FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

100,000km


    180816a.jpg

    それから何年経つたことか
    汽笛の湯気を茫然と
    眼で追ひかなしくなつてゐた
    あの頃の俺はいまいづこ

    今では女房子供持ち
    思へば遠く来たもんだ
    此の先まだまだ何時までか
    生きてゆくのであらうけど

    生きてゆくのであらうけど
    遠く経て来た日や夜の
    あんまりこんなにこひしゆては
    なんだか自信が持てないよ
    
    頑是ない歌、『在りし日の歌』より/中原中也



    

    ―― 結詞/井上陽水
    ―― 井上陽水 作詞作曲、1976、FOR LIFE



    ―― 中原中也詩集/大岡昇平 編、1981、岩波文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年08月19日 00:14 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1704-c06ba31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)