FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

言えなかった言葉 3/3


どんな経験をするにしても、
僕たちは、その経験を言葉にしなければ、
自分の経験にはできない。

他人には、取るに足らない出来事でも、
自分が言葉を与えることによって、
その出来事は、自分の経験になったりする。

しかし、自分が感じたこと、思ったことは、
自分でもつかみどころがなくて、
とても、他人に伝えられるようなものではない。

だから、どこかで聞いたような、
よくある言葉で述べないと、
誰にでも分かるようには書けない。

書き手が忘れてはならないのは、
自分が書いたありふれたテクストを、
自分の経験にしないこと。

でないと、まだ言葉が与えられていないはずの、
書き手の心の内が、
ありふれた経験に置き換えられてしまう。

僕たちには、いつも、必ず、
言えなかった言葉がある。
いつだって、自分の言葉を捨てている。

書き手は、よくあるテクストを書き、
読み手は、それを了解する。
例えば、共感とか、相互理解とか、

分かり合える、なんて言いながら。



    

    ―― Eyes Were Young/Little Barrie
    ―― 2013、Hostess Entertainment



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年05月19日 12:21 |
  2. テクスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

青梗菜さん、こんにちは!!^^

>しかし、自分が感じたこと、思ったことは、
>自分でもつかみどころがなくて、
>とても、他人に伝えられるようなものではない。
自分でつかむことができた部分?がいくつかあったとして、その内、自分が大事?だと思った部分の内、言葉に変換できた部分?だけを言えれば、満足かも、私という自分?は。(このコメントのように?)m(__;m(送信、押しちゃえ。→俺)

  1. 2018/05/20(日) 13:27:48 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

俳句は詩だから、
わけが分からなくてもいいですよ。
誰にでも分かる詩なんて、
そんなもの、わざわざ、がたおさんが書かなくても、
誰かが書いてればいいですよ♪
  1. 2018/05/20(日) 20:18:54 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

で、分かり合えるように、わざわざ書く必要があるのか?という疑問が〜。
つまり、分かる人にだけ分かってもらえばいい。という考えもあるかな。
  1. 2018/05/20(日) 20:21:57 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>で、分かり合えるように、わざわざ書く必要があるのか?という疑問が〜。
>つまり、分かる人にだけ分かってもらえばいい。という考えもあるかな。
はい、そうなんだけど、今回は、
言葉にしなければ、自分の経験にはできない、ってことも、
自分が感じたこと、思ったことは、他人に伝えられない、ってことも、
自分が書いたありふれたテクストを、自分の経験にしない、ってことも、
分かる人には、丸ごとぜんぶ、分かってもらいたいわけです♪w
  1. 2018/05/20(日) 20:36:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1648-1077b035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)