馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

哲学は、正直


僕が、今まで生きてきた、
あらゆる経験を捨象しても、
自分、というものが、
どこかに存在すると思えることは、
どういう間違いだろう。

今の僕が、このように在るのは、
そして、このようにしか在り得ないのは、
偶然の積み重ねであり、
別の偶然が積み重なっていても、
それはそれで、別の僕が在り得たと思う。

なぜ僕は、こんな僕であり、
ほかの誰かのような僕ではないのか、
そんな問いが意味を持たないのは、
さまざまな経験をした、
なれの果ての僕が問うからである。

そのように問う僕になったから、
僕はそのように問うのであり、
そのような問いを無化する僕になったから、
もう僕はそのように問うことはない。
もしも、僕が、スピが与えてくれる答を信じるのなら、

スピを信じる僕になり果てただけのこと。



    170629.jpg



僕は、例えば、人が生まれてきた理由、
なんてのは、問いも答も理解できないけれど、
僕が、理解できないのなら、
僕は、理解できないことを大切にする。
不正直に、理解しているかのように扱わず、

正直に、理解できない僕でいい。



私はかつて正しかったし、今もなお正しい。
いつも、私は正しいのだ。
私はこのように生きたが、また別の風にも生きられるだろう。
私はこれをして、あれをしなかった。
こんなことはしなかったが、別なことはした。

そして、その後は?
私はまるで、あの瞬間、自分の正当さを証明されるあの夜明けを、
ずうっと待ち続けていたようだった。
―― 『異邦人』/アルベール・カミュ 著、窪田啓作 訳、
―― 1954、新潮文庫



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月29日 22:34 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

で、結論として、青梗菜さんは、「自分」というもの、魂でも霊魂でもいいんですが、認めるのかな、それとも、心は、脳の産物と考えるのかな?
いろんな経験をして、別の自分もあり得たけど、もう、昔の経験をやり直す訳にはいかないから、今の自分を認めざるを得ない。これは諦念とは違うな〜。
ただ、昔の経験が今の自分を作っている訳だから、それを捨てて、はい、未来にだけ目を向けましょう。などというアドラー心理学も違う。
では、どう生きたらいいのか?難しい。
  1. 2017/06/30(金) 07:40:49 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>で、結論として、青梗菜さんは、「自分」というもの、魂でも霊魂でもいいんですが、認めるのかな、それとも、心は、脳の産物と考えるのかな?
スピは心身二元論だから、心を切り離してしまう。
離れた心はさまよっているわけにはいかないから、
まとめる者が要請される。
神とか、宇宙の法則とか。
仏教は、身心一如ね。
僕は、スピよりも仏教のほうが好き。

別の自分もあり得たけど、その別の自分を考えるのは今の自分です。
別の自分があったとして、その別の自分を考えるのは、別の自分でなきゃならない。
だから、別の自分があり得た、なんて思うのは間違いです。

スピは、僕には立派すぎるなぁ。
魂のレベル、とか、愛の度数、とか、
僕には無理、まるで理解できない。
神や宇宙ではなくて、
僕の身の周りの日常や、
誰かの生活について考えること、
僕には、そんなことしかできないよ。
スピに言わせれば、
頭が悪い、感受性がない、レベルが低い、愛が足りない、
ってことになりそうだけど、
仕方がないよ、その通りだもんな。
  1. 2017/06/30(金) 10:43:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ただ生まれて、生きて、死ぬ。
私も、虫も、同じだと思うんですよね。
生きる意味とか、なんで生まれてきたかとか、
そんなものは、ないんじゃないかと。
もしくは、虫と同じくらいには、ある。
考えることを放棄しているわけではなくて、
ある、と考える方が、私にとっては不自然です。
人間なんてたいしたことないんだから、
たいした意味もないだろう、と思うのです。
  1. 2017/06/30(金) 19:24:20 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>ある、と考える方が、私にとっては不自然です。
ですよね~w。
生きる意味、なんて、
答よりも、その前に、問いが理解できないわw。

虫、ってみんな同じに見えるよね。
とりあえず、個性がない、ように見える。
同じような人たちの中に埋もれているときは、
みんなで生きる意味を共有したくなる。
それって、生きてる意味がない、
って感じていることの裏返しなのに。

そんな意味に収まらないくらいの、
はみ出しかたをしているときは、
生きる意味なんて問いを無化できる。

>ある、と考える方が、私にとっては不自然です。
正直なんだと思います。
単純に、自分を信じている。
愛がない、とか、優しくない、とか、
見当違いなことを言われるけれど♪
  1. 2017/06/30(金) 21:21:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

生きる意味がない。と断言するのもまだはやく、人は、極限状況でも生きられるのは、何らかの希望があるからと思うのです。
アウシュビッツでも原爆でも、大震災でもなんでもいいけど、希望というものが一切失われたら、人は、簡単に自死すると思うのです。
だからパンドラの箱、最後に残されたのは、希望、これは意味深だなと。
  1. 2017/07/01(土) 00:15:18 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

僕は、まず、生きること自体には意味なんかない、
って認めてしまいます。
プリセットされた意味なんて、意味ではない。
誰かが教えてくれる意味には乗っからない。
意味は、すでに自分が担っています。

現実とか、世界とか、人生とか、
そんなものがあるとして、
それを読み解いたり、言い表したり、書き記したり、
そんなことが、すでに、現実を、世界を、人生を構成していて、
入れ子になってるよね。
自分の現実とか、自分の世界とか、自分の人生とかの、
言葉とか、物語とかは、
自分に訊かないで、誰に訊くのよ。
宇宙に訊くの? 霊に訊くの? 星に訊くの?
言葉とか、物語とかの実践が現実なのに、
言葉とか、物語とかが別のところにあると思ってるから、
徳間書店や、たま出版や、
サンマーク出版に訊くことになる。

>生きる意味がない。と断言するのもまだはやく、人は、極限状況でも生きられるのは、何らかの希望があるからと思うのです。
今、僕が極限状況を想うことは、
空想的な戯れの、それこそ物語に過ぎないから、
極限状況が現実になったときの僕に任せますわ。
そのときの僕は、そのときの僕に訊くしかなくて、
物語的というか、反物語的というか、反-反物語的というか、
僕は、なんらかの物語を用意してくれますよ。
  1. 2017/07/01(土) 20:24:01 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>私はかつて正しかったし、今もなお正しい。
>いつも、私は正しいのだ。
>私はこのように生きたが、また別の風にも生きられるだろう。
>私はこれをして、あれをしなかった。
>こんなことはしなかったが、別なことはした。
「正しい」を「正直だ」に読み変えたいと思いますか?私は思います。※理由:正しいより正直のほうが私にはわかりやすいため。m(__;m
  1. 2017/07/01(土) 20:57:59 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>「正しい」を「正直だ」に読み変えたいと思いますか?
隣のビートルに乗ってた人に、
きれいですね、
塗装をやり直してますよね、
って話しかけたのですが、
たいしてきれいではなかったのよw。

どちらかと言えば、とか、
少しくらいは、とか、
見方によっては、とか、
腐ったバナナと比べれば、とかw、
僕は、そんなのを省略しただけで、
嘘は言ってないつもりです。
  1. 2017/07/01(土) 21:15:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、

>僕は、そんなのを省略しただけで、
>嘘は言ってないつもりです。
それは、そう思っていますが、質問に答えてないのだよー!私の読解力?不足ですか?m(__;m
  1. 2017/07/01(土) 21:31:02 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

質問に答えてないのだよー
いつものことなので。
  1. 2017/07/01(土) 21:41:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

明日は、正直な、瀧野さんの誕生日。
本当正直、おそらく、原稿用紙に向かって、パソコンなんて、使うの忘れたのでしょう、去年の誕生日から全く、フェイスブック更新されてないけど、元気ならいいやと思うな。
  1. 2017/07/02(日) 22:52:38 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

「7月4日に生まれて」って映画があったな。
奥さんは堀北真希だっけ、もう忘れたよ~。

僕たちは、液晶ディスプレイを見ながら、
どれだけの時間を過ごすのだろう。
生命の定義の1つは、
生まれてから死ぬまでの時間の総和。
瀧野さんのことですから、
賢明な選択をしていますよ。
  1. 2017/07/03(月) 13:57:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1405-e45de495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)