馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

哲学は、届く


スピの発想で生きている人には、
哲学の発想で生きている人が、
何を考えているのかを、
まったく理解できない、
そんな気がしている。

つまり、僕が、
この何日かで、何を考えて、
何を書いているのかは、
スピには、読み解くことができない、
そう思っている。

それでも、構わない。
届いた先を宛先として、
メッセージは届く。
僕は、スピの発想の人たちを、
宛先にはしていない。

スピと対立したいわけではない。
スピの発想を否定し、
攻撃したければ、
直截に悪口を書くことくらい、
たぶん、僕にでもできる。

片手間に、書き投げたような、
決して、出来のいい文章ではないけれど、
もしも、まがりなりにも、
それが哲学なら、
哲学は、哲学に届く。

そして、スピに届くようなメッセージなど、
僕には、論ずるに値しない。



    170611b.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月11日 18:12 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

青梗菜さん、

文章は必ず特定の?宛先の人を想定して書くものだと昔本かどこかで?教わった気がしていましたが、ブログはそうはいかないですよね?そうはいきますか?m(__;m
  1. 2017/06/18(日) 10:58:25 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>文章は必ず特定の?宛先の人を想定して書くものだと昔本かどこかで?教わった気がしていましたが、ブログはそうはいかないですよね?そうはいきますか?m(__;m
う~ん、
手紙は必ず届く。
たぶん、必ず。
  1. 2017/06/19(月) 14:07:51 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1395-89295fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)