tetsugaku poet

qinggengcai

哲学は、不快


反対に、なにより気分が悪いのは、
問いがあって、答がないこと。
答がない問いの答を考えること。
自分で考える気がない人にとっては、
これほど不快なことはない。
答を教わることができないから。

どこかに答があって、
自分はそれを見つけてきて、
理解すればいい、
そんな作法を、考える、
と呼んでいる人にとっては、
答は、教えてもらうものである。

スピは、答のない問いにも、
正解を用意してくれている。
答があるということは、
とても楽ちんなことだ。
本に書かれているにしても、
ネットに載っているにしても。

書かれたことがでたらめでも、
本に騙された、ネットに乗せられた、
などと、被害者になればいい。
誰かの答を信じて、
誰かの真似をしていれば、
誰かのせいにして生きられる。

たとえ、それが、
どんなに信じ難い答であっても。



    170608.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月25日 00:58 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コメント

歌になりそうですね♪

こんにちは(*^_^)/
哲学は○○シリーズ、ジョン・レノンのLoveの歌詞みたいです(笑)
ひとつの歌にできてしまいますね!
  1. 2017/06/25(日) 22:10:13 |
  2. URL |
  3. 在嶺結為 #roOum4UQ
  4. [ 編集 ]

どうしてわざわざ、不快なことをするの?
という素朴な疑問をぶつけられたときに、
答えられないけれど、
自分の外側にある答えは、答えじゃないから、
同意できないです。
違うものは、違うし。教えてもらっても意味ないし。
というか、実は不快ではないのかもしれないです。
でも、楽しくもないですよね。
選択できるものでもないのかもしれません。
分かり合えなさに、絶望し続けることが、
哲学なのか。
考え続けたら、どこかのタイミングで、
全部オッケー!
みたいに解き放たれる日がくるのか、
その道のりが哲学なのか。
  1. 2017/06/26(月) 01:07:11 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

写真の車の後部座席に乗っているぬいぐるみ?は、まりもこりんですか?m(__;m
  1. 2017/06/26(月) 04:23:27 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

結為さん、こんにちは。

ジョン・レノンは、Loveを定義します。
Loveも、哲学も、
こんなふうに考えなければならない、
って性質のものではないよね、たぶん。
だから、自分で定義しないうちは、
Loveも、哲学も、
それらとうまく関係が結べない言葉なんだと思います。
Loveも、哲学も、
言葉で定義を行うことは困難で、
せめてその困難さくらいは知らなきゃな、
なんて思っています。
  1. 2017/06/26(月) 20:26:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>自分の外側にある答えは、答えじゃないから、
>同意できないです。
まいまいさんが、何を言ってるのか、
分かる人は少ないと思いますw。

多くの人は、どこにでもあるようなもの言いでも、
誰かが言ってたようなフレーズでも、
自分の内側と外側が、一致してしまうのです。
自分の中に、言い淀んで、つっかえてしまうような、
そんな苦しい言葉がないのです。
つまり、内側が、主体が、自分がないのです。

表現とは、言葉だけではなく、
自分の内から外に表れる、
その人の居住まいも、佇まいも、しぐさも、歩き方も、
着るもの、持つもの、化粧も、帽子も、そのかぶり方も、
クルマも、その運転も、書かれた文字も、
ぜんぶなのですけどね。
自分の言葉も、行動も、
外側にある答では一致する感じが持てないから、同意できない。
つまり、内側が、主体が、自分が、違うと言ってきます。
違うと言ってくる内側が、主体が、自分があるなら、
哲学から逃れることはできません。
そのへんに落ちているような言葉で表される自分なんて、
ゴミみたいなものですよ。
  1. 2017/06/26(月) 20:27:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>写真の車の後部座席に乗っているぬいぐるみ?は、まりもこりんですか?m(__;m
あ、違う。
カエルのレインコートを着たクマです。
何の役にも立ちませんが、
後方視界を妨げてくれます。
  1. 2017/06/26(月) 20:28:11 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

夜中にこんばんは。
入試問題って、なんだろね。
正解がある。しかし、それは、問題を作った人の考える正解だ。
国語の現代文なんか特にそうだけど、自分で考えて答えを書いても、ダメ出しされる。
他人の「正解」を読まないといけない。
記述式でも問題が起きるから、ましてや、小説の選択肢問題なんて、どう?
僕は、大抵、小説の問題で躓いたし、今も躓くだろうなぁ。
で、考えることが嫌いになる人もいるのか〜〜。
自分で小説をこう読み解いたんだから、それは「正解」だろうに。
  1. 2017/06/27(火) 03:05:27 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

入試は高校生向けの問題だから、
高校生向けの正解でいいよ。

自分の言葉で語ろうとするから誤りとされる。
正しい答を選びたかったら、
文学を、自分の経験と照合させない、ってことね。
で、そのまま大人になったとして、
それは、勤勉で知的なのかな、
知的には怠惰なのかな。
僕は、知的に怠惰な人から、
知的に怠惰だと思われてるのよw、
もう慣れたけど。
  1. 2017/06/27(火) 12:01:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1404-7d6e5174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)