馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

ツ、イ、ラ、ク 1/x


『ツ、イ、ラ、ク』というタイトル、
なんともそれらしい装丁と、
姫野カオルコというネームで、
まったく読む気がしなかったけれど。

日曜日から読み始めて、
火曜日の今日は、
5分の2くらいまで読んで後悔している。
なぜもっと早く読まなかったのだろう。

小学生、中学生の恋愛を、
そのプロトタイプとすれば、
恋愛は、性欲に言葉を乗っけたものになり、
身もふたもない気持ちになってくる。

改良を見込んでのプロトタイプだが、
言葉がまるで追いつかない。
どんな対象とも焦点が合わないでいると、
頭の中が騒がしい。

心の内を言語化させようとして、
手探りの作業が始められ、
探り当てた場所が、
中二病の在処(ありか)になる。

その見当違いの恥ずかしさを知るのは、
もっと大人になってからの仕事である。

      ―― だけど飛魚のアーチをくぐって
      ―― 宝島に着いた頃
      ―― あなたのお姫様は誰かと
      ―― 腰を振ってるわ

そんなキツい展開が、残り5分の3に、
待ち受けている気がする。

      ―― 強く儚い者たち/Cocco、作詞 こっこ、作曲 柴草玲、
      ―― 1997、SPEEDSTAR RECORDS



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月20日 12:21 |
  2. 感想文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

こんばんは
姫野さんは面白いですね。
女性には身体的期限があるからけっこう恋愛見ているとシビアな。
幸せなっているからいいですが。
  1. 2016/12/20(火) 18:22:47 |
  2. URL |
  3. 五十嵐 #u2HrVfGU
  4. [ 編集 ]

五十嵐さん、こんにちは。

はい、姫野カオルコ、いいと思います。
文体は、路面状況がよくない道路、
ふつうに走れるけど。
ときどき憑依されたみたいに文体が変わる。
『ツ、イ、ラ、ク』は、カバーの写真で、
村山由佳みたいなものと思ってましたw。
続きを読んできます♪
  1. 2016/12/20(火) 20:11:49 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

>日曜日から読み始めて、
>火曜日の今日は、
>5分の2くらいまで読んで後悔している。
>なぜもっと早く読まなかったのだろう。
(ry

>      ―― だけど飛魚のアーチをくぐって
>      ―― 宝島に着いた頃
>      ―― あなたのお姫様は誰かと
>      ―― 腰を振ってるわ
たぶん、キツいっす。

>そんなキツい展開が、残り5分の3に、
>待ち受けている気がする。
つい、楽(をしたがる)(ry m(__;m
  1. 2016/12/20(火) 21:50:13 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

引用して省略、って。
駄洒落は、スピとみつをとアドラーの次に嫌いだ。

Silent Night/Boyz 2 Men、
ありがとっ、3回聴いた♪
  1. 2016/12/20(火) 22:22:33 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1289-baa79414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)