02:05:50 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

たびたびスイマセン。

ひとつ質問です

「他者」の眼差しなくして「自己」は存在するのか?
「眼差し」ではなくて「評価」でもいいです。

>自分がしたいことをしているのなら、
それは、誰にも証明しなくてもいい。

自分が(今、今日、今夜、明日、今週末)何をしたいのか?
それはどのようにして知るのですか?



  1. 2018/08/21(火) 02:58:06 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>多くの人に相手にされないことを〜
>って言っておいて、今見たら、ランキング1位。
哲学、ってのが、そもそも辺境なカテですから、
何位だろうと、多くの人には相手にされていませんよ♪

>どれだけの人がここを見ているのか〜。
ほんとにね~、どれだけの人がここを見ているのか。
そして、何を思うんだろうな。

哲学の問題、ってのは、どうでもいい問題で、
役に立たない、くだらない問題で、
>経験は、経験のままでは、まだ経験とは呼べない。
とか言っても、なんでわざわざ、わけの分からんことを言い出して、
なにをわざわざ、考えているのか、
男のくせにちめちめした野郎だ、とか、
男のくせにめそめそと詩なんか書きくさって、とか、
思われているとしたら、
はい、その通りなのでw。
  1. 2018/08/21(火) 15:13:00 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

難しいな♪
答は出ませんが、何が難しいのかくらいは書けそうなので、
次のエントリにします。

>わたしのようにあたまかこころが壊れている人じゃないとちょっと無理だと思いますよ。
>あるいは、やはりわたしのように本物の「バカ」であるか。
今の世の中、壊れていない人のほうが少(ry、
自分のことをバカと言える人は、決して(ry
などと、いろいろ取り繕って、この場をやり過ごすこともできますが、
そんなのも、なんだかなぁ。

>「他者」の眼差しなくして「自己」は存在するのか?
>「眼差し」ではなくて「評価」でもいいです。
まず、「他者」との関係が作れない人は、
自己評価が定まらないだろうな、って思います。

でも、「他者」からの眼差し、評価、メッセージが僕に届いても、
僕の中の、僕の思考の枠組みに収まってしまうのなら、
僕は誰とも出会わずに、所詮は、「自己」と出会っているに過ぎない気もしてきます。
例えば、たくさんの本を読んでも、自己充足と自己閉塞で、
「自己」の狭い視点を固定するだけではないかと。

しかし、「自己」といっても、自分を起源とするものなんて何もなくて、
すべて「他者」から借りてきたものです。
ポストモダンっぽく、「自己」と「他者」は対にさせずに、
「自己」は、「他者」の寄せ集めにするほうがいいのかもしれない。
「自己」の中に、多くの「他者」が棲んでいる。

>自分が(今、今日、今夜、明日、今週末)何をしたいのか?
>それはどのようにして知るのですか?
自分がしたいことなんか、思いつかないよ~w。
というか、したいことを選んでしていたら、
したことがないことはできないし、
すでにしたことがあるのなら、するに及ばないと思ってしまう。

したいことは、足下に舞い降りてきて、
それをすれば、遡って、したいことだったことになる。
足下に舞い降りてきたときには、
まだ言葉によって記述ができないけれど、
言葉をつかみ取って、「自己」と「他者」、
つまり、僕が、物と、人と、世の中と結びつく。

それもまた、自分の狭い視点を固定する。
では、言葉にするたびに、
僕と、物との、人との、世の中との、結びつきが失われていく、とも言える。
言葉を獲得することで、
言葉によって記述できないものごとを、
まったく見失ってしまうことも考えられます。
  1. 2018/08/23(木) 11:04:37 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

こんばんは、青梗菜さん。

>まず、「他者」との関係が作れない人は、
自己評価が定まらないだろうな、って思います。

う~ん。といっても、他者との関係といっても、それは固定したものではなくて流動的で、同一人物でも揺れ動いているでしょう。
自己評価は、「これ以上落ちようがない!」などと思っていても、わたしの「底」って何重にもなってるんだよね(苦笑)

>例えば、たくさんの本を読んでも、自己充足と自己閉塞で、
「自己」の狭い視点を固定するだけではないかと。

うん。自己の在り方の補強・補填という感じはします。
広がる=自己の限界を超える=他者になるって感じを持ったことはありません。(「自己」すなわち自己の限界だから)

>「自己」は、「他者」の寄せ集めにするほうがいいのかもしれない。
「自己」の中に、多くの「他者」が棲んでいる。

「わたし」は「他者」の破片でできたコラージュでありモザイクです。でも、それは「他者の集合」と同義なのか?

>したいことは、足下に舞い降りてきて、
それをすれば、遡って、したいことだったことになる

「欲する」わたしは友達を欲する、恋愛を欲する。けれどもそれは決して舞い降りてはこない。そのすべてが宙吊りになっている「したいこと」たちは?
人とも、モノとも、世界との「アンプラグド」状態。

>言葉を獲得することで、
言葉によって記述できないものごとを、
まったく見失ってしまうことも考えられます。

「言語」の外側に世界はあるか?
昔はそんなこと疑いもしなかったけど、今はいろいろなものが自明ではなくなりつつあります。









  1. 2018/08/24(金) 01:12:50 |
  2. URL |
  3. Takeo #KrjhbhPI
  4. [ 編集 ]

Takeoさん、こんにちは。

>う~ん。といっても、他者との関係といっても、それは固定したものではなくて流動的で、同一人物でも揺れ動いているでしょう。
うん、そうそう。
>まず、「他者」との関係が作れない人は、
>自己評価が定まらないだろうな、って思います。
これは、意訳すると、仲良し、ってことかな♪
僕は君が好きらしくて、君は僕が好きみたいで、僕は君に好かれているようだ、っていうのを、
他者との関係とか、自己評価に言い換えてます。

さらに言えば、僕たちは、
くっついて、ぬくぬくして、ごろごろして、いちゃいちゃして、
閉鎖的で、無防備で、静かで、和やかで、
自己・他者との関係と、自己・他者評価がぴったり照合するような関係・評価を求めている。
ラブラブってやつです。

>広がる=自己の限界を超える=他者になるって感じを持ったことはありません。(「自己」すなわち自己の限界だから)
はははw、自己の限界を超える他者、ってのは、そもそも、自己には理解不能になりますね。
一方で、なりたくない他者、ってのは確かにいて、
小さい男だわ、とか、こじれた女だな、とか、
自己の中にある意味とか価値とかに、収まってるよね。
他者というのは、そのほとんどが、分かり合えないか、馬鹿にするかの二択になりそうだw。
そんな他者なのに、友達を欲する、恋愛を欲する。
僕にとっても、主訴ですよ、これは。
  1. 2018/08/24(金) 12:31:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1707-e04972ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)