馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

感じるな、考えろ 1/x


        狭量な人ほど、自分を、
        他人よりも心が広いと思っていて、
そう思い込める臆面のなさが、
その人の狭量さを示しているけれど、
        もう、それ以上の心の広さを望めそうにないのは、
        心が広いと思っているから。

感受性が鈍い人ほど、自分を、
他人よりも感受性が鋭いと思っていて、
        それは、他人の感受性を感受する感受性が、
        鈍っていることにほかならないけれど、
もう、それ以上の感受性を望めそうにないのは、
感受性が鋭いと思っているから。

        それでも、誰だって、自分は正しい。
        誰だって、正しくない自分にはなれないもの。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年02月19日 12:05 |
  2. 自分らしさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

青梗菜さん、こんにちは!!^^

今回のは、対句法?すごく詩っぽいすね~!行ずらしが違うので最初わからなかったです。言われてみると?今の自分にとっての?正しさという物?はあるかもと感じました。m(__;m
  1. 2017/02/19(日) 13:50:06 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

わざとらしいくらいの対句で、
6行をトレースしてみました。

誰だって、自分は正しく、
誰だって、正しくない自分にはなれない、
それには、自分にも他人にも、
絶望に近いものを感じていますw。
こんなことを書いても、
自分を宙吊りにさせるだけなのにね♪
  1. 2017/02/19(日) 15:23:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

「構え」って、ある種の意気込みだからやや力はいっちゃうけど、
だからって誰かにわかって欲しいとか、
『こう「構える」べきだ』とかとは違う。
流行ってるのはテーマと逆の「考えるな、感じろ。」だけど、
感じるのが大切なのは当然。
「感じて、考えて、また感じて、考えて、考えたことからまた感じて」という感じで、
おいらの場合は目下のところ(笑)掘り進めるしかないし、
多分掘る事しかできない。
「背中を見てついてこい。」とは、決して言えない^^。
ただ、
「あ、あんたこんなとこ掘ってんのか。」
「おいらはこっちを掘ってますが。」
という挨拶は交わしたいし、交わせるんじゃないかなぁ。
  1. 2017/02/19(日) 20:17:23 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

「八日目の蟬」で、もうちょい書くつもりだったけど、
後回しでいいやw。

正しさと、感じると、考える、
いつもその陥穽に落ちて、
掘ったらざくざく言葉が出てきます。
まいまいさんも、いつもそこを掘っていて、
常にスコップが刺さったままだと思いますw。
まきがいさんが掘ってる気配も感じます。
すっかりなれ親しんだ穴ですから、
気配で分かりますわw。

ふつうの人たちは、
ここを掘らないで、
いったい、何を考えているのかな。
何を考えると呼んでいるのかな。
ここを置き去りにして、
宇宙とか神とかに跳ぶのは逃避です。
  1. 2017/02/19(日) 21:13:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

難しい問題ですね

こんにちは(*^^*)/
ちょうど同じようなことを考えていました。
正しいと思ってしまうとそれ以上発展しないのに、どうして人間は正しいと思い込んでしまうのか。
自信を持つためなのでしょうか。
  1. 2017/02/19(日) 22:04:01 |
  2. URL |
  3. 在嶺結為 #roOum4UQ
  4. [ 編集 ]

改めて言葉にすることでもないのですが、
人によって、価値があるものが違うから、
正しさも一致しないのですよね。
昨日、行き着いたんですよー。
今までより、しっかり行き着いた感があるのですが、
まだ、先があるかなぁ。

残念なのが、
私が考えていることに、みんな敬意を払って欲しい、
と思っている自分がいることです。
それが、結構ジャマです。私の価値を下げている。
そんなこと思っていたら、敬意は払ってもらえないです。
あれ!!!
敬意を払ってもらうことが目的になってますか。
なんということだ。
考える目的について、考えることにしましょう。
さしあたりw
  1. 2017/02/19(日) 22:40:11 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

自分とは何か?
こんな難しい問題はない。
カントは、ふと「理性の深淵」ともらした。
この、「理性の深淵」を元に、熊野純彦さんが、判断力批判の本を書いてますが、「理性の深淵」とは、理性では把握できない領域がある。ということ。
もしかしたら、そっちの方が大切かもしれない。
カントは、考えに考えて、結局、自分が大切にした理性では把握できない領域を認めざるを得なかった訳で、考えるとは、厳しい作業だと思う。
  1. 2017/02/19(日) 22:41:16 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

結為さん、こんにちは。

>ちょうど同じようなことを考えていました。
うん、毎日、他人に出会うということは、
この問題に出会うことと同義です!

>正しいと思ってしまうとそれ以上発展しないのに、どうして人間は正しいと思い込んでしまうのか。
>自信を持つためなのでしょうか。
何か、危うさを感じてるのかなぁ。
心理の力学が働くのかもね。
自分は正しい、そう思ってしまうことが、
逆に、正しくない可能性を示唆する、
そんな反作用が働く気がする。
  1. 2017/02/20(月) 10:59:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>人によって、価値があるものが違うから、
>正しさも一致しないのですよね。
うん、一致しない。
まいまいさんと、まいまいさんが出会う他人についても、
誰とも一致しないから、
それを考えるのは、まいまいさんが世界で初めてになる。
最初で、最後ね。

>昨日、行き着いたんですよー。
何度も行き着いて、また離れて遠くなる。
自分も、他人も変わるから。

>残念なのが、
>私が考えていることに、みんな敬意を払って欲しい、
>と思っている自分がいることです。
ははは!w、正直だ~♪

>それが、結構ジャマです。私の価値を下げている。
その正直さは、まいまいさんの価値を上げます。

>あれ!!!
>敬意を払ってもらうことが目的になってますか。
はははw、雑になってるw。
敬意は払いますよっ。
まじめに練習をしているチームメイトとか、
残業をしている同僚みたいな感じ。
お疲れさまです。
  1. 2017/02/20(月) 11:01:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

理性が届かない、真の世界がある。
道徳も、高いところから下りてくる。
カントには、神がいるからね、
僕には、哲学というよりも、
神学っぽくて、つっかえます。

僕たちが沈黙する地点はありますね。
考えることさえ語義矛盾になる地平。
僕たちの理性が及ばない行き止まりでは、
黙り込むほうが厳しい態度だと思います。
厳しい地点に立っているのに、
子供にでも理解できる説明を始めるのが、
スピですわw。
  1. 2017/02/20(月) 11:02:46 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1324-3abc2a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)