FC2ブログ

tetsugaku poet

qinggengcai

色即是空 (*´ω`) 1/x


師帰越前後(しゑちぜんにかへりてのち)、
最明寺殿(さいみやうじどの)、
願心(ぐわんしん)を遂(とげ)んが為(ため)に、
越前国(ゑちぜんのくに)六條堡(ろくでうのとりで)、
二千石(にせんごく)の所(ところ)を、
永平寺(えいへいじ)の領(りやう)に寄進(きしん)ありけれども、
師(し)ついに受(うけ)られず。
玄明首座(げんみやうしゆそ)と申(まをす)僧(そう)、
この寄進状(きしんじやう)を将(もつ)て、使(つか)ひせられしなり。
彼堡(かのとりで)御寄進(ごきしん)を歓喜(くわんき)して、
衆中(しゆちう)に触(ふ)れありき玉(たま)ふを師(し)聞玉(きゝたま)ひて、
この喜悦(きえつ)の意(こゝろ)、きたなしとて、
すなわち寺院(じゐん)を擯出(ひんしゆつ)し、
玄明(げんみやう)の坐禅(ざぜん)の床(とこ)までも、
截取(きりと)りたりと云伝(いひつた)ふ。
前代未聞(ぜんだいみもん)の事(こと)なり。
―― 建撕記(けんぜいき)



―― 訂補建撕記圖會(てん(ママ)ほけんせ(ママ)いきづゑ)/鷲尾順敬 校訂、
―― 1931、東方書院



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年09月26日 12:27 |
  2. 色即是空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1466-83a43000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)