馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

夜のピクニック 1/x


人が何かをするときは、
何かを言うときは、
未来から規定されていなければ、
実は、何もしていないし、
たいして、何も言っていない。
記憶にも残らないほどに。

一昨日の出来事で、
僕が憶えているのは、
未来につながることだけ。
抱えている仕事とか、
読みかけの小説とか、
明日も会う人たちのこと。

僕の未来に、
現れることのない人のためには、
僕は、言葉を探さない。
よくあるフレーズを、
使い回しているだけで、
考えて話しているわけではない。

そんなのは、僕の言葉でも、
誰の言葉でもなく、
僕でなくても構わないし、
誰が言っても構わないし、
僕の記憶にも残らず、
誰の記憶にも残らないだろう。

言葉を探すということは、きっと、
思いのほか、特別なことだ。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年01月28日 12:04 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

コメント

なんか、パクられたとかどうとかという記事から繋がっていますが、
仮に何か誰かと同じテーマがあるのだとすれば、
みんなで考えた方がいいじゃん。
私は青梗菜さんのブログを読んでなんか考えてここでコメントすることもあるし、
やや違った形で自分のブログの中に青梗菜さんのブログが溶け込んでることもあるもんね。
はっきりとテーマを借りて何か書いたこともあるし。
全然悪くないでしょう。仮になにかパクったとしても。
「皆で月について考えようぜ」みたいには恥ずかしすぎて宣言できないから、
なんとか自分なりの美的感覚に辛うじて沿うように苦心して何か書くのだし。
もし私のブログに関連するような感じが青梗菜さんのブログに現れれば、めっちゃ嬉しいこと思える。
私はリアルに今、愛について考え、
言葉にして手紙を出す寸前なのだ。めっちゃ凹んでる。
もう切手貼っちゃった。
初体験だよ、おっさんが、ラブレターを出す。
駄洒落や冗談では済まないところで、
出すのはやめとけって、自分に言ってる。
愛とは決断にかかっているNOW。
  1. 2017/01/28(土) 21:33:53 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

過去はない、と哲学者の大森庄藏は申しました。
過去は、現在に「立ち現れる」と。
僕らが、過去あった事について考えたり、思いを巡らすのは常に「現在」
故に、過去の事実なるものはないと。
困ったな、宇宙が始まった事実は、確かにあるだろうし、宇宙が誕生した事について考えているのは、「今」でも、過去に、事実があったから考えられる。とも思える。
大森というのは、かなりの変わり者だったらしく、「アリストテレスよりは自分は偉い」と言ったとか。
過去がないなら、未来なるものは、もっとなさそうだ。
しかし、未来を想定しないで、生きてはいけない。
そして、僕らが考える未来は、今より、ちょっと上向きになっていることが、多いと。自分の過去を振り返って、未来を予測するとたいていちょっと上向きになるものだとか。
  1. 2017/01/28(土) 22:06:36 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>なんか、パクられたとかどうとかという記事から繋がっていますが、
>仮に何か誰かと同じテーマがあるのだとすれば、
>みんなで考えた方がいいじゃん。
ふふふw、心が広いなぁ。

>私は青梗菜さんのブログを読んでなんか考えてここでコメントすることもあるし、
>やや違った形で自分のブログの中に青梗菜さんのブログが溶け込んでることもあるもんね。
うん、境界がないときがあるよ。
まきがいさんには、いつも何かをもらってる。
いちいちほめたりはしないけれどw。

>もし私のブログに関連するような感じが青梗菜さんのブログに現れれば、めっちゃ嬉しいこと思える。
シンクロすると、いいよね~w。
問題を共有してくれるだけでうれしいのに、
考えてくれるなんて、稀有なことですもの。

ぶっちゃけ、女子的な意味づけをすれば、
あたしのことが気になるのはしかたないけど、
ストーカーはやめてね、青梗菜くん、
って書きたかっただけっぽい。
あたしにつきまとってくる男がいて、困ってるの、
って話なら、勝手にやってればいいよ。
自分のブログだから、
思ったことを好きなように書けばいい。
パクりと呼ばれるのは、許せないけどな。

>私はリアルに今、愛について考え、
>言葉にして手紙を出す寸前なのだ。めっちゃ凹んでる。
お疲れさまですっ!
>言葉を探すということは、きっと、
>思いのほか、特別なことだ。
  1. 2017/01/28(土) 22:21:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>過去は、現在に「立ち現れる」と。
うん、過去を振り返るのも、未来を思い描くのも、
現在を離れてはできないこと。

>しかし、未来を想定しないで、生きてはいけない。
ハイデガーっぽく言えば、
人は、未来を先取りして生きている、
自分自身に先立ってある存在。

人は、過去と未来を引き寄せます。
そして、過去と未来が出会う現場を、
現在と呼んでいます。
  1. 2017/01/28(土) 22:24:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>一昨日の出来事で、
>僕が憶えているのは、
>未来につながることだけ。
>抱えている仕事とか、
>読みかけの小説とか、
>明日も会う人たちのこと。
そうだと思いました、『ツ、イ、ラ、ク』は、あれ?以来、続きを読む気が、起きる気がしないけど。^^;

私が一昨日の事で思い出せることは、よっぽどのこどです。だが、一昨日の新年会で酔って自分が吐き出した言葉はすごくよく思い出せるっす。これと未来とのつながりは、、何事もなかったかのような翌日の態度とか、おもしろい言い訳のしかたを思いつくことかなと、ちょっと思いました。m(__;m
  1. 2017/01/29(日) 22:53:59 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>『ツ、イ、ラ、ク』は、あれ?以来、続きを読む気が、起きる気がしないけど。^^;
ですか~w。

一昨日のことは、むずいよね~。
昨日のこともうまく思い出せないわw。
憶える気もないし、
思い出す気もないし、
思い出したいこともないなぁ。
  1. 2017/01/30(月) 01:22:32 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

金さんです

こんにちは。金さんだよ。
パクリねえ、本歌取りのが正しいような。。。
そんなことより、類似の作品より、まったく真似できない独自の感性の詩を書きなさい。
それが基本ですよ。
  1. 2017/01/30(月) 13:33:48 |
  2. URL |
  3. 金さん #n05n40aw
  4. [ 編集 ]

金さん、こんにちは。

>そんなことより、類似の作品より、まったく真似できない独自の感性の詩を書きなさい。
書いてるよっ!
それは、目指すものではなく、
―― 目指すなら、既存のなにかの真似になる、
できてしまうものとして、
進行形であるべきです。

>それが基本ですよ。
はい、それが基本です。
しかし、例えば、
>それは、目指すものではなく、
>―― 目指すなら、既存のなにかの真似になる、
>できてしまうものとして、
>進行形であるべきです。
と書いたことが、
まったく真似できない独自の感性とは言い切れない。
などと書くことで、
やっと独自性が現れてきますw。
  1. 2017/01/30(月) 20:49:29 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

未来につながることだけー。
そうそう、パクられた。とかどうでもいい話は忘れて良い。
僕も、立川拘置所にいたことは忘れましょう、あまり、未来に繋がらない。
しかし、未来は当然規定されている訳ではなく、確実なのは、いつか死ぬことだけ。
あとは、明日突然、偶然の出会いがあって、僕の一生決めるということが起こるかもしれない。
人は、経験則から、今までこうだったから、未来はこうなるだろう。と考えるけど、これほど当てにならないものもなく、例えば、東日本大震災で、少なくとも、プレートの動きとかは、もう経験則に従わない時代に入った訳で〜〜。
  1. 2017/01/30(月) 22:00:01 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>そうそう、パクられた。とかどうでもいい話は忘れて良い。
うん、そんなものは1回書けば終わりw。

これまで自明なものとして信じられてきた、
いろんな価値が壊れてるから、
あらゆるものごとには、もはや意味なんてない。

絶対主義 ―― ものごとには絶対的な意味がある、
虚無主義 ―― そんなものはない、
そう二分すれば、ニーチェは虚無主義になるけれど、
ニーチェは絶対主義を否定して、
しかし、虚無主義を批判した。
ものごとには、意味なんてない。
だから、意味は自分で探せと言った。
でも、誰にでもできることではない。
>言葉を探すということは、きっと、
>思いのほか、特別なことだ。
  1. 2017/01/30(月) 22:33:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

またこんなことくどくど書いちゃうけど、
本を読むのもいいんだけど、
青梗菜さんのブログ+コメント欄のほうが面白いな。
おいらさ、ここのコメント欄は何か書いてみて全部バッサリ切ることもしばしばあるけど(つまり送信ボタンを押さないだけ^^)、
おいら、確実に掴んだことがあるよ。
削るんだね。文章を。
だ~~っと書いて、削る。
この文章の冒頭から次のセンテンス、
「けど」が重なって気になっちゃう。
2度目は「だけど」なので許してねみたいな場合もある。
でまた、「けど」がくどくど出て来るぞ^^。
おいらはくどくどけど星人だ~。
ちっちゃなことだけど(ほらね)、
そんな風にトボトボと歩くしかないんだよね、おいらの場合。
刈りこんだ文章って、素敵だもんね。
そんなこと考えてもみなかったし。青梗菜ブログを読む以前は。
ね、進歩と呼んでください( ゚∀゚)アハハ八八
次は、気をつけないとね。深く反省。



  1. 2017/01/31(火) 23:02:10 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>削るんだね。文章を。
>だ~~っと書いて、削る。
なるほど。
知識を、ひけらかす人はいるよなぁ。
訊かれてもいないのにねw。
調べたことを、ぜんぶ並べてしまう人とか。

>刈りこんだ文章って、素敵だもんね。
ぜんぶを書かなくてもいいし、
ぜんぶを書かない冷静さ、ってのもあります。
そこまで行ったらもういい、ってところ。
もう書く必要がない地点。

パクりの話でいうと、
彼女の主張をぜんぶ認めても僕がバクってないのなら、
僕の問題ではなくなるから、
そこで話は終わりになるわけです。
他人の問題まで引き受ける必要はない。

>でまた、「けど」がくどくど出て来るぞ^^。
>おいらはくどくどけど星人だ~。
片づかないね~。
割り切れないで、余りが出る。
余りを割って、また余る、
それが、くどくどかもね。
  1. 2017/02/02(木) 03:30:31 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

領収書は未来の日付で切ることは出来ない。
未来に受け取ったというのは有り得ないから。
しかし、日付を空白にして切ることは出来る。

決定さえしなければ未来に受け取れるし、受け取らせることが可能。
金でさえ、そうなのだから
言葉なら尚更。

パクっているとしたら
内容というよりはテーマをパクっているのでしょう(笑)
そして、おそらくは、
青梗菜さんは内容的に
あちらを凌駕してしまっているのでしょう。
そんなときは、パクられたなどと考えずに
アタシが青梗菜さんをインスパイアしてやった…ぐらいに思わないといけませんな(笑)

  1. 2017/02/02(木) 04:23:09 |
  2. URL |
  3. 小奈鳩ユウイ #0TSJikig
  4. [ 編集 ]

私はなるほどと感じました。
本当にうちの中から出てくる言葉、大切にしたいです。
応援しておきました。ポチッ
  1. 2017/02/02(木) 16:50:17 |
  2. URL |
  3. 矢田@医療職兼業トレーダー #-
  4. [ 編集 ]

ユウさん、こんにちは。

>領収書は未来の日付で切ることは出来ない。
>未来に受け取ったというのは有り得ないから。
>しかし、日付を空白にして切ることは出来る。
未来への約束やね。
誓いを立てる。
例えば、手紙、ってのは、
だいたいそうなってる。
手紙は、自分の中にいる他人に宛てて書かれるもので、
未来の自分に約束している。

>そして、おそらくは、
>青梗菜さんは内容的に
>あちらを凌駕してしまっているのでしょう。
それはないと思うわ~w。
青梗菜が書いた内容も、書き手の青梗菜も、
おもっきり馬鹿にしてるよっ♪
少なくとも、自分の文章には、
僕にパクられる価値を自認しているし、
勝ち負けを持ち出すなら、
僕に圧勝しているのでしょう。
凌駕されているのは僕のほうです。

>そんなときは、パクられたなどと考えずに
>アタシが青梗菜さんをインスパイアしてやった…ぐらいに思わないといけませんな(笑)
リスペクトも便利だけど、
インスパイアも使い勝手がいいなw。
  1. 2017/02/02(木) 19:19:40 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

矢田@医療職兼業さん、こんにちは。

>本当にうちの中から出てくる言葉、大切にしたいです。
はい、心のうちと、表現を一致させようとする、
それだけでも、稀有なことです。
それだけでも、誠実さを感じます。
  1. 2017/02/02(木) 19:20:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1312-21b40a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)