馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

古池や蛙飛びこむ水の音、閑さや岩にしみ入る蝉の声 3/5


古池や蛙飛びこむ水の音、
その対句として、
閑さや岩にしみ入る蝉の声、
しずかさやいわにしみいるせみのこえ、
を考える。

「蛙」と「蝉」、
「池」と「岩」、
「音」と「閑(しずか)さ」、
それぞれが対になり、
同じことを言いながら、

まるで逆の意味になる。



        161223b.jpg
        http://www.fujitv.co.jp/b_hp/sazaesan/sazaesan_cast.html



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月24日 12:04 |
  2. 詩論
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

静かだねぇ~。
サーイレンナーイ。
静かで、ひとりじゃなきゃ、
句なんて詠めないのでしょうけど。
  1. 2016/12/25(日) 01:23:41 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

芭蕉について自分も以前なんか書いたことがあった(;・∀・)
昨日の夜聴いたポッドキャストで、いとうせいこうとみうらじゅんが芭蕉について何か言ってた。
最近、こういったことが頻発している。
宇多田さんのことなんか書いたら、
その夜中目が覚めるとつけっ放しにしていたラジオから「花束を君に」が流れ、翌日職場のラジオで藤圭子を特集していた。
思うに、
表現された強い何かというのは、
それを通じてまわりのものを繋げるのだと。
俳句のようにそれが考え抜かれたものだとしても、
句として発露されるときはぽろっと産まれたかのようなあっけなさが持つ力に、強さが秘められている。
スピリチュアルだぁ。



  1. 2016/12/25(日) 11:05:20 |
  2. URL |
  3. 海底まきがい #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

仕事だわ~、昨日も、今日も。
仕事でも休みでも、
どっちでもいいけどね。
休みの日は、何もかも休んでしまうんだわw。
趣味も、考えごとも休み。
そして、冬って季節は、
季節が丸ごと休みモードな気がする。
  1. 2016/12/25(日) 12:05:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

まきがいさん、こんにちは。

>表現された強い何かというのは、
>それを通じてまわりのものを繋げるのだと。
うん、みんな、強い何かに挑むよね。
強い何かに憧れたり、
強い何かの嘘を見破ろうとしたりする。

>句として発露されるときはぽろっと産まれたかのようなあっけなさが持つ力に、強さが秘められている。
あ~、いいなぁ、あっけなさ。
まきがいさん、いいこと言うなぁ!
美しいな。
表現者のフレーズだわ。

いつだったか、まきがいさんが、
それぞれの馬はいいのに、御者がだめなんだ、
って書いてたよ。
僕には、それが残っていて、
視覚も聴覚もいいのに、統御する僕が間違える、
その例として、芭蕉の句を挙げています。
できるだけ、美しく書きたい。
飾りつけるのではなくて。
考える、ってのは、美しいことだもの。

>スピリチュアルだぁ。
うん、それがスピリチュアルで、
それが流行りのスピリチュアルに、
欠けているものです。
  1. 2016/12/25(日) 12:14:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1294-b887edb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)