tetsugaku poet

qinggengcai

哲学は、趣味


スピは、宗教、
哲学は、趣味。
どちらも、必要ではない。
なくても生きて行ける。
        役に立つとか、
        立たないとか、
        そんなのは知らないし、
        どっちでもいいし、
やれと言われても、
やらない人はやらないし、
するなと言われても、
する人はしてしまうし、
        やり方を習っても、
        やらなきゃできないし、
        やり方を知らなければ、
        いくらやってもできないし、
僕の代わりには、
誰もやってくれないし、
代わりに誰かがしていても、
僕には何の意味もないし、
        何のためにもならなくても、
        誰のためにもならなくても、
        やめられないうちは、
        続けるしかないような、

        哲学は、自分と世の中について、
        考える趣味である。



    130203.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年07月09日 17:21 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>スピは、宗教、
>哲学は、趣味。
>どちらも、必要ではない。
>なくても生きて行ける。
スピにハマる?のは結構?紙一重かも。スピが宗教なら、ないと生きていけないかも。弘法大師が、スピをやっていたか、いなかったかを、調べたいのですが、むずいかも。m(__;m
  1. 2017/07/10(月) 00:28:48 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>弘法大師が、スピをやっていたか、いなかったかを、調べたいのですが、むずいかも。
どこにも載ってないと思うよ、弘法大師とスピw。

載ってないなら、載せましょう。
弘法大師が、僕たちと同じ五感で世界を感知していたとすれば、
僕たちと同じようなイメージで、
同じように時間や空間を感じていたと思います。
弘法大師の世界の観念は、僕たちと同じで、
その観念が、自らを世界から分離させているなら、
弘法大師は、スピをやっていないように思います。

時空を超えるとは、超えるも超えないもなくなることで、
世界と一体になるとは、なるもならないもなくなることで、
語った途端に直ちに矛盾であり、
その一方で説かれる、
自分が変われば世界がなんたら的な分離、
大自然のなんたらを感じる的な観念、
それらも矛盾であり、
仏教は、僕ごときが気づくような矛盾を放置しません。

スピは仏教を密輸して取り込みますが、
仏教にはスピから逆輸入したいものは何もありませんよ。
  1. 2017/07/10(月) 12:10:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1408-22ab4bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)