馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

手紙は必ず届く


ラカンのテーゼ、
「手紙は必ず届く」

宛先には、
届かないかもしれないけれど、

手紙は必ず届く。
届いた先を宛先として、

手紙は必ず届く。



    170601a.jpg



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年06月03日 12:07 |
  2. ミニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

コメント

何やってんだよ、最低だな。
うちのリンク先に、
くだらないことを書いてんぢゃねえぞ。
よくそんな卑劣な知恵が働くなぁw。
びっくりするわ。
頭がいいよ、ほめてやる。

仕方がないから、遊んでやる。
リンク先に迷惑がかかるよ。
2、3日で、さっさと終わらせようなっ♪

つまり、絶対善、というのは、
個人の利益よりも全体の利益を優先させて、
全体に寄与することで個人の利益が増進する、
ってことだろ?
それと、民族保存な。

それを、絶対善進が発見したよ、
ってドヤってるわけだな。
http://ameblo.jp/shinwood/entry-12277885699.html
合ってるか?
  1. 2017/06/03(土) 17:27:23 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

ラカン中期の「誤配」ですね〜。
なぜ、ラカンが、急に郵便物に喩えた話をしたのか存じませんが、おそらく、従来の哲学の形式を打ち破りたかったのかと。
フランス現代思想は、所謂ソーカル事件で、イグノーベル賞が与えられたように、哲学の専門家にも何を言っているか分からないもので、ソーカルはそれを皮肉ったら、真面目な論文と受け取られちゃった訳ですよね。
ラカンも、従来の哲学とは違う「郵便モデル」を採用して議論した訳ですが、手紙は宛先に届くとは限らない。って、良く分からない。
やっと、体調回復、食欲が出て来ました。
ああ、青梗菜さんは、例の輩が、リンク先に書いていることに「誤配」を見いだしている?
  1. 2017/06/03(土) 23:17:49 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>ラカンも、従来の哲学とは違う「郵便モデル」を採用して議論した訳ですが、手紙は宛先に届くとは限らない。って、良く分からない。
うん、ラカンは、届く、と言ってる、
デリダは、届くとは限らない、って言ってたかな。
僕は、届いた先を宛先にしたら届くよね、って思う。

ふわっ、とした概念から得られるものは、
ふわふわした概念だけやね。
「寝癖の作為の主体」のほうがきっちりしている。
きっちり、かっちりした概念が出力されてくる。

>ああ、青梗菜さんは、例の輩が、リンク先に書いていることに「誤配」を見いだしている?
うん、僕は、絶対善進さん宛てにメッセージを書くわけですけど、
メッセージが届く先は、別なのです。

大きな物語の凋落は、
ラカンぽく言えば、
象徴界が正しさを提示できなくなった、ってこと。
大文字の他者の失墜。
みんな、って空気に取り込まれる世の中で、
絶対善、なんてのを打ち立てるアナーキーさは好きw。

1週間くらい、
絶対善進さんが来るのを待ってみるから、
更新はひと休み。
okiさんは、傍観しててよ。
2対1とか、ホームとかアウェイとか、
そんなのは避けたい。
  1. 2017/06/04(日) 10:44:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

来ないな。
http://ameblo.jp/shinwood/
にお知らせしたら、
コメントごと消されてたわw。
だったら、早々に結論を出して、
終わりにするぞ。

僕は「絶対善」なんて認めないけれど、
でも、哲学の言葉で否定しても、
絶対善進には伝わらない。
絶対善進が、哲学的なことを、
書いているにもかかわらず、ですよ。

哲学に対して、哲学を用いずに、論理的に否定しろ、
ってのは、わがままなリクエストですけどね。
それでも、否定しなきゃな。
絶対善進に解るように否定しなきゃ。
でも、どうやって?w

とりあえず、
僕が否定したい文章を掲げます。
http://ameblo.jp/shinwood/entry-12277885699.html



絶対善の定義について
2017-05-25 20:27:28
テーマ:絶対善とは何か

絶対的に正しい、つまり絶対善の定義を私がどのようにして導いたのかを書いてみたい。

私たちは普通、自分の考えたことは正しいと思っている。しかし本当に正しいのだろうか? どのくらい正しいと思っているのか? それでは命を賭けても、自分の意見は正しいと言えるのだろうか? そのように自問自答したとき、自分の意見に対して、あまり自信が持てなくなってしまった。

それから、そもそも正しいとはいったい何なのか?しかも曖昧な正しさではなく、絶対的な正しさとは何なのだろうか?と考え始めた。絶対善さえ分かれば、どんな問題もこの絶対善に合致してさえいれば、自信をもって正しいと判断できるのだ。

正しさには科学的正しさと道徳的正しさがある。私が求めているのは、道徳的正しさの事である。道徳的正しさを、一般的に善という。

善を辞書で調べれば「よいこと」「道理にかなっていること、また、そのような行為」とあるが、それは説明であり、本当に知りたい本質ではない。

また「利益が出ることは“善”である」などの善は、よいこと、好ましい事の意味であるが、私が言っている善は道理にかなっていること、また、そのような“行為”をいうのである。よいこと、好ましい事の意味では使わない。そこを混同すれば間違った解釈になるので、注意が必要である。

ネットで善を調べてみたが、善は定義できないだとか、いろいろ難しく書いてあるだけでどれも納得するようなものはなかった。

そこで、いろいろと自分で考えていたら、これが善ではないのかというものに辿り着いた。私の善の定義は恣意的なものではなく、道理的、論理的にかんがえ導かれたものである、もし否定するならば論理的に否定すべきであろう。

「善の定義が難しいなら悪とは何かと考えた。悪とは人殺し、盗人、詐欺などなどである。これらに共通するのは、他人(公)のことより自分のことを優先しているということである。それでは善は悪の反対であるから、善の定義は自分(私)のことよりも公のことを優先する行為である、ということになる、略して“公の為”である。公を優先する行為は時代を超え、民族を超え世界に共通するものである、つまり普遍的なものであろうから、これを絶対善とした」

また別の考え方では
「我々日本人にとって最も大切なものは国民の命であろう。この最も大切なものを守ることは絶対的に正しいことである。最も大切な国民の命を守ることは絶対的に正しい事である。つまり絶対的に正しい事、絶対善は国民の命を守ること、つまり種族保存のことである、これは世界の各民族にも共通するから普遍性もある」

これらの考えから“絶対善、つまり絶対的に正しいことは種族保存であり公の為である”となった。

公の為の公とは大きくは民族のことであるから、種族(民族)保存の為と同じ意味である。つまり種族保存と公の為とは同じものである。

また絶対善と言っても絶対など神にしか分からないことだから、絶対的善が正しいと思うが、善という言葉は”善きかな“というふんわりとしたものなので、的という意味も含まれている。また普段、絶対的善とは使わないから、絶対善を使っている、しかし本来は絶対的善のことである。

私の絶対善に対する考えの根本にあるのは・・・・

「ウイルスから虫、植物、犬や人間まで、ありとあらゆる生物が何億年もの間、命を賭けてやってきたことは何か、それは子孫を残すことである、これはいわゆる種族保存である。

ゆえに、この大自然の、大宇宙の意志というのは、命を賭けて種族を保存せよと言う事である。この大宇宙の意志を絶対的に正しい(絶対善)と言わずに何を正しいと言うのだろうか。ゆえに絶対善とは種族保存のことである」

私はこの絶対善の説明が一番しっくりとくるのだが、これでは他の人たちはなかなか納得しないのだ。しかし、あらゆる生物たちが何億年もの間、本能の意に従って行ってきたことが、悪であるはずはなく、自分たちにとって正しいから命を懸けて行ってきたと考えるのが道理ではないか。

私は、生物たちが何億年の時をかけ種族を保存する為に一番確かなシステムとして見つけたのが、自分より公を優先するというシステムではないだろうかと考えている。

人間の道徳観も、この種族保存のシステムからきているのではないだろうか。いや、この世のすべて、ありとあらゆることは、種族保存の為に創られ存在しているのではないだろうか。

つまりこのようにも言えるのではないだろうか・・・・何のために生まれたのか、種族保存の為である。何のために生きるのか、種族保存の為である。愛とは何なのか、種族保存の為にある。イジメとは何か、種族保存の為にある。嫉妬とはとは何か、種族保存の為にある。何故、悲しむのか種族保存に合致しないからである。そして何故人は真理を求めるのか、種族保存の為である。

絶対善の定義を自分なりに考えたが、やはり何かもやもやとしたものがあった。そこで誰かと議論をするうちに、しっかりとしたものになるのではないかと思い、ネットで見つけたメビウスの哲学掲示板に投稿した。しかし彼らは哲学のド素人である私の言う事をなかなか認めてくれない。そこで現在、哲学のベテランさん?たちと討論しつつ勉強中なのである。

皆さんも興味があればメビウスの哲学掲示板を覗いて見てください。グーグルで善の定義と検索すれば、トップページの7~8番目に在ります。また下記がリンクです、shinwoodが私です。

メビウスリンクの哲学掲示板へのリンク
http://mb2.jp/_tetsugaku/968.html
  1. 2017/06/04(日) 17:53:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

絶対善、とは、
個人の利益よりも全体の利益を優先させて、
全体に寄与することで個人の利益が増進する。
それは、民族保存と意味を同じくする。

それを、絶対善進が発見したよ、
ってドヤってるわけだ。
すばらしい発見だが、残念だな、遅かった。
それは、いくらでもネットに落ちていて、
全体主義、と呼ばれている。

全体主義、の解説な。
https://kotobank.jp/word/%E5%85%A8%E4%BD%93%E4%B8%BB%E7%BE%A9-88533

民主主義への対置として、
ふつうは、全体主義は否定的に使われる。
肯定的な意味合いで使うのは、
ナチとファシストだけかと思っていたけれど、
平成の終わりに、絶対善進も加わった。

そんなものを拾ってきて、
絶対善、なんて呼び換えて、
何やってるの?
何がしたいわけ?
  1. 2017/06/04(日) 18:24:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

大人げない、って言われそうだけどw。

「絶対善」なんてきれいに言い換えられると、
見過ごしてしまう。
人それぞれ、なんて寛容ぶっていると、
見逃してしまう。
人それぞれ、を自由なんて言い換えるのは違う。
正しさは相対的だから、ってのは違う。
相対させなきゃだめだ。
相対させなきゃ、相対的にならない。

大人げないけれど、
こんなのは見過ごせない。
  1. 2017/06/04(日) 18:47:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

遊んでくれないな。
元気でね。
  1. 2017/06/05(月) 12:11:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

青梗菜さんも、怒らせると怖いな。
僕は、この人の議論を読んで、伊東祐哉「無学問のすすめ」を思い出した。
何でも、「学問のすすめ」は古い。今は、皆学んでいるから、一般人の肉体感覚にこそ真理はある。で、一般人の感覚からすると、東日本大震災もたいしたことなかった。で、良く読むと、この人は、「清明心」に倫理の基礎を持っているようだけど、それが、東日本大震災の議論とどう繋がるのか分からない。
こんな人でも、ちくま新書に書けるのだから、かの人も、売り込めば、本を書けるかも。
  1. 2017/06/06(火) 10:15:37 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>青梗菜さんも、怒らせると怖いな。
はい、ここで怒らないやつはだめだ。
ここでちゃんと怒らなきゃ、
心の中に、よくないものが育つ。
絶対善進に届かなくても、
届く人に届けなきゃ。
在日、ってそろそろ危険なんぢゃないかなぁ。
ルワンダ虐殺は、1994年、ついこの前です。

僕は、10日前に、
>肯定的なフレーズに隠されている、
>半端ない否定。
>寛容な見かけをした、
>容赦ない不寛容。
>そんなのが、最も僕を傷つける。
なんてことを書いてます。
怒らなきゃ嘘になりますよっ。

>今は、皆学んでいるから、一般人の肉体感覚にこそ真理はある。
う~ん、そうなんだけど。
一般人、って誰のことだ?w
  1. 2017/06/06(火) 11:33:03 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #De6CjWPI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1386-53978205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)