馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

哲学は、黙る


僕たちが理解している世界など、
幻想にすぎない。
真実の世界は別にある。

その通りだと思う。
僕だって、そう思っている。
僕の世界は、僕の誤謬の投影である。

僕は、そこで、黙る。
真実の世界があったとして、
そんなものは、僕には語れない。

誰かが真実の世界を語るのなら、
真実で語られたその世界も、
誰かの誤謬の投影に過ぎない。


科学は、世界の解釈の一例で、
世界の解釈は、いくつもある。
僕だって、そう思っている。

僕は、そこで、黙る。
正当な解釈があったとして、
そんなものは、僕には語れない。

誰かが、正当な解釈をするのなら、
正当に解釈されたその世界も、
世界の解釈の一例に過ぎない。


僕は、何も言わないから、
真実の世界や、正当な解釈を語ればいい。
哲学が黙り込む地点から、

スピは急におしゃべりになる。



    161002.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月20日 23:03 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

当たり前に、科学も、現時点の「仮説」ですから、当然、「真実」は変わる。
哲学なんか、また、カントを出すと、物自体の世界が現象界と、どう関わるか、困ったカントは、「自己触発」だの、果ては、「二重触発」だの、無理な議論をしなければならなかった訳で、すると、カントの物自体の世界の論に無理がある。
重要なのは、今の説は、あくまで「仮説」で、反証される可能性を常に秘めていると認識することかなぁ。
  1. 2017/06/21(水) 02:43:23 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

物自体の世界は、認識できないのに、
認識できない世界を語らなきゃならない。
それは、スピだわw。
生まれてから、死ぬまでの、生の外側を、
生きている僕たちが語る、
あるいは、死んだような世界を、
生きている僕たちが語る、
そんなのは、スピの領分ではないかな。

>重要なのは、今の説は、あくまで「仮説」で、反証される可能性を常に秘めていると認識することかなぁ。
スピは、そこに拠って立つよね。
  1. 2017/06/22(木) 10:08:50 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1399-de29d8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)