FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

色即是空 (*´ω`) 2/x


道元は、乗り気がしない鎌倉での教化を終えて、
越前に帰ってきた。
北条時頼は寄進を申し出てきたが、
道元はそれを断った。
道元は、師匠である如浄(にょじょう)の教えを守る。
国王大臣には近づくな。

帰国布化、広利人天、
莫住城邑聚落、
莫近国王大臣、
只居深山幽谷、
接得一箇半箇、
勿令吾宗致断絶。

道元の弟子の玄明(げんみょう)は、
如浄の教えなんか知らない。
時頼からの越前の土地の寄進状を、
ドヤ顔で持ち帰ってきた。
寄進は時頼の好意であり、
玄明はそれを喜んで触れ回った。

道元は怒って、玄明を追放した。
喜悦の心が汚い、という理由で。
その際、玄明が坐禅をしていた禅床の、
床板を切り取って、
一説には、さらに、床下の土まで、
掘り捨てること7尺に及ぶ。



そんな行動には、
僕は、選好を示してもいいだろう。
フローリングを剥がして、
その下の土も2mほど掘って捨てる。
異常に不寛容なのか、
病的に潔癖なのか。

怒りを抑えることができずに、
感情に任せた過剰な報復か、
潔癖へのこだわりが強くてキレたか、
前代未聞の小さい男だ。
悟った人のふるまいなど、
僕には理解できないけれど、

そこまでするか。



    

    弱い者達が夕暮れ
    さらに弱い者をたたく
    その音が響きわたれば
    ブルースは加速していく



    ―― TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS
    ―― 作詞、作曲、真島昌利、
    ―― 1988、メルダック、徳間ジャパンコミュニケーションズ



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月26日 12:31 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1467-6b061d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)