FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

人それぞれ 17/xx


人は、それぞれ、自分が正しいと思っているけれど、
多くの正しさは、法律や、道徳や、慣習で決まっている。
そんなのは、僕がどう思っていても、世の中が正しくなる。
世の中が間違っていても、世の中の正しさは無視できない。

だから、僕が自律的に正しいと思っている正しさの多くは、
正しいとも、間違いともいえない正しさである。
誰にとっても、正しいと決まった正しさではなく、
僕にとっても、間違いかもしれない正しさになる。

そんな正しさは、いつでも正しいわけでも、
いつまでも正しいわけでもないから、
決定を見合わせた、暫定的な正しさと考えていい。
僕は、いつでも、自由に、間違いにしていい。

僕は、僕の正しさを更新してもいいし、
正しさに変更が加えられてもいいし、
正しさを捨ててしまってもいいけれど、
正しさは、常に見直されなければならない。

そのためには、僕が持っている正しさを、
揺さぶってくる他人が必要になる。
僕に見直しを迫る他人が必要になる。
そんな他人を、「人それぞれ」で片づけてしまえば、

僕は、誰とも出会っていないのと同じだろう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年04月13日 21:02 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

正しさってのはほんとは
ととのって,すましてそこにある,以上の意味はない。

善はもっとどうでもいいことばでw
正しさには,どういうただしさ,というひろがりがある

正統なのか,正当なのか,ただのその一瞬の正答なのか
ただしい,ってのは「ヒトそれぞれ」とおなじくらい
無味無意のことば
正しい自体に,にはそもそもあらわすべき価値なども相反する価値もないし

正負? 正準?

正しい,それジタイにいみがあるとすれば,五ですよ

正の字を書いて書き連ねていくあの。

五,はもちろん完整の,数詞ですからねw




  1. 2018/04/17(火) 15:03:16 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>正しさってのはほんとは
>ととのって,すましてそこにある,以上の意味はない。
うん、方形や円に、正しさを与えると、正方形や正円になる。
長方形が誤っているわけでも、
楕円が間違っているわけでもないけれど、
整っているのを正しいと呼ぶ。

正しい、ってのは、判断だから、
判断にすぎなくて、判断でしかない。
正しさを知っている、なんて言ってる人には、
それがどうした? って返したくなるw。
判断の基準は、ぶっちゃけると好き嫌いになるから、
理由は後からつけられて、
ずれてるし、はみ出しているけど、
誰に間違いと言われても、僕は正しい。
誰にかっこ悪いと言われても、僕はかっこいい♪w

でも、複数の人で決めるときは別の自分にならなきゃですわ。
真実を求める目的を持って関与する。
僕は、自分のためにも、他人のためにも寄与するから、
人それぞれ、なんてあり得ない。

>善はもっとどうでもいいことばでw
ふふふw。
  1. 2018/04/17(火) 21:00:51 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1625-807f69cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)