FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

自由、それ以前 (`ω´)キリッ 1/x


日本列島=日本国家=日本国民、
それらを、ぼんやりと等号で結び始めたのは、
どんなに早くても江戸の中期だろう。
日本国、っていう概念は、
明治になって作られて、
ゆっくりと国が固まってきた。

自由、ってのも同じように考えてみる。
政治的に、宗教的に、社会的に、
ヒエラルキーにがちがちに封じ込められていた頃なら、
自由なんてものはなかった。
自由ってのも、ほんの仮初めの、
浅い歴史しか持ち合わせていない。

自由ではなかった、のではない。
自由なんてものがなかった。
自由なんて知らなかった。
だから、自由も不自由もなかった。
有無ではなくて、空(くう)だった。
自由という概念がなかった。

自由は、自らに由(よ)る。
自由が成り立つためには、
あらかじめ、または同時に、
個人、ってのが成り立っている。
社会にぐるぐるに縛りつけられていた頃なら、
個人なんてものはなかった。

自由とは何か、なんて問いは、
僕には、無理かもしれない。
僕は、不自由ではなかった、のではない。
不自由なんてものがなかった。
不自由なんて知らなかったし、
そして、だから、個人だった。

僕は、自由でない、ってことを知らないし、
個人になる、ってことが分からない。



    

    どうして 歴史の上に言葉が生まれたのか
    太陽 酸素 海 風 もう充分だった筈でしょう

    ―― 本能/椎名林檎
    ―― 椎名林檎 作詞作曲、1999、東芝EMI



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年07月07日 22:12 |
  2. 自由
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1676-833b7f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)