馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

逃げ切れない 5/6


スピが希求するワンネスは、
一つであること、
みんなが精神的に一つになり、
争いがなくなること。
        ただし、スピの発見のように、
        取り立ててワンネスなどと言わなくても、
        イスラム国も、北朝鮮も、
        それぞれのワンネスを作ろうとしている。
        ―― 互いのワンネスを、
        ―― 互いに認めないだけのこと。

地上から争いがなくなることは、
ワンネスの期待だが、
ワンネス自体は、期待ではない。
すでにかなえられていなければならない。
        僕たちの、ばらばらに分かれた小さな脳が、
        一つの同じ思考を持ったとしても、
        そのときに、宇宙が在り方を変えてくるとは、
        僕には、到底、思えない。
        ―― ワンネスは、新しい世界の創造ではない。
        ―― 現状の世界の追認である。

地上に対立があっても、
僕たちに、愛や、優しさが欠けていても、
それらは、ワンネスを壊さない。
すでにあるワンネスとは関係がない。
        そして、僕たちが、すでに、
        ワンネスの世界にいるとすれば、
        さらにワンネスを目指すことは、
        それは、ワンネスからの離反である。
        ―― ワンネスを作ろうとすることは、
        ―― ワンネスを破壊することである。

などと、書き並べても、
スピには、僕の言葉は通じない。
スピの人たちを変えることはできないから、
スピの人たちの問題ではない。
        正しさを価値としない、
        言葉の通じない人たちを、
        どうやって受け容れて、折り合うか、
        スピとは、そんな僕たちの問題になる。
        ―― 「みんなちがって、みんないい」のは、
        ―― 尊重できない個性である。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月11日 12:54 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

コメント

初めまして。哲学が好きでこちらを拝見することがありました。

スピリチュアルで言われるワ
ンネスは、難しいのではないかと思います。原子とか遺伝子とか科学的なことなら納得できるのですが。

精神的な世界は、ワンネスというか、和の精神はその場その場でしか成り立たない、雨の時の水溜まりの輪のように刹那で繰り返されるモノのような。自分は苦手ですけれども。(苦笑)


熱心にスピリュアルを語る人たちはどことなく危うい印象があります。神とか個個人的な世界での扱いで。
逃げないというのはよくわかりませんが。哲学が少ないのが残念です。

  1. 2016/12/12(月) 14:56:13 |
  2. URL |
  3. 五十嵐 #ag8LgBgQ
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、

もし可能でしたら(キミのスキルでは無理だと思うけど)、直前の私のコメントを削除してもらうことは可能でしょうか?m(__;mワタシハ ナニヲ イイタイノデ ショウカ?
  1. 2016/12/12(月) 16:05:36 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

自壷中

ワンネスってなんだ?と
おもえばone-nessですか。
単一,唯一,不二,一個,全一
スピ用語のワンネスはどれねす?w
  1. 2016/12/12(月) 17:30:54 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

調和かw

へんなの
  1. 2016/12/12(月) 17:35:49 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

五十嵐さん、こんにちは。

>精神的な世界は、ワンネスというか、和の精神はその場その場でしか成り立たない、
はい、分かります。
その場その場、つまり、
僕たちが、ワンネスの問いの前に立たされたときに、
ワンネスの精神が成り立ちます。

>雨の時の水溜まりの輪のように刹那で繰り返されるモノのような。自分は苦手ですけれども。(苦笑)
はい、ワンネスは、刹那の繰り返し、
その時々の、ワンネスからの要請を充たす義務です。
なんてことを、なぜ反スピの側から提示しなければならないのかw。

>熱心にスピリュアルを語る人たちはどことなく危うい印象があります。神とか個個人的な世界での扱いで。
スピの人たちは、ワンネスに期待して生きています。
僕たちは、生きることが僕たちからワンネスを期待すると考える。
目の前にいる誰かと、どんな関係性を生み出すかを考える。
ここから逃げ出して、宇宙には行きません。

>逃げないというのはよくわかりませんが。
へへへ、タイトルは適当で。

>哲学が少ないのが残念です。
ふふふ、青梗菜には、哲学なんてほとんどありませんw。
青梗菜の文章に、哲学を期待しても無駄です。
哲学は、詩も音楽も絵画も同じですが、
自分に期待しなきゃです!
  1. 2016/12/12(月) 20:13:16 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>(キミのスキルでは無理だと思うけど)、
いいねぇw。

>ワタシハ ナニヲ イイタイノデ ショウカ?
知るかっ。
  1. 2016/12/12(月) 20:14:10 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

なんで、壷、
どれねす?wて、また中途半端なw。

>調和かw
僕は反スピですから、
知りませんてw。
  1. 2016/12/12(月) 20:16:43 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

ワンネス、
って言いたくない!
やだやだー。
響きが、恥ずかしい。
  1. 2016/12/12(月) 20:56:47 |
  2. URL |
  3. プラトニックまいまい #-
  4. [ 編集 ]

いえ、このカテゴリーに少ないと言う意味合いです。失礼しました。
  1. 2016/12/12(月) 20:59:24 |
  2. URL |
  3. いがらし #-
  4. [ 編集 ]

まいまいさん、こんにちは。

>響きが、恥ずかしい。
響きが、ってw、
ワンネスって呼ぶしかないんだから、
どうにもならんことで恥ずかしがられてもw。

ソウルメイト、ってのも、
くすぐったくていいね~。
そもそも、ニューエイジ、ってのが恥ずかしい。
今さらですが、スピリチュアル、って形容詞だもんな。
  1. 2016/12/12(月) 21:19:38 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

五十嵐さん、こんにちは。

御意っ。
了解しましたっ!
  1. 2016/12/12(月) 21:20:20 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

自家藥籠中

壺中有天,
  1. 2016/12/12(月) 23:41:01 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

なんだこりゃ。
例えば、哲学者カントの解く、ワンネス、つまり、「目的の国」、こりゃ、統制的原理で、そこを目指して我々が努力するものだけど、スピの解くワンネスは、もう出来ている。あとは、布教?によって広めるだけ、ということかい。
ベートーヴェンが、第九で、謳ったのほ、神賛歌。
神の元で、全ては一体になる。これはスピか?
  1. 2016/12/13(火) 00:40:25 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

宮崎の芋焼酎で、
「壺中の天」ってのがあります。
長崎の芋焼酎で、
「天の壺中」ってのも飲みました。
意味は知りませんw。

>自家藥籠中
僕は、獅子身中の虫とごっちゃになるw。
  1. 2016/12/13(火) 10:32:05 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>スピの解くワンネスは、もう出来ている。あとは、布教?によって広めるだけ、ということかい。
そうとしか僕には思えない。
とてつもなく広い宇宙に、スピの理屈を行き渡らせるわけにはいかない。

>神の元で、全ては一体になる。これはスピか?
うん、異端か、華厳経か、あるいは、スピですw。
歴史的に後から来たものが正しいとすると、
ベートーヴェンはスピですね♪
  1. 2016/12/13(火) 10:33:02 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

長崎はダメだなあ。天に壷はないはずだしあったら引力で落っこちる
  1. 2016/12/13(火) 13:41:14 |
  2. URL |
  3. 玄 #3E8HQ5Yc
  4. [ 編集 ]

玄さん、こんにちは。

はい、壷が落ちるのは、引力。
天が落ちるのは、杞憂。
  1. 2016/12/13(火) 19:01:45 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1280-e710a8ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)