馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

I mean it must be high or low.


        他の誰かからのメッセージが僕に届いても、
        僕の思考の枠組みに収まってしまうのなら、
        僕は誰とも出会えない。
そんなのは、自分と出会っていることに過ぎない。
みんなには、高すぎるか低すぎるのだろう、
なんてのは、自分の視点を固定しているだけ。

        一人よがりなら、Yes ってのは、Yes でいい。
        高いか低いかは知らないけれど、
        自分の中に他人を内面化させて、
その他人が異議を唱えているから、
No ってのは、Yes のことで、
Yes ってのは、No のことになる。

        君も僕に合わせることはできない。
        それは悪いことではない。
        僕の樹は、僕が他人と呼べるような他人には、

        必ず、高すぎるか低すぎる。



    



    ―― Strawberry Fields Forever/The Beatles
    ―― John Lennon 作詞、Paul McCartney 作曲、
    ―― 1967、Parlophone



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年11月13日 20:21 |
  2. 荘子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>        僕の樹は、僕が他人と呼べるような他人には、

>        必ず、高すぎるか低すぎる。
「他人と呼べるような他人」とは、

>        他の誰かからのメッセージが僕に届いても
その人から、メッセ-ジを受け取りたくないと思うような、その人のこと、だという認識です。近いですか、それとも、遠いですか?m(__;m
  1. 2017/11/14(火) 22:33:44 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>その人から、メッセ-ジを受け取りたくないと思うような、その人のこと、だという認識です。
ふふふw、ほんと、その通りだと思います。
話が通じない相手とは関わりたくないもの。

ブログも含めて、SNSって、
同じ考えの人だけでつながって偏見を増長させ、
互いにほめ合っているうちにいい気になって、
自分をよく見せているうちに勘違いしてしまうような、
思い上がりのツールです。
そんなのは、自分と出会っていることに過ぎないな。
  1. 2017/11/14(火) 23:23:08 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1507-4adf8e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)