馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

流星ワゴン 3/3


家族について、
うまく考えられないのは、
疑いなく、揺るぎなく、
大切だから。

好きとか、嫌いとか、
そんなことではなくて、
当たりまえに、
大切だから。

選びようがないから。
考えても、考えなくても、
大切でないことを、
選べないから。

大切にできなくても、
大切に思えなくても、
家族が大切でないと、
思うことを自制するから。

考えることは、
当たりまえを疑うことで、
当たりまえなことに、
立ち止まることだけれど、

疑いなく、揺るぎなく、
立ち止まることも、
できないくらいの、
当たりまえさで、

大切にするより、
ほかにないから。



    170304.jpg

    流星ワゴン/重松清 著、
    2002、講談社



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年03月04日 19:41 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

コメント

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>大切にできなくても、
>大切に思えなくても、
>家族が大切でないと、
>思うことを自制するから。
自制する場合、そうする理由は、世間体を気にするからですか?、それとも、違法だからですか?、それとも、本能だからですか?、それとも、それら以外ですか?
  1. 2017/03/04(土) 22:41:26 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

家族というのは、歳をとるにつれて、愛おしくなるんですよね〜。
同じDNAが確かに生きていると実感するから。
反抗期には、「産んでくれと言った覚えはない」とか言うそうですが、その父親も、自分も小さい頃そんな事言ったっけ、と思うらしい。これも遺伝。
家族を大切に出来ない人は、間違えなく、他人を大切に出来ない。
しかし、家族だけ殊更に大切にする人も困ったもので、時には、突き離すことも大切かな。
「ウチの子に何をするの」とか言う変な親がいるから、教師とかも大変だ。
  1. 2017/03/04(土) 23:52:34 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

私が家族を考えるときに
まず出てくるのが「所属」という概念。
親子を考えるときに
まず出てくるのが「所有」という概念。

幼少の頃の空間と時間を長く共有した記憶があると
所属と所有が他の何かに移項していくこともあるのだろうか…。

家族だから大切なのではなく、
大切にされた記憶があるから
家族を大切に感じるのではないかな~。
自分が大切にされていなければ、家族なんて獄卒どもと変わらんと思う(笑)
  1. 2017/03/05(日) 03:42:59 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウイ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>自制する場合、そうする理由は、世間体を気にするからですか?、それとも、違法だからですか?、それとも、本能だからですか?、それとも、それら以外ですか?
はぁ? 何を言ってるのですかっ。
家族が大切なのは、当たりまえぢゃないですかっ!
というのを自制する理由にしてみました。

世間体を気にして、
なんてのは、反論するときの枕詞なので、藪蛇になりそう。
法律は、禁止はしませんから、理由にはならないかも。
例えば、保護責任者遺棄なら、遺棄した者には罰則があるけど、
遺棄しちゃうよね、ってのが前提ですもの。
本能は、使い勝手がいいです。
本能だもの、しかたないよね、ってことで逃げ切れる。
本能でいいかな。
本能が使えるときには、
愛とか神とか宇宙とかも併用できますから、とても操作性がいい。
本能にしますw。
  1. 2017/03/05(日) 15:21:50 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>家族というのは、歳をとるにつれて、愛おしくなるんですよね〜。
>同じDNAが確かに生きていると実感するから。
そうなのか~。
実感する、ってのは最強ですね。
本能とか愛とか神とか宇宙とかにトッピングすると、
めちゃくちゃ強い。

>反抗期には、「産んでくれと言った覚えはない」とか言うそうですが、
ふふふw、正しい。
正しいけど、決まり文句だからな~。
そんな昭和のテレビドラマみたいなフレーズを、
採択する子供のダサさにがっかりだわ。

>その父親も、自分も小さい頃そんな事言ったっけ、と思うらしい。これも遺伝。
リテラシーの低い親子だなw。
遺伝を実感してればいいよっ。
遺伝、ってのも、親子での、
思考停止のツールですから。
  1. 2017/03/05(日) 15:23:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>幼少の頃の空間と時間を長く共有した記憶があると
>所属と所有が他の何かに移項していくこともあるのだろうか…。
子供は、気がついた時には、何かの幸運で、
お互いにお互いが好きな人たちのチームに所属している。
チームの大人は、大切にされたことさえ子供に感じさせない。
大切、ってことが分からないのw。
そんなのがいいな。
そんな子供が、チームの大切さを解析するのは、
もっと大人になってからの仕事になります。
大人になろうとしている子供に任せましょう。

自己の行為を能動と意識したとき、
他者は受動に転位させられます。
そのとき、単に、~する、~されるという行為は、
~してあげる、~してもらうという意識に歪められてしまいます。
大切にしてもらったのと、
大切にされたのとは違うもの。
子供は、単に、大切にされなきゃだめです。

>家族だから大切なのではなく、
>大切にされた記憶があるから
>家族を大切に感じるのではないかな~。
子供は勝手に感じていればいいよね。
家族は大切、ってメッセージが世の中にあふれてると、
すんごい邪魔ですわw。
発見する前に、あちこちに答えが落ちてるのw。
称揚しすぎなんですよ、家族を。
家族、家族って、うるさいんだわw。

>自分が大切にされていなければ、
>家族なんて獄卒どもと変わらんと思う(笑)
獄卒どものほうが、家族は大切、ってメッセージを出すよ。
ストレートに、恩着せがましく出す。
そして、あるはずの、
メタメッセージがない!w
  1. 2017/03/05(日) 16:24:57 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

うーむ、ちょっと違うかな。
親から生まれたというのは、逃れようのない事実で、思考は停止せざるを得ない。
スピの言う、神とか宇宙は、神を造ったのは誰か?とか、幾らでもまだ、思考出来る。あるいは、我々の信じる神と、異星人の信じる神と同じか違うかとか。
ともかく、絶対確実なのは、無から生まれて、死ぬこと。
死んでどうなるかはわからないけど、この世に骨は残る。
骨が残る。というのは、この世に存在した証で、無から生まれて、骨を残すのだから、この世で、何かを体得した。ということは、魂なるものは、体得したものを持って、別の世界に行くように思える。
この世は、修業の場ーなんか考えはじめると終わらない。
少なくとも、人間を脳に還元することには反対だ。
  1. 2017/03/05(日) 17:38:24 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>親から生まれたというのは、逃れようのない事実で、思考は停止せざるを得ない。
うんうん、そうなのですけど、
思考停止というのは、
「産んでくれと言った覚えはない」という、
親子の会話の絡みで。

産んでくれ、っていう裏には、
産んでもらった、って意識があると思います。
でも、産んでもらった、に対応するのは、
産んであげた、ではなく、僕なら、
産ませてもらった、になります。
そもそも、産んでくれと言う者は誰なのか、
産んでくれと言われることで、生命が生まれるのか、
そのあたりの、子はともかく、親のリテラシーの低さを、
遺伝で片づけるのは、思考停止かな、などと。

>骨が残る。というのは、この世に存在した証で、無から生まれて、骨を残すのだから、この世で、何かを体得した。
>ということは、魂なるものは、体得したものを持って、別の世界に行くように思える。
その2行がつながる人と、つながらない人がいて、
僕は、つながらない人です。
というか、つなげても、つなげなくても、
何の違いもありません。
魂には、前世も今世も、連続している認識がないので。

違いはないのですが、今世の未来は変化を受けます。
身体が死んでも、魂は生まれ変わると思うのは、
当てにならない期待だと思うのです。
そう思わなきゃやってられない、という願望です。
生まれてから死ぬまでの、生の外側には何もないと思うのは、
それでも構わないよ、ってことです。
どちらに立つかによって、
日々の小さな選択も、未来への大きな選択も、
必ず変わってくると思います。
  1. 2017/03/05(日) 19:16:56 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ここが一番難しい。
死んだ後は、誰にも分からない。分からない事を考えるのだから難しいのは当たり前だけど〜。
最近は、脳神経倫理学と言って、倫理学もやる事ないから、脳に人間は還元されるか?なんて議論する訳ですね。脳のあちこちをいじれば、人間が変わるなら、教育のあり方も、刑罰のあり方も変わる。
実際、精神薬で、性格をマイルドに変えることができる。
しかし、脳に人間を還元しても、じゃ、何故肉体が必要なんだ、そもそも何故死ぬのか、全く分からない。
分かり易く言い換えれば、サプリメントで必要な栄養素を摂取出来るのなら、いちいち時間かけて、食事する必要ないとなる。
ストレスを減らすサプリメントまである。
なんでもかんでも脳に還元すると、おそらく、先祖代々から大切にしてきたものが失われる。実際、もう失われつつある。
ところで、重松清さんは、もう、今の高校入試とかに欠かせない作家さんですね〜。確かに、ちょっと読んだだけでも味わいがあります。
  1. 2017/03/05(日) 20:38:11 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

>ここが一番難しい。
はははw。
グノーシスの科学者たちは、
必死のぱっちで、1つずつ法則を発見しました。
慣性の法則とか、惑星の運行とか。
スピは、宇宙の法則、ってな感じで、
一発で大きな法則をつかもうとします。
子供でも読めそうな、
サンマーク出版の本にして。
無理ですよ。
難しくなければ、嘘ですよっ。

>脳のあちこちをいじれば、人間が変わるなら、教育のあり方も、刑罰のあり方も変わる。
ロボトミーは人格破壊、ってことでオチがつきましたよね。
70年代までやってたみたいですけど。
急いで、一発で、ってのは無理ですね。
努力を嫌って、結果だけ得ようとすると、
身体も心も壊れます。

自己啓発とかも、結果を急ぐから、
かえっておかしくなります。
アドラーに一発で啓発されるような自己を自己と呼ぶのなら、
自己なんてゴミみたいなものですわw。
重松清なんかを読むほうが、
遅いようで、早いのに。
  1. 2017/03/05(日) 21:29:27 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

私は迷惑をかけていいのは親だけだという考え方を採用しているので、
子を持つ身となった今は、
子に迷惑をかけられるのは当たり前というやや拡大した解釈を採用しています。
世間から見るとうちの子はバカだろうけど、
うちではいい子なんですと、永遠に言い張る立場をとります。
まだ決定的なバカを見せていないので、もし見せちまったら腹をくくって態度を決めようと思っています。
最終的に、一緒に。
自分自身のバカは仕方ないので、
子が勝手にあきれて出ていく日も近いでしょう。
重松さんは、何冊か読んでるなぁ。
短編で好きなのがあったな。なんかあんまり人気のない同級生が
病気になってしまう話とか。
ちらっと垣間見せるテクニックが、良いところだと私は思います。
  1. 2017/03/08(水) 20:13:23 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

上の子が、2月で16歳になりましたよ。
今、教習所に通ってます。
バイクの中型ね。
今日は、卒検の日ではなかったかな。
2回落とされたから、3回目ねw。

あの子は、もうすぐ、
カワサキのニンジャで、高校に乗りつける♪
へなちょこな男子どもを蹴散らしてw。

>世間から見るとうちの子はバカだろうけど、
はははw、うちの子は確実に!w
でもね、Pコートとチェックのスカートだったり、
おとなしくまじめにバイトをこなしたり、
外向きには、たくさんのペルソナを見せます。
薄っぺらなお利口さんでもなく、
単なるバカでもなく、
16歳のくせに、内側には、ぶ厚い層が折り重なっている。
僕はそれを、かっこいい、と呼びます♪
世間から見ると、親子でバカなのかもしれないw。
  1. 2017/03/09(木) 13:44:28 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1330-670e84c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)