馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

反-反スピリチュアル 2/x


宇宙人の存在を、
信じていても、いなくても、
僕には、どちらでもいい。
宇宙人がいても、いなくても、
僕には大差はない。
        宇宙人について、
        あれこれ考えを巡らせるのは構わない。
        ただし、忘れてはならないのは、
        その宇宙人の在り方は、
        地球人が規定したものである。
自分で空想を膨らませても、
誰かが説明する宇宙人の在り方を、
僕たちが理解しても、
それは、もはや宇宙人ではなく、
地球人についての説明でしかあり得ない。
        すべての、宇宙人と出会う物語は、
        地球人と出会っているに過ぎない。
        僕たちは、宇宙人とは出会えない。
        出会った途端に、宇宙人は、
        地球人に成り下がってしまうから。


宇宙は、とてつもなく広いから、
きっと、生命が生まれた星もある、
そう考えるのなら、
とてつもなく広い宇宙に、
生まれた生命に対して、
        地球人の理屈を行き渡らせるのは、
        無理がある、と考える。
        すべての、宇宙の法則は、
        地球の法則である、と考える。
        僕なら、そう考える。
過去や未来は、
僕たちだけの時制かもしれないし、
原因から結果に至る思考は、
僕たちだけの方向かもしれない。
そして、言葉でさえ所与ではない。
        言葉ではなく、チャネリングで、
        などと言う向きには、
        地球人にとって言葉がどういうものなのかを、
        理解する方が先である。
        宇宙人のことは、

        それからでも遅くない。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年12月01日 12:53 |
  2. 反スピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

高裁の裁判長も評価した条件反射制御法というのは、実は、本能と理性の二元論で、ちょっと問題がある。
普通、論理学では、感性、悟性ー知性←概念の能力、理性←推理の能力、と三分論を用いる訳で、宇宙人は僕たちの考え出したものとは、我々の知性のレベルを勝手に、宇宙人に当てはめている、つまり、理性を間違って使っている。と理解できます。
依存性に効くという、条件反射制御法どは、悟性、つまり、理解の能力まで、本能に入れちゃっていて、携帯の操作も、慣れ、つまり、本能の問題、としちゃう。
こういうところが問題あるけど、まあ、裁判長がやれ、と言われているのだからー。
  1. 2016/12/01(木) 22:46:45 |
  2. URL |
  3. oki #-
  4. [ 編集 ]

okiさん、こんにちは。

>宇宙人は僕たちの考え出したものとは、我々の知性のレベルを勝手に、宇宙人に当てはめている、つまり、理性を間違って使っている。と理解できます。
はい、僕たちはそのようにしか考えられないから、
宇宙人を地球人化、つまり、擬人化してしまいます。
>依存性に効くという、条件反射制御法どは、悟性、つまり、理解の能力まで、本能に入れちゃっていて、携帯の操作も、慣れ、つまり、本能の問題、としちゃう。
なるほど、行為の外形からは近いから。
法律ってね、内面は問題にしたくないのよ。
量れないから。

12月は忙しいわ~、
時間が取れないけど、
スピには、平易で分かりやすい説得を。
反スピには、新しい視点を。
  1. 2016/12/01(木) 23:24:48 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

青梗菜さん、こんばんは!!^^

頭、柔いっすねえー!
>        地球人にとって言葉がどういうものなのかを、
>        理解する方が先である。
言葉ってどういうものなのでしょうねえ。m(__;m
  1. 2016/12/02(金) 22:31:53 |
  2. URL |
  3. くわがたお #-
  4. [ 編集 ]

がたおさん、こんにちは。

>頭、柔いっすねえー!
スピの人からは、きっと堅いって言われるよっ。
頭が堅いから宇宙人が想像できない、ってw。

>言葉ってどういうものなのでしょうねえ。m(__;m
宇宙人、って言葉があるから、宇宙人がある、
ってものです。
  1. 2016/12/02(金) 22:51:53 |
  2. URL |
  3. 青梗菜 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1268-727e80fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)