馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

駄洒落仮説 ―― ニヒルとシニカル (`ω´)キリッ 1/x


誰かの駄洒落くらい、
軽くスルーできるはずなのに、
嫌うことさえなく、
まったく無関心でいられるはずなのに、
過剰に反応してしまうのはなぜだろう。

駄洒落に先立つ最初の反応は、
欲していないものが押しつけられた感覚で、
僕は、それに対しては、
ニヒルというよりは、
シニカルに応じている気がする。

仮説を立ててみる。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2017年01月08日 20:05 |
  2. おもしろさ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

私は、ちゃんと笑ってあげるか、
つまんなーい!とツッコミをいれてあげますよ。
相手が求めているものを、演じますよ。
そして、あーいやだ、疲れた、と家に帰り、
優しさってなんだろう、
幸せってなんだろう、
と葛藤する羽目に陥るです。
  1. 2017/01/09(月) 04:04:29 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>私は、ちゃんと笑ってあげるか、
>つまんなーい!とツッコミをいれてあげますよ。
>相手が求めているものを、演じますよ。
それって、優しさとか、幸せとか、愛とか、
そんなあれこれを定義づける行動だと思うのです。

ニーチェのニヒリズム。
自ら積極的に仮象を生み出し、
その時々を一所懸命に生きる態度。
相手が求めているもの、というのが仮象で、
演じる、というのが懸命さです。

駄洒落は、それを欲していないまいまいさんに、
急に押しつけられますから、
優しさの意味を問うこともなく、
いきなり問いの前に立たされます。
その時々の優しい行動によって、
優しさの答が出されます。

>優しさってなんだろう、
>幸せってなんだろう、
>と葛藤する羽目に陥るです。
抱えているのは、気持ちと行動の不一致。
自分の在り方と、世の中との不一致。
それらの不一致が苦しい人と、
たいして苦しまない人がいて、
苦しい人は、苦しみから逃れようとして、
激しい葛藤が止まらない。
愚痴って終わりではなくて、
いつまでも、折り合いをつける言葉を探してる。
見つからないから、
飼い殺しにするしかないけれどw。
  1. 2017/01/09(月) 10:46:06 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1300-a90c7cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)