FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

人それぞれ 8/x


        互いの言葉が通じて、
        互いの感受性が共感されて、
互いの価値が共有されるときは、
僕は、「人それぞれ」なんて言わない。
        通じる言葉は、共感される感受性は、
        共有される価値は、
世の中の当たりまえから、いくぶんかは、
逸脱したものであるにもかかわらず。
        つまり、「人それぞれ」が、
        前提になっているにもかかわらず。

相通じるのが、ありきたりの言葉や、
よくある感受性や、ありふれた価値なら、
        そんなものは、もとより、
        「人それぞれ」ではないし、
そんな当たりまえの言葉なら、
僕は、わざわざ何かを言う気にもなれない。

        僕にとって、言葉が通じない人、
        疲れる人、面倒くさい人、気持ちが悪い人。
それらの、僕とは違う逸脱に対して、
僕は、「人それぞれ」と言う。
        きっと、「人それぞれ」と言うときは、
        「それぞれ」の「人」が、互いに、

        「人それぞれ」と言うことになる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年04月02日 12:02 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

言葉がものすごく通じるとさ。
なんで言葉だけで通じるんだろうな,とあらためてよく思う。
通じる理由も通じない人との違いもなんなのかはさっぱりわかんないよ

かといって通じてるという確信は持ってる。
へんだなあ,とおもう
論理性ないよね,対話するという作為,それジタイには。
対話のなかみに論理性の構築はあるとしても

いやがたおさんのハナシじゃないよw(とあえて言明)
  1. 2018/04/02(月) 18:34:43 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>言葉がものすごく通じるとさ。
>なんで言葉だけで通じるんだろうな,とあらためてよく思う。
通じる人とは通じますよね、言葉だけで。
言葉が通じるなんて、
それだけで、すごくうれしい♪

>通じる理由も通じない人との違いもなんなのかはさっぱりわかんないよ
ふふふw、世の中に流通している言葉だけで、
最大公約数的なことばかり言ってれば、きれいに割り切れる。
そんなものを、言葉が通じるという人もいるんだけど、
でも、そんなもので、言葉が通じたことにしないから話がややこしいw。

>かといって通じてるという確信は持ってる。
割り切れない余りが、言葉が通じるかどうかなのかもしれない。
余りを、余りのままに余らせてくれる人がいるんだ。
なんのこっちゃですけどw。

>論理性ないよね,対話するという作為,それジタイには。
>対話のなかみに論理性の構築はあるとしても
日本語って、出来損ないだからw、
同義語の選択、別の言い方、類似の表現で、
違う結論に誘われてしまうような危うさがある。
何か言葉を発するたびに、
日本語テクストのぶ厚い層にアクセスすることになり、
積もりに積もった日本語が絡みついてくる。
書き言葉でも、ふらふらしているから、
話し言葉なら、もっと誘う。
それが邪魔なときは、味もそっ気もない、
形容詞もない、オノマトペもない、下手くそな、
パズルみたいな文章になりますw。

>いやがたおさんのハナシじゃないよw(とあえて言明)
なんのこっちゃですけどw。
  1. 2018/04/02(月) 20:43:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

人それぞれ、なんですけど、
それで、いいんですけど、
それぞれ、の中にも、
好きなそれぞれと、
イヤなそれぞれが、ありますよね。
私はあなたと違うけど、それ、いいね。
と思える人を、近くに置きたい。
  1. 2018/04/02(月) 23:52:55 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>それぞれ、の中にも、
>好きなそれぞれと、
>イヤなそれぞれが、ありますよね。
うん、必ずある。
ってか、好き嫌いだけのような気がしてきたw。

言葉が通じても、感受性が共感されても、
価値が共有されても、
その人のことが好きでなければ、
うれしくならないよなぁ。

理由も何もなくて、わがままなんだけど、
それくらいのわがままは、
誰に対しても言わせてもらうぞw。
  1. 2018/04/03(火) 12:05:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1616-e9fac8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)