馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

八日目の蟬 2/3


今まで、自明なものとして、
信じられてきたさまざまな価値は、
流行りの歌みたいに薄っぺらになって、
それでも、残り少ない価値として、
僕たちは、家族や親子の関係を共有している。
今も、自明なものとして。

正しいものなどなく、
価値があるものなどない、
それは、冷めた態度と共に、
分かったふりをしてごまかさない、
自分のあり方に満足しない、
熱い構えだと思う。

自分の中に取り込んだ、
よくある正しさで片づけてしまうのなら、
誰と出会っても、何を見ても、聞いても、
どんなにたくさんの本を読んでも、
誰とも出会うことはない。
知識が増えて、もの知りになっても、

自分の視点を固定させるだけだろう。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年02月16日 21:24 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

コメント

熱い構え。
構え、ってとこが、熱いですね!

正しさは、自分の中にしかないのかも。
みんながみんな、自分は正しいと思っているのが、
すごく気持ちが悪いのです。
そこには私も含まれるから、
うんざりするのです。
  1. 2017/02/16(木) 22:20:16 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>熱い構え。
>構え、ってとこが、熱いですね!
熱いんだと思うよw。
恥ずかしいから、涼しい見かけにしてるだけで。

>正しさは、自分の中にしかないのかも。
>みんながみんな、自分は正しいと思っているのが、
>すごく気持ちが悪いのです。
>そこには私も含まれるから、
>うんざりするのです。
うんうん、至言です。
その気持ち悪さと、うんざりを知っている人の、
複雑さがいいなぁw。
知らない人のほうが、圧倒的に多いけれど。
  1. 2017/02/17(金) 07:51:22 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、おはようございます!!^^

私は祖母と同居したことがないのですが、祖母は、同居していない孫に対してはやさしい?が、同居している孫にたいしては厳しい?気がしていました。以上です。m(__;m
  1. 2017/02/19(日) 09:53:08 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

ご報告ありがとうございます。
貴重なご意見として承り、
今後の品質向上のための参考と(ry
  1. 2017/02/19(日) 10:11:13 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

去年11月に蚊がいてね・・・・・。と

書きたかった ――(>_<)

青い野菜オヤジだと親しみを感じさせるが
青いオヤジ野菜だと,リスペクト感があるように思えてるフシがある

にぽーん語ムツカシイデスネ
アリガトマシタっ


昨日の蚊にまた刺された気分でしょ。:)
  1. 2017/02/19(日) 23:00:33 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

11月の蚊?
なぞかけですか~?
11月の蚊、8日目の蝉、月曜日の青梗菜、
みんな弱ってるなぁw。

>青い野菜オヤジだと親しみを感じさせるが
>青いオヤジ野菜だと,リスペクト感があるように思えてるフシがある
ほんまかいな~w。
  1. 2017/02/20(月) 11:03:36 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

なぞかけぢゃないよwほんとにいたんだよ!家に。びっくりしたよもー
「哀れ蚊」の時代はおわっている,という。

さしずめ,・・・・…そう,トランプは11月の蚊だよね。と
地球の激変ですなw

ちなみに。

やたら熱心に,なにかモノを主張してる人をみると,
「そーゆー人は,自分だけが正しいと思ってる人だ,」と


キメツケてかかるのはもはや日本人だけの特性だと思いますね。

そーゆー人にはそーゆーのが多いことも,たしかだけど。
「正しく」なくても今,主張すべきことを主張する人はいる


なぜなら「正しさ」なんて人それぞれちがうんだから,と言ってしまえばしごくカンタンです。

とはいえ。

つーか,「自分の中にしかない正しさ」,という文章の成り立つ日本語の深刻な自家撞着を考えますね。「クレタびとは,ウソつき」と一緒です
「正しさ」とは共有されて初めて「正しく」なるんです

ちなみに,わたしはアカの主張をムキになってしてるけど,アカが正しいなんざこれっぽちも思ってませんよw世の中にそれを言うやつがいないから言ってるだけでw

畑に青いオヤジな,野菜が生えてたら間違いなくあとずさるよw
  1. 2017/02/20(月) 16:53:26 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

>なぞかけぢゃないよwほんとにいたんだよ!家に。びっくりしたよもー
ご報告ありがとうございます。
貴重なご意見として承り、(ry

>さしずめ
お~っ、さしずめ、って言葉を使う人は、あながち多くない。
う~ん、あながち、って(ry

さておき、なぞかけでなければ、小噺で。
>つーか,「自分の中にしかない正しさ」,という文章の成り立つ日本語の深刻な自家撞着を考えますね。「クレタびとは,ウソつき」と一緒です
>「正しさ」とは共有されて初めて「正しく」なるんです
ニヒリストが、正しいものなんてない、って言うのと似てるかな。
ニヒリストが集まって、
「正しいものなんてないよね~」
「だよね~」
ってニヒリズムを共有すれば正しくなるけど、
「をいをい、正しくなってはいかんだろ~」
ってオチがつきます。
  1. 2017/02/20(月) 19:03:19 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

虚無,はアンニュイでもしらけでもない。

んんん。

ただ,無端に。
坦直に自分の主張がある,信念がある,というだけのことなのに,なぜ正義感と言われたり,偽善者と言われたりするのかがそもそもあたしにやわからん。という。

なぜ,正しいか正しくないかという事が先に問題になるかね。
正しいかどうかというのは自分以外の外側が勝手にきめつける価値,大きな意思の流れによって自然とできるもの。それは自身のあるべき存有在由,もっといえば在宥には,何の関係もないよ。w

まあ,わたしみたいのは,自分だけが正しいと思って安っぽい正義感振りかざすバカ,と,それにへきえき,するだろう?もしくはわかってないのにわかってる風をいうウソツキ,だと,
これは世の中のたいがいの通念でさw
もはや反駁する気も起きないくらい,みなにそうおもわれる。
そうおもわれたとき,その瞬間わたしは正しくないし,善でも義でもない。そこに向かって私は正しい,だの,わたしは偽善者だった,と叫んだところで何の変化もない。
それはいつもわたしはうけいれるけど,

ただ,そういう,世間のヘキエキ感や,嫌悪感情というのは,ニヒルとはちがう。
あえてゆうなら,ウンザリさせられた疲弊者,のオチであって。倦怠者の揶揄だよ。

ニーチェというのはそういう男じゃないよw
ニーチェは疲れても倦み怠ってもいないうえ。
やつには落ちがない。オチる必要がないよね。

オチる必要がない,これをつまり,虚無,というんだよ。

もしかして哲学の初手から認識誤ってるんじゃないかと。w疑われておかしくないジタイですよ。
というと今度は「哲学振りかざすバカ」,になるだけなんだけどね

もどかしさはある。
  1. 2017/02/22(水) 02:20:45 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>ただ,無端に。
>坦直に自分の主張がある,信念がある,というだけのことなのに,なぜ正義感と言われたり,偽善者と言われたりするのかがそもそもあたしにやわからん。という。
ないから、ですわ。
彼らには、主張も、信念も。
ないから、否定する。
否定のために否定する。
否定して、対立させると、なんとなく自分の立ち位置が、
定まるような気がしてきますもの。
誰かの主張と、違う誰かの主張は、
それぞれに自分で立つことができる。
否定は、否定するものごとに依存しなきゃ立てない。

ってなことも、自分の正しさに回収される、
ってことに、僕はうんざりしていますw。
そこで、ニーチェにつなげます。
ものごとには、絶対的な正しさ、意味、価値、
そんなものがあるかないかでいうと、
ニーチェは、そんなものはない、と言います。
だから、ニヒル。
絶対を否定して、でも、虚無も大嫌い。
それぞれに、正しさ、意味、価値を見つけろと言った。
自分で立て、ってことだと思います。

>もしかして哲学の初手から認識誤ってるんじゃないかと。w疑われておかしくないジタイですよ。
ふふふw、教科書的な哲学なら、僕はまったく分かってないw。
そんなのは、ほかの人たちのブログにたくさん書いてあるから、
わざわざ僕が書くことはないものw。
僕のニーチェは、非モテの正直者。
キレキャラをやってるけど、弱くて、優しい。
哲学というよりは、ライフスタイル。
  1. 2017/02/22(水) 16:01:41 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>哲学の初手から認識誤ってるんじゃないかと,
訂正,
認識の初手から誤ってる,だった。

ニーチェ話=「哲学の初手」というハナシじゃないよ
そうじゃなくてさ,それとはべつにだ,「正しい」というものの認識,その捉え方がへんだ,と。わたしはおもっただけだ。

とにかく,自分の中にあるか,外にあるか?どこにあるか?という問題だよ。
絶対を固定しない君が「正しさ」は,ある,というのも,ない,というのもヘンだよ。
正しさはある,か,ない,かという前に,だ。
ある,とはなにか,ないとは何か。認識がきちんと考えつくされてない。


ニーチェにしろ、誰にしろ,思いは人によって違うんだ,なんてありふれたことを言って避けるのは簡単だけど。ニヒリスムのオチを持ち出した君がわるいw
ニーチェに関しては彼の能動の意志を採るか,拒絶の心を採るかで「虚無」への考え方は180度変わる。
それは「虚無」,と「無虚」ほどにちがう。主客が転倒する。そこはどうでもいい。両方を採ってみてこそニーチェのニヒルの定義が見える。

  1. 2017/02/24(金) 13:42:59 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

>>哲学の初手から認識誤ってるんじゃないかと,
>訂正,
>認識の初手から誤ってる,だった。
どっちにしても、
僕が誤ってることは変わらないからいいよっw。

>絶対を固定しない君が「正しさ」は,ある,というのも,ない,というのもヘンだよ。
うん、絶対的な正しさがないのなら、
正しさは総崩れかな。
正しさ、なんてことを言い出すことさえ、
僕の気の迷いになるけれど、
そんなところに自分をつなぎ止めておけないよっ。
正しさ、なんてのは、僕の誤りの投影だとして、
それゆえに、僕は正しさの前に立たされる。
それでよくない?
正しくない出来事が起きたときに、
犯人を捜し始める、ってのが実状ぽいけれど。

僕は、誰に対しても、
能動的に向き合う姿勢を持つのではないかな。
虚無的になったとしても、拒絶からは入らない。
ニーチェはさておき、僕がそうしている。
だから言うけど、
煽りや、小馬鹿にするシニカルさが、ちょっと気になった。
玄さんは口が悪い、ってことだけど♪w、
もしも、玄さんが、僕を黙らせるためだけに書いたことなら、
僕は黙っていたと思う。
今さら、いいんだけどw。
  1. 2017/02/24(金) 18:19:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>今さら、いいんだけどw。
やっぱり、よくない。
ちゃんと書きます。

11月の蚊、青い野菜オヤジ、
そんな文脈には、僕は、そんな文脈で返します。
哲学の認識が誤ってる、と書かれたら、
ニーチェのニヒリズムの、
よく誤りそうなことを挙げます。
次は、ある、とは何か、ない、とは何か、
認識がきちんと考えつくされていない、
もう、うんざりだわ~w。
対話には、文脈があるよっ。
トランプやアカの主張はスルーした。
僕の文脈の、振れ幅の外だったから。
正義感や偽善者は返したよ。
振り出して、はぐらかす、
煽る、小馬鹿にする。
玄さんが言いたいことは、
おめぇは何も分かっちゃいない、それだけでしょ。
それが、玄さんの正しい作法なのかもしれないけど、
玄さんの正しさを、僕の誤謬は投影しない。

ネットには、ネットの文体で、
煽って馬鹿にする作法がある、としましょう。
そんなものは、玄さんも、僕も、信じてはいない。
信じてはいないけれど、そうするのは、
みんなが信じているから。
みんな、なんてものも、玄さんも、僕も、信じてはいない。
信じているみんなを、みんなで想定しているだけ。
ネットの作法は、
共有されて初めてネットの作法になる。

僕は、僕の正しさの前に立って、
ネットの作法を僕の正しさとはしない。
ニーチェはさておき、僕がそうしています。
  1. 2017/02/25(土) 11:14:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

マト外れな読み方をしてゴメン。
はぐらかさなきゃいけないネット上の立場は尊重しないとね。

でも少し遅れてのコメント書いてる時はけっこう真面目に想ったこと書いてるんだけど。誰も読まんと思うから。

煽ってもいないし小バカにもしてないけど
来し方想えばそう受け止められることは多々あるけどwものすごく多々あるけど。
間違ってると思うことは指摘するのが,対話の礼儀と思ってるからね,でもその「間違ってる」という指摘はわたしのばあい,そもそも批判や評価ではなくツッコみだけなんだけど。

「整合性がなくないか?」「言ってきたことと矛盾してないか?」と言ってるだけで,

>おめぇは何も分かっちゃいない、それだけでしょ。

その反対なんだけど。

わかっちゃいないふりをしてるからむじゅんするんじゃないのかな,と,なぜ?とおもってたから。
それだけ。

窮屈さをかんじてるだろう?,と。

誤解だったらそもそも申し訳ないが
いやそうじゃないな,付き合ってくれてありがとう,というべき?w

そもそも,

「知識が増えて、もの知りになっても、
自分の視点を固定させるだけだろう。」

これ,引っかかるなあ,とおもう,その想いはうけとめといてください
  1. 2017/03/03(金) 06:17:15 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

ああ,そうか。

青い野菜オヤジ
青いオヤジ野菜

虚無
無虚

ふざけてるんじゃなく。
はじめから認識の,うちそと,がへんでないか,それは語順が前後すると狂いだす日本語の怪,だ,といってただけなんだ。

そこからはじめて,きみのいう正しさはどっち側にあるか?順序がなあ,と思ったんだった。
日本語以外は。
語順が前後すると立ち位置や視点が逆転するのが主客のある文脈で,ニホン語はなぜかそうならないなあ,という素朴なハナシからはじめたんだ。
ゴメンw揶揄じゃないよ


一応書いとくけど。わたしは君という人を知らないし,常に,君が書いた記事本文の文章にのみ,ほんとに本文にのみ,いちいち誠実に反応してるだけだよ。

僕が誤ってるとにはかわりない,だからいい

というけどさ。
わたしが「認識を誤ってる」と言ってるのは,きみが書いてきた文章からさっするに,今回の文章は誤ってないか?といってるだけだよ。
わかりやすく言うために青い野菜とかトランプとか,アカの例を出しただけだよ。
だって二人の共通の知識といえば,そんなことくらいっきゃないから。

人が間違ってるとか,正しくない,とか言う資格はそもそもだれにもない。これは,もともとわたしたちは共有した認識じゃなかったかい?

ただ,対話,という中においては,そのつど整合性をすり合わせなきゃ本当に理解したいと思う人のことをわたしが誤って認識してしまう。

わたしはそれを恐れているだけだよ。
でも・・・・・


わたしはそれを恐れるけど,万一自分が誤解してたと,あとで仮りにキづいたとしても,やたらあばれたり,しないからダイジョーブよ。自分の認識不足と思うだけで。


11月の蚊,これはね,「11月の蚊は,正しいか,まちがいか??」という。無意味さはある。でも,たとえば,

「哀れ蚊」の寓意。
その時代,つまり太宰なんかの時代は「弱いものはたたかずにそっとしとけ,と教え諭すばあさんがいた。」
「今は弱いものはたたけの時代になった。その分蚊も鍛えられたね」,
と,そこまで考えて初めて『11月の蚊』の実存は正しいか,否か?とかんがえるべきであって,今のニホンは,11月に蚊が飛んでる事態をもってしてすぐ,正しいか否かに直進する,
認識の手順を踏んでない。そういうことで。

君は謎かけですか?というから
わたしは,事実だよ,と。こたえた。
それについて「報告有難う」といったきみは,意味を理解してくれてると思ったんだよ。わたしは。気の利いた答えだと思ったし。

  1. 2017/03/03(金) 07:09:10 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

>マト外れな読み方をしてゴメン。
いいえ、そんな、
お気づかいをさせてしまって恐縮です。
それに、玄さんは、その的を外していたとしても、
最初から別の的に狙いを定めて、
射抜いてますから。

>わかっちゃいないふりをしてるからむじゅんするんじゃないのかな,と,なぜ?とおもってたから。
僕は、そうなのかな。
僕が扱うテーマは、どうでもいいようなことばかりなので、
実は、僕も、たいして分からないまま書いているのではないでしょうか。
あまり対立が生じない内容なので。

>きみのいう正しさはどっち側にあるか?順序がなあ,と思ったんだった。
はい、順序を決めてみます。
正しさ、を自分の内側に置き、
内から外に問う、それを、正しさ、とします。
内も外も、つまり、僕も世の中も、同じ正しさなら、
正しさを問う必要はありません。
だから、僕は、少々変てこなことを書くのと同時に、
極めて常識的な、平均的な人であることを求められます。
そこがうまくいかない!w

もちろん、僕の外側だけにある正しさも正しさですが、
僕の領分ではなく、僕が表現できるものではありません。
もとより、僕の正しさなんて、僕を起源とするものではなく、
どのみち、外から仕入れてきたものばかりですけど。
それでも、にわか仕込みの受け売りではなく、
僕を作る成分になっているものなので、
図々しくも、僕の、なんて所有格をつけたものです。

テーマには、たいした主張も、信念もなく、
分かってもらえたらうれしいね、ってなもので、
承認を取り付けるために、
意図していても、いなくても、
いくぶん不正に流されることはあります。
詩想としては、理解も共感もされないのは、
とても悲しいので。

続きますっ。
  1. 2017/03/03(金) 22:47:50 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

読み返してみて、
的外れなことを書いているのは、
僕のほうですよね。
ほんと、すみませんっ。

言い訳をすれば、
ニーチェのニヒリズムから、
僕は、スノビズムやシニシズムに行ってます。
だって、誰かの主張、信念を、
何を熱くなってるの~?
正義感なの? 偽善者なの?
なんて揶揄するのは、シニシズムが丸出しだもの。
煽った後は、はぐらかして、小馬鹿にして、
知識をひけらかして、黙らせるのがネットの作法だもの。

ある、とは何か、ないとは何か、認識がきちんと考えつくされてない、
ってのに、僕は、少なからず怒ってましたw。
そんなのは、僕にはほとんど疑似問題だから、
玄さんは、なぜそんなふうに問題にずらしていくのか、
なんだか分からなかったのです。
だから、もう、うんざりだわ~w、ってなりました。
何のテストなの?
玄先生と答え合わせをするの?

正しさは、共有されて初めて正しくなる。
ネットの作法も、共有されて初めてネットの作法になる。
僕は、僕の正しさの前に立って、
ネットの作法を僕の正しさとはしませんよ、
ってのは、玄さんは、シニストに堕ちていませんか?
という僕の失礼な、的外れな問いかけでした。

ほんと、すみませんっ、
続きます。
  1. 2017/03/04(土) 10:35:15 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

>どっちにしても、
>僕が誤ってることは変わらないからいいよっw。
すみません、
これは、嫌気がさしていたのです。
ニーチェのニヒリズムは、
絶対を否定して、でも、虚無も批判的。
認識の最初からやると、誤謬の投影。
正しさの認識は、正しいと信じているみんなの想定。
僕もね、その都度、誠実に返しているのです。
的外れながらw。
僕の、読み込みエラーなのですね、
玄さん、すみません。

的外れだから、玄さんは当然スルーですw。
たぶん、僕が知識をひけらかしてる、
くらいにしか思ってませんw。
そんな教科書みたいなことを並べてどうするんだ?
と玄さんは思ってます。
そんな教科書みたいなことを訊いてどうするんだ?
と僕も思ってます。
訊くのも、答えるのも、
哲学を振りかざす馬鹿になるだけなんだけど、って。

ネット自体は、けなし合い文化、
その中にあって、ブログは、ほめ合い文化だと思っています。
書き手も、読み手も、
ブログは、多くの人たちに賛同されることを喜びます。
それは、自分の中に取り込んだ、
よくある正しさの相互確認で、
そこから外れると、ネットは正体を表します、
けなし合うとか、炎上とか。
僕が説明不足だったのは、
自分の内側から外側に問わなければ、
ってことですね。
内がなければ、誰と出会っても、何を見ても、聞いても、
自分の外の世界の出来事です。
あと出しじゃんけんぽくて申し訳ないのですが、
当たりまえのように、僕の立ち位置はそこですよっ。
それは、ものごとを、
自分の言葉で表現する努力と別のことではあり得ないし、
ものごとを、自分で縁取って定義する作業と同じです。
  1. 2017/03/04(土) 15:13:26 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ていねいに言葉を返してくれてほんとありがとう♫。

自分が能動的か否かの場合,その時身体はどうか心はどんな状態か,倦怠感につつまれたとき,その場合,すべて逆転するか,微妙に違うだけか,あんがい変わらんか,そういうところを知覚かつ感覚し,それから,言葉にする人を私は現代詩人とおもってます。

この定義からすると青梗菜は詩人ですよ,いかにも哲学的な。
面白いな,と思うし

>だから、僕は、少々変てこなことを書くのと同時に、
>極めて常識的な、平均的な人であることを求められます。

そういうところにわたしは,まさにひかれてるわけです,そのあわい,と言うか,・・・・・けわい,というか,まあ,間合いです

いちいち口うるさいのは・・・・
そのつどちまちま指摘してないと,あるときドカッとなる。
そうすると,結局,あの時お前はああいった,ああ返した,と。結局人格批判とか全否定になってしまう。
もちろんそこまで対話が続くかどうかそれは,縁であって,強要しないしされないけど,そういうことはできればないほうがいい。それだけです。

Hajimeサンなど,何回おこらせたかわかりませんよ,あたしゃww。
でも彼は相変わらず,「玄さんに目をかけてもらう」,などという。
君は最初から交差点で変なおばさんに小言を言われてそのあと,出くわすたびになんか付きまとわれてんだよねー。と

それがどっちもわたしはおもしろいしwむずがゆかったり,うれしかったり

けっこう対話は脳みそより心が消耗しますが,

ブログは,ほめあい文化。

たしかにそうだよねーw

オ宅のにゃんこちゃん,テレビでてたねー(^○^)/かわいかったよーん。うちの子はあんなお行儀よくなくてえ(>_<)(ずっとカワイイのよーん♡)

あのさ
正直言って。
家の中で飛んでる11月の蚊だよ。あたしゃ。ときどきヘロヘローと飛んで行ってチクっとさす

サマセットモームの小説に,「サモアの酋長はハエたたきを持ってるからすぐにわかる」っていうのがあってさ。コワいのかマヌケなのかわかんないとこが,なんともね。おかしみを感じる。近代の黎明をつきぬけたはての感性ですね。

それに対して,「容赦なくたたくのはいかがなものか,とかいうのもダサいよね。」
とか,いうのもさえもダサい。
「銃口に花を,なんてきどりやがって,武器の代わりに蠅たたきをもとう!くらいのダサさがいいよね,」
というくらいの弱さと抵抗。
ほどがいいよね,とおもう。シニカルの。
わたしには無理だけど。

  1. 2017/03/05(日) 01:01:31 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

>この定義からすると青梗菜は詩人ですよ,いかにも哲学的な。
>面白いな,と思うし
あざ~すっ!
複雑になった身体と心を、
詩のかたちを借りて表現したときに、
感知してくれる人には詩として届くから、
詩人ですよと、言ってもらえるだけで、
僕は、もうじゅうぶん報われます。

ややこしいなw、やり直し。
読み手に届かなかった歌や句は、
それでも、失敗した詩になりますが、
失敗したは自由詩は、
独善的な、ゴミみたいな散文です。
詩は、誰かにとっては詩で、
誰かにとっては詩にもならないもので、
詩は、これは詩ですか? っていう問いかけです。
詩ですよと、言ってくれるだけで、
僕は、もうじゅうぶん報われます。

>そういうところにわたしは,まさにひかれてるわけです,そのあわい,と言うか,・・・・・けわい,というか,まあ,間合いです
ふふふw、間合い、って分かるw。
間合いに入ってくる文章、って確かにあります。
僕が書いた文章は、すべて、
コメント欄のチャットでさえも、
間合いに入ってほしいと希(こいねが)います。

>そのつどちまちま指摘してないと,あるときドカッとなる。
>そうすると,結局,あの時お前はああいった,ああ返した,と。結局人格批判とか全否定になってしまう。
はははw、分かったふりをしてごまかさない、
自分のあり方に満足しない、
熱い構えだと思います。
冷めた態度と共に、熱い構え。

>家の中で飛んでる11月の蚊だよ。あたしゃ。ときどきヘロヘローと飛んで行ってチクっとさす
11月の蚊の寓意は了解したけど、
それに仮託した寓意が、またややこしいなぁw。
誰にでも成り立つことではなくて、
稀有なことなのです、蚊とハエたたきは。
hajimeさんは、そのあり得なさを知ってます。
蚊が飛び回り、ハエたたきで撃退する。
よくあることなのに、稀有なこと。
  1. 2017/03/05(日) 15:25:12 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1321-a8f596c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)