馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

不代替なもの (`ω´)キリッ 5/x


常識外れなままで、
まだ続けてみる。
善悪も知らなかった自分を、
うまく扱い切れなくて困る。
たぶん、答は出ない。


善とは、共同体の利益になる行為で、
対して、悪とは、
共同体の不利益になる行為をいう。
定義は、以上だが、
そんな定義は、まるで役に立たない。

その善を同じくする者の集まりが、
その共同体であり、
いくつもの共同体があるのなら、
みんなで共有できる善など、
ないと言っているに等しい。

そして、差し迫った具体的な善は、
まだ定義されていないから、
僕たちが、善について考えるときには、
それを自らの言葉で再定義する努力が、
欠かせないことになる。

善などない、と言ってしまえば、
人がいるだけになる。
善人も、悪人もいない。
あるのは、共同体を構成するゆえに、
善人にも、悪人にもされてしまう、

人の幸と不幸だけになる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年07月17日 00:21 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1414-45b4bed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)