馬鹿の世界の点景になりたい。

qinggengcai

好き嫌いと、善悪、幸不幸、について 3/x


相手の言葉が僕に通じる、とは、
僕の中にいるたくさんの他人の、
その誰かに言葉が届き、
その誰かが聞き容れたこと。

よくある、とか、ふつう、とかは、
僕の中にいるたくさんの他人の、
多くに聞き容れられたこと。
一様に、うんざりした表情で。



    161101.jpg
    https://jp.pinterest.com/hugogiralt/mini/

僕の言葉が通じていない、とは、
相手の中には、
僕のような他人がいない、
ということになる。

僕は、相手に通じる言葉を、
選ばなければならない。
よくある、とか、ふつう、とかの、
僕でなくてもいいような言葉を。

相手の中に僕を探せずに、
誰でもいいような会話をする。
よくある答を返して、
笑うところでふつうに笑う。

できないことはないけれど、
早く独りになりたいと思う。



テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2016年11月01日 21:51 |
  2. 好き嫌い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://qinggengcai.blog2.fc2.com/tb.php/1247-d354e672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)