FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

哲学、思想、政治、戦略、戦術 (`ε´) 3/x


「哲学」は、することだが、
さらに言えば、してしまうことで、
それは、もとより余計なことであり、
余計なことは、なるべくならしないほうがいい。

「哲学」に向かうリソースを、
「政治」や「戦略」や「戦術」に、
振り向けて集中させたほうが、
パフォーマンスが向上すると思われる。

それでも、考えるのなら、考えてもいいし、
考えないのなら、それでもいい。
どのように考えてもいい。
深刻でも、お気楽でも構わない。

「哲学」するときの、
考える、というのは、
考えろ、と言われても、
考えられるものではないし、

考えるな、と言われても、
考えてしまうもので、
自分でも、他人からも、
制御できないものである。

気がつけば、ついつい、
考えてきたことであり、
振り返れば、ついつい、
考えずにきたことである。

誰だって、あらゆるものごとについて、
考えを巡らせているわけではなく、
考えていないものごとについては、
考えていないことにさえ気づかない。

考える、考えない、そのどちらも、
ことさらに、ご立派なことではなく、
とりわけて、お粗末なことでもなく、
どっちでもいい、ってことになる。

自分で考えることを、
立派なことにしてしまうと、
自分が利口に思えてくるし、
自分が考えたことを、

粗末に扱われてしまうと、
他人への怒りがわいてくるけれど、
実は、できることをして、
できないことをしなかった、

たぶん、それだけのことなんだ。



    

    ―― ひまわり/小島麻由美
    ―― 小島麻由美 作詞作曲、2001、Pony Canyon



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年08月06日 12:14 |
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1699-5a3b95ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)