FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

自由、について 2/x


さて、幸福の国、
といえば、ブータンだ。
      ―― この前は、スーダン、
      ―― って言ってたよなw。

ブータンとスーダンは似ているし、
ピーマンもパーマンも似ているし。
      ―― 駄洒落が好きなのか?
      ―― それぞれ容易に区別はつくだろう。

ピーマンは野菜で、
パーマンはアニメなりよ。
      ―― それは、コロ助。
      ―― もういいから、話を進めてくれ。

ブータンは国で、
スーダンも国でおじゃりまする。
      ―― それは、電ボ。
      ―― もういいよ、ほんとうにもういい。

ブータンの人口は、約80万人。
東京ドームに換算すると、
      ―― それも、もういい。
      ―― 横浜スタジアムもやめてくれ。

ブータン国民の身長を150cmとして縦に積むと、
東京スカイツリーの1,893個分になる。
      ―― ブータン国民を縦に積むな。
      ―― それでなにが分かるんだ?

そして、横に寝かせて並べると、
信濃川の3.27倍になる。
      ―― 横に並べるのもやめろ。
      ―― さっきから、なにをやってるんだ?

南スーダンには、2012年から2017年まで、
自衛隊が派遣されていた。
      ―― 国連平和維持活動、
      ―― PKO、ってやつだ。

それに先駆けて、ブータンには、2006年に、
荒川区の職員が派遣されている。
      ―― そうなのか。
      ―― それらを同列に扱っていいのか?

荒川区の隣の隣の豊島区に、
二葉亭四迷の墓がある。
      ―― 隣の隣、って遠くないか?
      ―― かなり離れてないか?

晴れた日には、二葉亭四迷の墓から、
富士山が見えるだろう。
      ―― なんだか、気になるフレーズだ。
      ―― また、強引に持って行こうとしてないか?

よく知られた話だが、二葉亭四迷は、
「ぶっコロ助、なりよ」をもじって名づけられた。
      ―― まったく違う。
      ―― どうしたって二葉亭四迷にはならない。

      ―― しかし、そこに持って行くか?w



    

    Mm, I get high with a little help from my friends,
    Mm, gonna try with a little help from my friends.

    ―― With a Little Help from My Friends/Vintage Trouble
    ―― Paul McCartney、John Lennon 作詞作曲、1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年04月21日 12:02 |
  2. 自由
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1631-9fa6d34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)