FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

何の因果で 19/xx


善因善果、なんていうけれど。
ことさらに、道徳的な「善」を、
判断基準にしているわけではない。

道徳の物差しを取り出してきて、
道徳の目盛りで測って、
照合しているわけではない。

善は、共同体の利益となる行為、
善に対しての悪なら、
共同体の不利益になる行為をいう。

仏教の善も、漢字としての善も、
また、それぞれに異なる意味を持ち、
違う文脈を背負っているのだろう。

それはそれとして、善は、よい、ってことだ。
悪いことではなくて、よいことをする、
僕たちの善は、それくらいの意味になる。

よい、ってことは、
良い、善い、好い、佳い、ってことで、
意味は括れないけれど、

括れないままの、よい、ってことだ。
どんな基準の、よい、なのかを、
いちいち考える人はいない。

同様に、「悪」の意味も、
ぼんやりしていて、まとまりを得ない。
良い、善い、好い、佳い、ってのを、

ひっくるめた対義の、悪い、になる。



    

    ―― Bonneville Ride/Little Barrie
    ―― Barrie Cadogan 作詞作曲、2013、Tummy Touch Records



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018年03月10日 20:07 |
  2. 馬鹿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

善の本義は英語でいうところのラッキー,ですね,吉祥,人知はわりと関係ないw
羊がはいる字はみな「いいこと」。ただたんに「いいこと」をいうことばであることがおおいw「義」なんてのもそうです.
正しいではなく義しいヒト,義人というのはただ「悪意がない」人をいうのかもしれません。

漢語としての「善」字にはもともと実態がなくてw,もともとはねw
意味があるとすると,それは,ね,「擅(ほしいまま)にものごとがうごく」くらいのカンジですか,本字は嬗おんなへんに亶と書きます
亶,はただあるがままに,の意味です,

一方惡には心字がはいる。人類がいて,ココロあり,意志もて初めてある,おこりうる現象w
惡の反対は何か,といえば「好もしい」「好き」だったりします
つまり惡とは,憎い,憎しみのココロのことを「惡」といいます


喜歡好人,憎惡壞人,
これがイコール善人悪人の定義だったりするという。(壞人はココロ壊れた人)

善にはもともと何の意味もなく,秤としても,分銅としてもない。重さのない言葉なのに,なにか実体があるように言うのが人の心理。ひとのさが,という・・・・なにか下心を以て,価値観の共有を強いる時つかわれることばなのかもしれませんねwこの頁にはかんけいないことですが

とはいえ

そのシタゴコロ,こそ,「因果」なのかもしれませんがw

  1. 2018/03/12(月) 02:26:02 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>漢語としての「善」字にはもともと実態がなくてw,もともとはねw
ですか~w。
うん、ざっくり、よい、ってことで。

>意味があるとすると,それは,ね,「擅(ほしいまま)にものごとがうごく」くらいのカンジですか,
なるほど~、肯定感を伴う let it be ってことで。

>一方惡には心字がはいる。人類がいて,ココロあり,意志もて初めてある,おこりうる現象w
悪は、否定的な let it go だ。

>喜歡好人,憎惡壞人,
喜歓のときは好人、憎悪のときは壊人、
って、実は何も言ってないな、これw。

>ひとのさが,という・・・・なにか下心を以て,価値観の共有を強いる時つかわれることばなのかもしれませんねw
何も言ってない、というのは、
耐性が求められると思うのです。
人は、何かを言わずにはいられないw。
がまんができない。

>なにか下心を以て,価値観の共有を強いる時つかわれることばなのかもしれませんねw
好人のときも、壊人のときもあるよね、
ってのは、耐えられない。
下心を抑えることができない。
善か悪かに二分して、
善人とか悪人とかの属性を決めないと話にならない。
実は、ほめるか、けなすかなんだけど。

例えば、愛国心、なんてのは、
自分が寝起きしている地べたを基点に始まると思うのですけど、
それでは、反中反韓に行き着かない。
自国を愛することと、隣国を嫌うことは、
セットにしないと話にならない。
実は、ほめるか、けなすかなんだけど。
下心なんだなぁ。
  1. 2018/03/12(月) 23:07:14 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1595-8a738f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)