馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

得意而忘言と、得魚而忘筌と、色即是空 ―― 5/x


僕の戯言(たわごと)が、
正しいわけではない。
検索しても、僕のほかに、
こんな戯言をいう者はいない。
しかし、荘子には、
正しくないから、
正しくなる矛盾がある。

99%のサイトが正しく、
そこに述べられている説明が、
正解であるとしよう。
正解は、正解で揺るぎないが、
ただし、正解を、正解として、
安住させることを、
荘子は許さない。

つまり、意味が理解され、
説明が不要になるときに、
忘れるべき説明は、
正解の説明でなければならない。
荘子は、この矛盾を解けという。
矛盾を解いた者と、
語り合いたいという。

こんなことには、
これ以上、関われない気がする。
荘子と語り合っても、
きっと、最後には、
自分の説明も忘れろというだろう。
自分の説明が正解とされたなら、
自分にとって、それは、直ちに、

忘れるべき説明に成り下がる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月16日 21:17 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1371-5add81a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)