FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

何の因果で 23/xx


善果からの要請で善因が生じる。
その実質は、善因善果の物語の創作であり、
ありていにいえば、善の創造である。
善因が付与された者は、拍手を浴びながら、
善人として召喚される。

悪果からの要請で悪因が生じる。
その実質は、悪因悪果の物語の創作であり、
ぶっちゃけ、悪の創造である。
悪因が付与された者は、ブーイングの中、
悪人として召喚される。

僕たちは、行為の時には、
ぼんやりと、まとまりを得ない善を為す。
僕たちの世界は、幸か不幸か、
いい加減で、適当で、矛盾だらけで、
予測がつかないから、

僕たちの善も、いい加減で、適当で、矛盾だらけで、
当てずっぽうでないと機能しない。
それは、手元にある僅かな情報での推測や、
不完全な根拠に基づくメッセージであり、
善というには、あまりに心許ない。

僕たちは、あまりに何も知らない。
考える気が失せるくらいに、
考えてもしかたがないくらいに、
それを認めたくないくらいに、何も知らない。
善悪は、知らないことから、

そして、知ることから逃れるための、
フィクションである。



    

    ―― Spring ~ The Four Seasons/Antonio Lucio Vivaldi
    ―― Julia Fischer、Academy of St. Martin in the Fields



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年03月13日 12:02 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

対句?始まりですね。完全な情報はムリだよね、きっと。m(__;m
  1. 2018/03/13(火) 20:12:04 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>対句?始まりですね。
うん、表したかったのは、
善と悪の対称性。
ってことは、
次は、その非対称性について書くと思う。
僕によくあるパターンとしてw。

玄さんのコメントの、
>惡の反対は何か,といえば「好もしい」「好き」だったりします
ってのが善と悪の非対称なんだけど、
日本語って、だめな言葉なんだわw。
日本語だけでは、説明もできない。

>完全な情報はムリだよね、きっと。
無理、無理、
善悪なんて、当てずっぽうです。
  1. 2018/03/13(火) 20:56:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1599-9cf6ee3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)