FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

ミニと道と僕


ミニに走る能力があっても、
道がなければ、僕は、
走ることなんて思いつかない。
心は環境と相互に作用し、
環境の側が走る気持ちを起こさせる。
道があるなら、心は無にして為される。

むしろ、環境が、
ほとんどすべてと言っていい。
だから、なぜ走るのか、
と問われたなら、ひとまずは、
道があるから、と答えよう。
道があるなら、身体は自ずから然れる。

道があっても、誰も走らない道なら、
それは道とは呼ばれない。
誰も通らない道なんて、
あってもどうしようもない。
ミニと道と僕とが揃って、
走ることで、道は道になる。

だから、理屈をこねていても、
仕方がないんだ。
道は、無にして為され、
自ずから然れる。
オイルが温まって、
アイドリングが安定してきた。

道があるなら、走らなきゃ。



    170608b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月21日 21:51 |
  2. ラパン/ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>道があるなら、身体は自ずから然れる。
みちがあるなら、からだはおのずからされる、と読みますか?

>道があっても、誰も走らない道なら、
>それは道とは呼ばれない。
>誰も通らない道なんて、
>あってもどうしようもない。
>ミニと道と僕とが揃って、
>走ることで、道は道になる。
でも、高村光太郎の『道程』?には、ミニも道も要らないのではと妄想しました。m(__;m
  1. 2017/11/24(金) 20:57:46 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>みちがあるなら、からだはおのずからされる、と読みますか?
はい、然るべく。

「道程」も「登幽州台歌」も「昴」も、
歩いてるもんね。

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
前不見古人
後不見来人
念天地之悠悠
独愴然而悌下
我は行く
蒼白き頬のままで
我は行く
さらば~昴~よ~

立派だねぇ。
僕はミニで行くよ。
  1. 2017/11/24(金) 22:32:34 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1514-60124d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)