馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

得意而忘言と、得魚而忘筌と、色即是空 ―― 1/x


「得意而忘言」、
意を得て言を忘る。
荘子(そうし)が、何かに書いている。
僕は、荘子をよく知らないし、
何に書かれているのかも知らない。
そんなのは調べなくてもいい。
にわか仕込みの知識を、
ひけらかしたいわけではない。

「得意而忘言」、
このフレーズは、つい最近、
4日くらい前に知った。
検索すれば、きっと、どのサイトにも、
同じ説明が載っているのだろう。
99%が同じだから、
その説明が正解とされ、
僕が説明することは、

必ず間違いになるのだろう。


ただし、「得意而忘言」が、
意味が解って説明を忘れる、
そんな意味だとしたなら、
99%のサイトは正しくない。
説明を忘れていないから。
ひいては、意味も解っていないから。
何度もコピペされた説明を忘れることが、
「得意而忘言」の意味ではなかったか。

エクリチュールには、
反復可能性があり、
読み手のコンテクストごとに、
意味が散らばる。
文章は、読まれるたびに、
読み手の捉え方によって、
意味がばらばらになる。
読み間違いは多いはずだ。

なぜ、正解率が99%なのだろう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年05月13日 12:02 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1366-6816f17a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)